がんに侵され、目に見えて弱っていくジャズ喫茶のマスター・田中(塚本晋也・61才)。彼の命を延ばす方法を百音(清原果耶・19才)は医師の菅波(坂口健太郎・29才)に相談するが、返ってきたのは厳しい現実。百音は無言で立ちつくし、その頰には、静かに伝う一筋の涙が──。

 NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』の6月24日放送回のワンシーン。ヒロイン・百音を演じる清原の泣きの演技が話題となった。

 作品の特徴の1つが、これまでの朝ドラとは異なるヒロイン像だ。朝ドラのヒロインといえば、明るく前向きで、よくしゃべり、すさまじい行動力で突き進む……というのが常だが、本作のヒロインであるモネこと百音は、多くを語らず、冒頭のように表情だけで気持ちを表すシーンが多い。

 清原が朝ドラに出演するのは、これが3作目。これまでに『あさが来た』(2015年)、『なつぞら』(2019年)に出演し、脇役ながら豊かな表情で視聴者を魅了した。

「2018年にはNHKの『透明なゆりかご』で連ドラ初主演を果たし、19才にして経験は充分。今回の朝ドラもその演技力を評価されての起用となりました」(NHK関係者)

 モネの父親役を演じる内野聖陽(52才)も清原の演技力に太鼓判を押している。

「東日本大震災の津波が迫るシーンで、監督は清原さんに、叫んだり涙を流したりはせず、呆然とした表情をするように指示しました。それを聞いた清原さんはしばらく黙った後、『実際にやってみないとわからない……』と返したんです。その様子を見た内野さんは、言われるがまま演技するのではなく、自分で考えモネと自分自身を重ね合わせていく清原さんの姿を絶賛していました」(前出・NHK関係者)

 若き天才女優ともいわれる清原。彼女は幼少期から才能の片鱗を見せていたという。通っていた大阪市内の幼稚園の担任教諭が振り返る。

「果耶ちゃんは歌や踊りがとても上手でした。年少組のとき、『とっとこハム太郎』の挿入歌を誰よりも張り切って踊っていたのを覚えています」

 小学生時代は地域の合唱団に所属。顧問の先生の転勤で、合唱団が解散の危機を迎えたこともあった。しかし、キャプテンの清原を中心に学校に掛け合い、その危機を乗り越えた。

 歌声だけでなく、容姿でも人目を引いていたという。

「よく友達と一緒にかき氷を食べに来てくれていました。当時から凛とした顔立ちの美人さんで、よく“ハーフ?”と聞かれていたと彼女の友人が言っていました」(地元の和菓子店の店員)

 小学5年生からは、劇団四季や宝塚歌劇団で活躍する人材を多数輩出する劇団「YTJ」に所属し、その後、12才で受けた「アミューズオーディションフェス2014」でグランプリを獲得。2015年1月にデビューし、ティーン雑誌『nicola』の専属モデルとして活躍した。

 しかし、女優デビュー作となった『あさが来た』では大きな挫折を味わったという。

「清原さんが演じたのは豪商の家の姉妹に仕える女中・ふゆ。家の主人に失恋し、別の男と結婚して子供をもうけるなど、10代前半の新人には難しい役でした。清原さんはうまくできずに悔しがって泣くこともあったんです」(芸能関係者)

 そんな清原を支えたのが、ふゆが仕える豪商の娘・はつを演じた宮崎あおい(35才)だったという。

「宮崎さんは、演技のヒントを清原さんにそっと伝えてあげていました。清原さんも宮崎さんを尊敬しており、食事や撮影の合間も一緒に過ごしていたんです。清原さんの演技が、シーンを重ねるごとに上達していったのは、宮崎さんの指導あってのことでしょう」(前出・芸能関係者)

 宮崎も若くして朝ドラヒロインを務め、その後大河ドラマに主演し、国民的女優へと成長した。清原もその道を歩んで行くのかもしれない。

※女性セブン2021年7月15日号