ドキュメンタリー映画『息子のままで、女子になる』(東京、名古屋、大阪ほか全国順次公開)が大きな反響を巻き起こしている。スクリーンに登場するトランスジェンダーで建築家のサリー楓(27)は、映画を通じてどのようなメッセージを発信しているのだろうか。本人に話を聞いた。

 6月に公開された『息子のままで、女子になる』は、就職を目前に、男性として生まれたが、女性として生きていくことを決意したサリー楓の姿を追ったドキュメンタリー作品。社会に進出してセクシャルマイノリティの可能性を広げようと活動する姿と、複雑な表情を浮かべる父親とのプライベートな関係を収めた、批評的でリアリティ溢れる内容に仕上がっている。

 近年では多様性を重視する社会の傾向もあって、セクシャル・マイノリティに関するいわゆるLGBTについては一般的に広く知られるようになってきた。一方で世界と比較すると日本は“LGBT後進国”と指摘されることもあるように、同性婚などの法整備が遅々として進んでいないという現実もある。こうした状況についてサリー楓はこのように語る。

「数年前はLGBTという言葉の意味をまずは説明しなければならなかったんですが、最近はみなさん知ってくださっているので、その先の一歩踏み込んだ議論ができるようになりました。東京レインボープライドというパレードの参加者も増えましたし、LGBTフレンドリーを掲げる企業も増えたと思います。

 一方、やっぱり政治家などの失言があると『まだまだだな』と思ってしまいます。『今さらこんな言い回し?』と思うこともあって、まだ何がNGなのかという感覚が浸透していないんだなと。LGBTという言葉は広まりましたけど、言葉だけが一人歩きしてしまっているところもあると思います」(サリー楓)

 LGBTという言葉が一人歩きすることによって、事実とは異なるステレオタイプな見方が生まれてしまうこともある。こうした問題についてサリー楓は「トランスジェンダーだからといって泣ける話があるわけじゃない」と強調する。

「“LGBTらしさ”みたいなものを求められることが多々ありました。例えば自分がトランスジェンダーであることを打ち明けると“オネエタレント”のように扱われて、『なんか面白いことやってよ!』とか言われることもあります。エンタテインメントを求められたり、感動的なエピソードを期待されたりするんです。

 でも実際にはトランスジェンダーだからといって必ずしも感動的な話があるわけじゃないんですよね。LGBTかどうかにかかわらず、わりと普通の生い立ちで普通に生きてきたので、ステレオタイプな見方をする人たちが思っているほどドラマチックなストーリーがあるわけではないんです。

 テレビでのジェンダーをいじるような場面には違和感を覚えることもありますが、もちろん、芸能としての“オネエネタ”には仕方ないところもあるとは思います。それはその人たちの表現の仕方なので。けれど、それを芸能ではない社会一般にまで持ち込まれてしまうとつらいです。

 トランスジェンダーというのは、私の中にたくさんあるアイデンティティのうちの一つでしかないんですよ。人間であり、日本人であり、福岡出身であり、建築家であり、トランスジェンダーである、というふうに。その中でも、トランスジェンダーに一番解決が必要な問題を感じているので、こうしてインタビューを受けたりしているんですね」(サリー楓)

 ジェンダーロールが固定化されていた時代が過去のものとなることで、もしかしたら自身のアイデンティティを見失ってしまう人も出てくるのかもしれない。だがサリー楓は若い世代に向けて「焦らなくていい」と優しく語りかける。

「今はジェンダーに限らず、他人と違う人生を生きることがとても尊重されている時代ですよね。それがいきすぎると『他人と違ってもいいよ』というだけではなくて、『自分らしくならなければいけない』みたいな空気感を生むことになります。

 そうした中で、例えば義務教育でLGBTについて学んで『ジェンダーは選択できるものなんだ』と知った時に、自分がどういう選択をすればよいのか悩んでしまったり、自分のジェンダー感が揺らいでしまったりすることもあるのかなと思います。

 けれど『早く自分のジェンダーを決定しなければいけない』という重圧を感じる必要は全くないと思っています。何も決めないということもその人の選択したことだと思いますし、『自分らしくならなければいけない』と焦らなくていいんじゃないかなと」(サリー楓)

 個性を無理に押し付けることは、ステレオタイプな“LGBTらしさ”を求めてしまう問題とも根を同じくしている。こうした現状は変えていかなければならない。『息子のままで、女子になる』に映し出されたサリー楓の生き方からは、そういったメッセージも受け取ることができるのではないだろうか。

◆取材・文/細田成嗣(HEW)