芸能界で「かわいい」キャラを貫くのは、なかなか大変なことだ。かわいさでブレイクした芸能人の多くが、30代を前にすると方針転換を図る。そんな中、今年32歳になった俳優の千葉雄大は、「あざとかわいい」の代表格として君臨し続けている。

「あざとかわいい」は、単なる「かわいい」とは一味違う。自分の魅力を理解した上で振る舞う、そのセルフプロデュース能力の高さも含めて称賛するようなニュアンスが込められている。千葉が「あざとく」なったのは、かつて「かわいさ」との向き合い方に悩んだことが関係しているようだ。

 2017年6月2日に放送された『ZIP!』(日本テレビ系)で、千葉は「『かわいい』って言われたとき、最初は『ありがたいな』と思いつつも、そればかりになってくると『自分はそれだけの人間なのかなと(思う)」と吐露していた。

 多彩な役を演じる同世代の俳優と自分を比べて焦りを感じることもあったそうだが、その悩みを乗り越えることができたきっかけが「あざとい」という言葉だった。千葉は同番組内で「『腹黒い部分も出していいんだ』と思った。二面性というか、選択肢が増えたというか。『かわいい』を振り切ってやりやすくなったかも」と語っている。

「振り切った」ことによって、近年の千葉は、バラエティでも人気を集めている。意外なSキャラで番組を盛り上げ、ついたあだ名が「ブラック千葉」。頭の回転の速さを感じさせるトーク巧者ぶりで、4月からスタートした音楽番組『MUSIC BLOOD』(日本テレビ系)のMCにも抜てきされた。

 千葉自身が称する「面倒くさい性格」を反映したような役どころを演じる機会も増えた。2020年夏に放送された恋愛ドラマ『40万キロかなたの恋』(テレビ東京系)で演じた役どころは、ずばり「宇宙一面倒くさい」男だ。元恋人に憎まれ口を叩く極度の人間嫌いという主人公をコミカルに演じた。

 また、2020年6月に放送された『ダブルブッキング』(日本テレビ系)では、うっかりオンラインデートをダブルブッキングしてしまう二股男役を好演。2018年7月期に放送されたドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)での、ヒロイン姉妹を利用しようと暗躍するイケメン華道家役も好評だった。こういったクズ要素を持ったキャラクターをどこか憎めない魅力でもって表現できるのは、かわいさという確固たる武器を持っているからだろう。かわいい役しか演じられないのではない。かわいさという強力な土台があるからこそ、幅広い役をこなすことができるのだ。

 テレビ大好きイラストレーターとして、ドラマの感想コラムなどを執筆する渡辺裕子氏は、千葉のファンを公言している。渡辺氏は、「あなたの思う『千葉雄大かわいい』は、どの『かわいい』ですか?」と問いかける。

「この質問の答えって、結構みんな違うんじゃないかと思うんです。あのドラマのあの役とか、バラエティでのあざといかわいさとか、雑誌のファッションページでの萌え袖のかわいさとか。そのバラけ方が、年齢も性別も超越した、唯一無二の『千葉雄大というかわいさ』の秘密なのではないでしょうか。

『かわいい千葉雄大が見たい』という我々の願望を受けとめた彼は、今この場で必要とされているのはどの種類の『かわいい』なのかを瞬時に判断して、的確にチューニングした『かわいい』を弾き返す。それを繰り返した結果、彼の『かわいい』は虹色の光のようにバリエーションに富んだものとなり、全ての人が満足できるようになっている。こんな多彩なかわいさをあやつる人、他にちょっと思いつきません。

 そして、矛盾してますが、千葉雄大さんはかわいいだけじゃないからこそ、かわいい。たとえばドラマ『盤上の向日葵』(NHK)の孤独な棋士の役や、ドキュメンタリー番組でのナレーション。あれらは人生の暗い部分も知っている大人だからこその演技です。彼はキラキラと若々しい『かわいい』を見せてくれる存在ではあるけれど、その奥に大人の心もちゃんと持っているからこそ、反射する光はよりいっそう美しく強く、そして年を経るごとに『かわいい』ものになっているのだと思います」(渡辺氏)

 なぜ年齢を重ねた俳優の多くが「かわいい」イメージからの脱却を図るのか。それは時に「かわいさ」は「バカっぽさ」や「イタさ」のようなネガティブな印象に繋がってしまうからだ。かつては黄色い声が寄せられた振る舞いも、一気に「いい歳して……」という見え方になりかねない。

 しかし、渡辺氏も指摘する通り、千葉のかわいさは人生経験に裏打ちされている。その奥に知性やサービス精神を感じさせるからこそ、何歳になっても千葉は「かわいい!」と素直に称賛される存在となったのだろう。「いい歳して」いるからこそ、よりかわいいのだ。

●取材・文/原田イチボ(HEW)