2019年に開催されたオーディションを経て結成された、男女7人組グループのGENICが登場。6月30日に配信シングルの『Shaky Shaky』(エイベックス)をリリースし、7月にはコロナ禍の影響で1年延期された初のライブツアー『GENIC LIVE TOUR 2021 -GENEX-』を全国4か所で開催中。フレッシュな魅力と新人離れした確かな実力で今後の活躍がますます期待される7人に大接近! 

 前編となる今回は、7人のメンバーそれぞれに複数あるニックネームに隠された秘密を掘り下げてみました。

【プロフィール】
2020年5月にアルバム『GENEX』でデビュー。メンバーは増子敦貴、西澤呈、雨宮翔、西本茉生、金谷鞠杏、小池竜暉、宇井優良梨。最新曲『Shaky Shaky』では、西澤が作詞を担当している。また、増子は放送中のスーパー戦隊シリーズ『機界戦隊ゼンカイジャー』に、ゾックス・ゴールドツイカー / ツーカイザー 役で出演中。同役で、7月18日放送の『映画公開記念合体SP』、7月22日公開の映画『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』(東映)にも出演予定。

――初登場なので、初めましての人にここだけは知ってもらいたいというグループの特徴というと何でしょう?

西本「2019年にオーディションで選ばれたメンバーで、2020年の5月にデビューした男女7人のダンス&ボーカルグループです」
金谷「(小声で)エイベックスのDNAを受け継ぐ」
西本「あぁ、そうか。エイベックスのDNAを受け継ぐ男女7人組ダンス&ボーカルグループ…というのが一番簡潔な紹介にはなるんですけど。ほかに特徴というと、なんだろう…? 男女混合で…」
雨宮「ダンスが揃っているというのは、結成当初から言われているので。それは特徴かなと思いますね」
西本「あとは、若さっ!」

――確かに最年少の宇井さんは現在16才ですけど、合格した時は14才だったんですよね?

宇井「はい。14才でした!」
西澤「あの、優良梨ちゃんは一番年下なんで、取材でもよく年齢を聞かれるんですけど。そうすると『16才です』(超ドヤ顔を再現)って言うんですよ(笑い)」
宇井「えー!? 違います、違いますよっ!」
全員「あはは(笑い)」
西澤「もっと面白い話があって! 年齢を聞かれた後に、年齢の割に渋いねって言われるために、『16才です。好きな食べ物は、タコぶつ(タコのぶつ切り)です』 って言ってるんですよ! 好きな食べ物はうどんもあるんですけど、そっちじゃないほうを言うっていう(笑い)」
全員「あはは(爆笑)」
西澤「もう、それはぜひ今後も続けてほしい!(笑い)」
宇井「も〜〜〜! 違います、違いますっ! 話がだいぶ、誇張されています。タコぶつは、本当に好きなんですよ〜。年齢に関しても、ドヤッてるつもりはないです!」
雨宮「無意識に出てるんだよ(笑い)」
全員「あはは」

――では、みなさんのことをもっと知りたいので、Wikipediaの情報を掘り下げて、今回はオリジナルのGENICpediaを作りたいなと思います。みなさん、自分たちのWikiは見たことがありますか?

全員「あります!」

――紹介項目の中で気になったのがニックネームで、一人あたりのニックネーム数が多いなと。初めましての人はニックネームが気になると思うので、Wikiの情報を検証していきたいと思います。まず増子さんは「敦貴 敦貴くん あっちゃん」。さらに「ましまし」というのがありますが、これはどうして…?

全員「あはは」
増子「それに関しては、一時期、友達と赤ちゃん言葉遊びみたいなことをしていたことがありまして。その時に“ましまし、お腹すいてる?”“うん。ましまし、すいてるよ”みたいな感じで使っていて、勝手についた感じですね!」
西本「勝手に、じゃないよ(笑い)。自分発信でしょ」
増子「いまとなっては、あまり使われていない呼び方なんです。広まってもいいんですけどね〜」
西澤「コアな人しか呼ばないよね」
金谷「メンバーは普段、敦貴くん、あっちゃんって呼んでるんですけど、最近はゾックスって呼ぶこともあります!」
西本「急なゾックス(笑い)」
宇井「ドラマの役名なんです」

――なるほど。増子さんが出演中の『機界戦隊ゼンカイジャー』の役名ですね。

増子「そうです、そうです! あと載ってない呼び方だと、“あっくん”とか“あちゅ”って言われることもありますね(笑い)」

――また増えましたね(笑い)。では、次は西澤さん。「呈 呈くん」のほかに「お呈」というのがありますが、由来は?

西澤「“お”をつけると(響きが)女の子みたいな感じだなって思って、遊びでつけた感じなんですよ」
金谷「お呈って、翔が呼んでることあるよね?」
西澤「翔くんのせいです(笑い)」
雨宮「いや〜、記憶にないですね(笑い)」
西澤「でも、ぼくは基本的に“あっちゃん”みたいなあだ名がないんです…」
増子「呈って名前だからじゃない?」
小池「うん。呈って呼びやすいからだよ。あだ名って本名より呼びやすくするために、つけるようなものだからね」

――では、次は雨宮さん。「翔 翔くん かーくん」はベーシックな感じですが、ほかにも「あめかけ かけたん」っていうのがあります。

小池「かーくんって、親戚から呼ばれそう(笑い)」
雨宮「かけたんは、ファンの方が呼んでくれているんです。あめかけに関しては、なんで載ってるんだろう…? 前にぼくがハッシュタグを作ろうと思ったことがあって、雨宮のあめと翔のかけを足して、#あめかけにしたところからかな…?」

