7月1日、報道番組「NEWS23」(TBS系)のキャスターを務めるフリーアナウンサー・小川彩佳(36)が、実業家で医師の豊田剛一郎氏(37)と離婚したことが報じられた。小川アナは局を通じて「離婚したことは事実です」「プライベートなことですので、これ以上のコメントは控えさせていただきます」と発表した。

 小川アナは2019年7月に豊田氏と結婚。2020年7月に第1子を出産した。その後、産休を経て同年10月に「NEWS23」に復帰。しかし、今年2月になって豊田氏の不倫が報じられた。豊田氏は、小川アナと結婚する以前から不倫相手のAさんと交際を続け、結婚後も子供の誕生後も、関係を続けていた。

 夫の裏切り発覚から4か月あまり。昨日夜の「NEWS23」生出演では、自身の離婚については語らず、ニュースを冷静に報じていた。番組関係者によれば、不倫発覚当初は落ち込んでいた様子も見られていたが、「最近は自ら特集企画を提案するなど仕事に没頭している様子です。吹っ切れたんでしょう」という。小川アナの知人は、離婚が決まる直前、女性セブンの取材にこう明かしていた。

「不倫が発覚した後、小川さんは“離婚も考えているけど、子供もまだ小さいから……”と悩んでいました。豊田さんの子育てへの協力も必要で、バリバリ働く小川さんにはシングルマザーになる不安も大きかったのでしょう。

 しかし、そのすぐ後に『週刊ポスト』でAさんが不倫関係の内容を告白し、豊田さんからの“結婚後は肉体関係がなかったことにしてほしい”という口裏合わせの連絡を明かしたことで、小川さんのショックは絶望に変わった。“彼との将来をもう描くことはできない”と話していました」

 不倫相手・Aさんの告白が、決断のひとつの要因になったというのだ。Aさんは、上記の記事の中で、こう語っていた。

「1月末のある日、週刊文春から取材が入った彼は、小川さんにも隠しきれないと悟ったのでしょう。『これから妻にすべてを話す。その過程で妻から君に電話があるかもしれない』と連絡がありました。このとき、彼から求められたのは、『結婚後は肉体関係はない』と口裏を合わせること。私自身、小川さんにバレることが一番怖かったので、話を合わせました。

 その日の夜、小川さんから電話がありました。怒りを必死に抑えていたのでしょう。冷静な声でした。『どういうことか説明してもらえますか』と。 言われたとおりに、結婚後には肉体関係がない旨をお伝えしました。豊田さんが家に来た日は、『彼がうちに置いていったゲーム機を取りに来ただけです』と言いました」

 不倫に加え、口裏合わせを依頼するという“二重の裏切り”。これにより、婚姻を継続するという選択肢はなくなったのだろう。

全身黒のコーデ、さっそうと歩く小川彩佳アナ(写真は2019年 )