5月19日に新垣結衣(33才)との電撃婚を発表してから1か月あまり。新婚の星野源(40才)は雑誌『AERA』(6月28日号)のインタビューで実感を込めてこう語った。

《生活をしていく中で、心から信頼できる仲間がいるのは素晴らしいことですね。ずっとひとりだったので、仲間が増えて、チームになれるのはとてもありがたいなと思います》

 2016年、大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の共演で出会ったふたりは、その後交際に発展し、結婚を発表。会見は行わず、挙式や披露宴も未定。いまだ公の場にそろって姿を見せていないが、関係者によると、いまはプライベートで出かける時間が取れないようだ。

「星野さんは、6月23日に3年ぶりとなるシングル『不思議/創造』をリリースしたばかり。『不思議』は、星野さんが考える愛を表現したラブソング。現在は、プロモーションで多忙な日々を過ごしていて、新居に引っ越す時間さえもないようです。結婚発表時、“同居時期も未定”となっていましたが、未だに一緒に住めていないのかもしれません」(ラジオ関係者)

 一方の新垣は、6月27日放送の『ドラゴン桜』(TBS系)の最終回にサプライズ出演。登場シーンはわずかだったものの、結婚発表後、初のドラマ出演は大きな話題を呼んだ。すでに来年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の撮影もスタートし、夫婦ともに多忙を極めている。多くのファンが『逃げ恥』コンビの再共演を待ち望むなか、一部では、年末の『NHK紅白歌合戦』に期待が寄せられている。

「2016年、新垣さんは紅白で審査員を務め、その際に星野さんが『逃げ恥』のエンディング曲『恋』を歌うという共演がありました。大河ドラマの主要な出演者は、紅白歌合戦で審査員を務めることも多いので、今年も同様の形で、結婚後初共演になるのではないかという憶測もあるのですが、実際はまだ白紙の状態です」(NHK関係者)

 そんな中、ふたりがかかわる“あるプロジェクト”が進んでいた。

「実は、星野さんと新垣さんは、来年同じ映画の仕事をするのでは、と言われているんですよ。子供向けの超人気作品です」(映画関係者)

 作品は、図書館では常に順番待ちの、小学生に絶大な人気を誇る児童書が原作だ。来年の春頃に公開予定だという。子供からの知名度も高いふたりは、作品の世界観ともマッチするのだろう。ということは、この映画で、星野と新垣のツーショットが……と期待してしまうところだが、どうやらそうではないようだ。

「実は、星野さんは俳優としての参加ではないんですよ(笑い)。共演というかたちではなく主題歌選定の中で星野さんの名前が挙がり、お願いしてみたところ、前向きに検討してくださっているそうなんです」(前出・映画関係者)

 チームでの共同作業を大いに期待したい。

※女性セブン2021年7月15日号