当事者として、LGBTに関する情報発信を精力的に行うことで注目を集めているトランスジェンダーの建築家・サリー楓(27)。6月に公開されたドキュメンタリー映画『息子のままで、女子になる』(東京、名古屋、大阪ほか全国順次公開)も話題を呼んだ彼女が、自身の読書遍歴と哲学を語った。

 同映画は、ビューティーコンテストへの出場や講演活動など、サリー楓がトランスジェンダー女性として生きる姿を収めたドキュメンタリー作品。撮影開始時に大学院で学んでいた彼女は、現在はファッションモデル/建築デザイナーとして活動している。

 映画の序盤で目を引くのが、本棚に『ゲンロン6 ロシア現代思想I』やアドルフ・ヒトラーの『我が闘争』といった哲学・思想系の人文書が置かれているシーンだ。一見するとビューティーコンテストとも建築とも無関係に思えるこれらの書籍について、サリー楓はこのように説明する。

「建築家にとって哲学や思想はとても重要なんです。特に都市のように大規模な建築になると思想など大きな文脈の中で議論せざるを得なくなるので、その時代に合った社会状況や思想を取り入れながら議論されることが多いんですね。たとえば、これまでもジル・ドゥルーズが何度も建築学の人の間で読まれています。

 本棚に置いてあった『我が闘争』は、当然ですがヒトラーのような考え方に賛同しているわけでは全くなくて、思想の持つネガティブな側面にもしっかりと向き合わないといけないと思って読みました。歴史は条件が揃えば繰り返してしまうものなので。

 読書は好きなので色々と読んでいるんですが、関連するものですとハンナ・アーレントの『エルサレムのアイヒマン』や『全体主義の起源』で書かれていることって、今のダイバーシティを取り巻く状況と無関係だとは思えません。個々の人々は正しいことをしているだけなのに、それが組み合わさることでネガティヴな領域を生んでしまうことがある。そういうシステムの問題は、本当のダイバーシティを実現するうえでも解決しなければならない重要な論点だと思っています」(サリー楓)

「隠すから、プライバシーが生まれる」

 読書家のサリー楓は、最近の書籍では2020年に黒鳥社から刊行されたメディア美学者・武邑光裕の『プライバシー・パラドックス データ監視社会と「わたし」の再発明』が面白かったと語る。

「『プライバシー・パラドックス』は面白かったです。本の中で“ポスト・プライバシー理論”について解説があるんですが、ざっくりと説明すると、プライバシーは隠すから生まれるのであって、全員がプライバシーをなくせば問題は起きないんじゃないかといった話なんですね。

 例えばサウナって全員が裸なので覗き見が起こりません。同じように情報の流動性を極端に高めれば情報漏洩のリスクも同時に低下するのではないかという議論があって、それはコロナ禍で感染者を追跡するための監視社会化が問題視されている今、とてもホットな議論なんじゃないかと思います」(サリー楓)

 初めて知ると荒唐無稽にも思えるかもしれない“ポスト・プライバシー理論”だが、実はLGBT当事者にとっても非当事者にとってもリアルな問題と密接に関わるところがある。サリー楓は続ける。

「映画にも出てきた学生時代のゼミの小林博人先生をとても尊敬していて、節々で示唆的なことを言ってくださる方なんですね。例えば『ジェンダーを乗り越えた経験を活かして、ボーダレスにいろんな人をつないでいく役割が求められているんじゃない?』と私に言ってくれたり。

 私がトランスジェンダーをカミングアウトできたのも小林先生のゼミでした。みんなが自分のコンプレックスやネガティヴな側面をさらけ出すことができたら、他の人もさらけ出しやすくなりますよね。そういう“ウェルカミングアウト”な環境がゼミにはあって、ゲイをカミングアウトしている先輩がいたので私も言いやすかったんです。

 それはLGBTの問題だけではなくて、例えば職場で育休や産休を取得しやすい環境であったり、悩みを打ち明けやすい環境であったり、誰にでも共通する話なのかなと思っています。ネガティヴなことを隠さないことによって、みんなが隠す必要がなくなっていく。これって“ポスト・プライバシー理論”に通底する発想かもしれません」(サリー楓)

建築とLGBT運動と社会

 もしかしたら、LGBTに関する社会の問題について、一部の当事者だけの話だと考えている人もいるのかもしれない。しかし、社会をより良いものにする上であらゆる人々と関わる問題だとサリー楓は強調する。そしてさらに、建築における考え方もこうしたLGBTに関する社会の問題と共通するところがあるという。

「建築計画の勉強ではまず最初に“平均と偏差の違い”を学ぶんですよ。建物は偏差に合わせて作るんです。例えば体の大きい人と小さい人がいたら、大きい人に合わせないといけない。平均を取ってしまうと体の大きい人が入らなくなってしまいますからね。それは階段の寸法とか戸棚の位置とか、いろんなところにも言えます。

 言い換えると『一番弱者になる人が誰かということを想定して、そこに合わせて作っていく』ということなんです。これって建築に限らず、社会づくり全般に言えますよね。もちろんLGBT運動における『全てのジェンダーの人たちにとって心地よい社会を作っていく』という価値観とも繋がります」(サリー楓)

 LGBTについて考えることは、社会について考えることだ。それは非当事者にとっても身近なところに潜む問題にも通じるところがある。その意味で『息子のままで、女子になる』は“LGBT映画”ではなく、より良い社会を目指すあらゆる人に関わる問題を提起している作品だと言えるだろう。

◆取材・文/細田成嗣(HEW)