――なぜ、載ってるのか…それは自己責任ですね(笑い)。

雨宮「そうですね(笑い)」
全員「あはは」
小池「ほかには“かけさん”っていう呼び方もあるよね」
金谷「竜暉とか、“おかけ”って呼んでなかったっけ?」
小池「あぁ、昔ふざけて“おかけ”とか“おかけさん”って呼んでたことがあったね」
雨宮「もし1つだけ選ぶなら、自分的にはかーくんって呼ばれたいです。昔から一番、呼ばれていたあだ名なので、親しみやすいから」
西本「新しいところで、あめちゃん、がいいんじゃない?(笑い)」
全員「あはは」

――次は西本さん。「茉生 茉生くん リーダー」のほかが、「まいまい まいたん」と、かわいらしい感じですね。

小池「まいたんは、ぼくが呼んでるからですね。知り合ってからもう4年くらいの仲になるんですけど、最初の頃からだよね?」
西本「勝手に“まいたん”って呼び始めたんです(笑い)」
小池「何で呼び始めたんだっけ…? あ! 曲からですね」
西本「…えっ?????」
小池「ある曲に”マイ・ターン“っていうフレーズがあって、そこからつけたんだ!」
西澤「へ〜。そこからだったんだ、最近、“まいきー”っていうのもあるよね?」
西本「あるね。でもね、もはや“まいたん”が、しっくりきてます! もう4年呼ばれてるんで(笑い)。もし1つだけ選ぶなら、“まいたん”にします」

――次は金谷さん。「鞠杏 鞠杏ちゃん」のほかが、「まりあんぬ あんぬ かねまり」。さらに「ぬちゃん」というのがあるんですけど、これは…?

西本「ぬちゃんは、自分で言い出したんでしょ?(笑い)」
金谷「自分じゃないよ!(笑い)。小学校の先輩にアリサ先輩っていう人がいて」
全員「小学校!?(笑い)」
金谷「その先輩に“まりあんぬ”って呼ばれたのがきっかけで、ずっと“まりあんぬ”って呼ばれていたんですけど。高校生になって、周りから“あんぬ”って呼ばれるようになって。それが知らぬ間に、“ぬちゃん”とか“ぬ”って変化したんですよ。“かねまり”に関しては、リアリティ番組に出ていた時についた呼び名ですね」
西本「一番、呼ばれたいのは“ぬ”じゃないの?(笑い)」
金谷「“あんぬ”か、“ぬちゃん”ですね!」

――ちなみに、メンバーは何て呼ぶことが多いんですか?

全員「まりあ!(笑い)」

――メンバーは、誰も「あんぬ」や「ぬちゃん」とは呼んでないんですね(笑い)。

全員「あはは(爆笑)」
雨宮「本当に“ぬ”とか、呼んでもいいの?」
金谷「うんっ!」
西澤「ぬ(笑い)」
西本「でも、まりあが“ぬ”という呼び方があるおかげで、助かってることがあって。同じペットボトル飲料のときに、メンバーそれぞれキャップに名前を書くんですけど。茉生の“ま”って書いても、まりあは“ぬ”って書いているから差別化できるんですよ」
小池「あぁ、それは便利だね」
金谷「あの、名前の最後に、“ん”をつけると売れるって聞いたことがあるので、“ぬ”より“ぬちゃん”って呼んで欲しいんですっ!」
西本「話題が急に変わるな(笑い)」
全員「あはは」

――次は小池さん。「竜暉 竜暉くん」のほかに「ナン王子」。これはGENICのYouTubeチャンネルで、小池さんがナンが好きだということが分かったので、理由を理解しました(笑い)。

小池「ありがとうございます! ナン、好きなんです」

――ほかのニックネームで「竜子」というのは?

小池「それは理由がわからないんですよね〜。実はぼく、さっきWikipediaを見たんですけど、竜子は知らなかったんです」
宇井「本当!?」
増子「知らなかったんだ」
全員「あはは」

――さらに「◯◯王子」っていうのがあります。

雨宮「ナントカ王子っていう王子呼びがいっぱいあるんですよ」
西本「(洋服の柄を見て)今日は、ひまわり王子だね」
小池「ナン王子から派生して、そのナントカの呼び方だけで、ぼくだけ、20とか30とかあって(笑い)。インスタライブとかやると、その発言を文字ってどんどん増えちゃうんですよね。例えば珈琲王子とかハマっているものもあれば、ぼくがツッコミで“こらっ”って言うと“こら王子”とか、ワケがわからないものまであって(笑い)」
全員「あはは」
雨宮「しかも王子だけじゃなくて、今、ファンクラブのイベントの企画がきっかけで、ファンクラブ内で“国王”になってるんですよ(笑い)」
小池「なぜか王系になっちゃうんですよね。でも1つだけ選ぶとしたら、自分的には、シンプルに竜暉でいいです(笑い)」

――最後は宇井さん。「優良梨 優良梨ちゃん ういちゃん」のほかに、「ぴゅらり ひゅらり ゆらりんご」というのがあります。 

西澤「“ぴゅろりん”って言うのもあったよね?(笑い)」
宇井「“ぴゅろり”とか、“ひゅ”や“ぴゅ”がつくのは、だいたい茉生くんが言い出していて。ゆらりんごは、敦貴くんなんですよ!」
西澤「ゆらりんご、そうだったの!?(笑い)」
増子「あれ!? どこで言ったんだっけ。インスタライブかな。“ぴゅらり”とか、“ひゅらり”っていうのも、響きがかわいくていいですよね」
金谷「私、“ぴゅらりちゃん”がいいな」
宇井「じゃあ、これからは“ぴゅらりちゃん”でお願いします」

 インタビュー後編は7月17日午前7時に配信予定。なお、女性セブンの公式Twitterではアザーカットやオリジナル動画が順次公開される予定。

撮影/黒石あみ