恋愛モノにも時代劇にも引っ張りだこの、令和イチの売れっ子・岡田健史(22才)はいま、裁判の渦中にある。

「『中学聖日記』(TBS系)で有村架純(28才)の相手役としてデビューして以来、とんとん拍子にドラマや映画に出演し、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。大河ドラマ『青天を衝け』(NHK)での主要キャストも務めています。そんな最中での裁判沙汰ですから、周囲は驚くばかりですよ」(テレビ局関係者)

 裁判は、岡田をスカウトした所属事務所との間で行われている。

「事務所社長のパワハラが報じられ、社員が次々に辞めていくことに不信感を抱いた岡田さんが、退所を求めて争っています。岡田さんの契約は5年間で、あと2年弱残っていますが、仕事量に対する給料が充分でなく、“奴隷契約”だとの指摘まであります。岡田さんはその契約の解除を求めているのです」(映画関係者)

 すでに岡田は事務所の寮を出て、送迎も断り、自力で撮影現場入りしているというが、売れ始めの大事な時期にしては異例の対立だ。そんな岡田に手をさしのべた先輩俳優がいる。綾野剛(39才)だ。

「綾野さんは一回り以上年下の岡田さんを弟のようにかわいがっていますし、岡田さんへの特別な思いを岡田さん本人にも周囲にも公言しています。映画『ドクター・デスの遺産』(2020年11月公開)で初共演したときに距離を詰めたのは綾野さんの方からです。クランクインは2019年夏頃でしたが、初日から“健史”と下の名前で呼んでいましたね」(別の映画関係者)

 そうした2人の関係は、昨年11月に行われた映画の舞台挨拶でも隠されることがなかった。

「岡田さんに『かわいくて仕方ない』と告げた綾野さんは、話題が次に希望する共演作品になったとき、『ボーイズラブ作品』と答えたほど(笑い)。しかし、岡田さんは『敵対する役がいい』と返したんです。どういうことなのかと思ったら、“綾野さんへのラブラブな気持ちを演技で消せるか挑戦したい”と。2人の掛け合いはまるで公開のろけ合いで、聞いている方が恥ずかしくなるほどでした」(芸能記者)

 お互いに共演者は数知れないにもかかわらず、この2人の間で“兄弟愛”が深まったのには理由がある。

「演技にストイックなところがそっくりなんです。自分の演技に納得がいかないと、自ら撮影の中断を求めたり、監督に意見をしたりして、時にはその情熱が周囲を戸惑わせるところまで、実の兄弟のよう(笑い)。共に高校時代、綾野さんは陸上、岡田さんは野球に打ち込んでいた“体育会系”なので、生真面目さも共通しています」(ドラマ関係者)

 人生で最も繰り返して見た映画は、綾野が主演した『日本で一番悪い奴ら』(2016年公開)と公言する岡田が、綾野に心酔するようになったのは、初共演からだと前出の映画関係者は指摘する。

「真夏にスーツを着て走り回るシーンがあったのですが、クランクインの日の昼休み、綾野さんの姿が消えたのです。15分ほどして戻ってきたら汗だく。岡田さんがどうしたのかと尋ねたら、直前のリハーサルに違和感があったから、ひとりでリハーサルを10回ほど繰り返していたと答えたのです。岡田さんは、そんな綾野さんの情熱にすっかり惚れ込みました」

 2人は自然と、プライベートの時間も一緒に過ごすようになっていく。

「仕事の現場以外でも、綾野さんが親しい友人と飲むときに、岡田さんを呼ぶことがあるようです。そこでも、演技に関する話に花を咲かせているのでしょう」(前出・ドラマ関係者)

 こうして育まれた兄弟愛は、所属事務所との訴訟というトラブルの最中にも、強い絆を見せた。綾野は報道で、岡田の置かれている状況を知ったという。

「すぐに岡田さんに電話をしたそう。岡田さんはこの騒動が明るみに出て以降、周囲と疎遠になっていたが、綾野さんの電話にだけは出た。そこで詳細を把握した綾野さんは岡田さんが今後も俳優を続けるために何ができるか、親身に相談に乗ったそうです。いろいろと積もる話があったのだと思いますよ」(前出・芸能記者)

“兄貴”の良きアドバイスでトラブルをくぐり抜けられるか。

※女性セブン2021年6月24日号