女優の中村静香(32)が、脚本家つかこうへい(享年62)の名作に主演する。7月28日から東京・池袋の東京芸術劇場シアターウエストで、たやのりょう一座の舞台「飛龍伝」が、新型コロナウイルス禍による1年3か月の延期を経て、上演される。出演する中村が、都内でのけいこ中にNEWSポストセブンのインタビューに応えて、意気込みを語った。

──今作では、1970年代の全共闘の学生運動に身を捧げた女学生の神林美智子を演じます。
「1960年の安保闘争で国家権力との戦いの中で亡くなった、実在した女性学生運動家の樺美智子さんがモデルです。調べてみたら、とてもたくましい女性でした」

──つか作品に出演するのは、「蒲田行進曲」、「ストリッパー物語」に続き3作目となります。
「女性って、ときには男性よりたくましい瞬間がありますよね。この役は、全共闘の委員長と警察の機動隊隊長とのいびつな三角関係の中で、母性もリーダーシップも持ち合わせて生きていく女性。『蒲田行進曲』のヒロイン・小夏のようにかわいらしい女性ではなく、たくましさを求められています。私にとっても新境地となりそうです」

 この舞台では、コロナ禍の現代と同じく、世の中が日常と未来に大きな不安を抱えていた時代の、若者たちの熱い生き様が描かれる。座長の田谷野亮(34)はこう語る。

「現代では政府やコロナ対策に不満や理不尽さを感じても、ネット上の掲示板やSNSに書き込むぐらいですが、当時は学生たちが国と直接やり合っていました。その方法の良し悪しは別にして、その熱狂、熱い生き様を、舞台で感じ取っていただけると思います。

 お見せしたいのは、思想などではなくて、人間が持つ熱さや美しさ、そして脆さやはかなさ。効率化された芸術系の舞台が多い世の中ですが、私たちは“人ってこんなにも熱くなれるんだ、愛し合えるんだ”ということを直球でお届けしたいんです。観終わったお客さんたちには、その熱さにほだされて、それぞれの大切な人に無性に会いたくなってもらえたらと願っています」

 ある男性キャストが最近、70代の祖父に「お前たちは世に不満がたくさんあるくせに、何も運動を起こさないのか?」と鋭く問われたという。中村が続ける。

「ヒロイン・神林の仲間思いの使命感、そして、男性キャストが9割というものすごい熱量と大量の汗とともに、物語が展開されていきます。まだけいこ途中ですが、お客さんには、必ず何かが伝わると感じています。

 つかさんのセリフは、掛け合いのテンポが速くて、独特のリズム感があって、私たちとお客さんたちが一体感を感じられます。一緒に気持ちが上がっていく感覚があるんです。そうなってもらうために、私たちは一生懸命けいこして、しっかり演じていくという覚悟しかありません」

 約1年前。最初の緊急事態宣言によって、上演直前にいったん白紙にされた舞台。ようやく実現する“リベンジ公演”である。そんな背景もあり、貯め続けてきたエネルギーは、物語の内容とともに大きな爆発力を生もうとしている。

「歴史あるつか作品と聞くと、リアルタイムの1970年代を知らない方々からは、堅苦しいものと誤解されているかもしれません。でも、実際は全然違います! 池袋に遊びに来たついでとか、通勤・通学帰りに寄るような軽いノリで見に来てください」(中村)

 7月12日から4度目の緊急事態宣言が始まったが、感染予防対策を万全にし、予定通りに上演される。こんな時代だからこそ、何か生きるヒントが見つかるような舞台となりそうだ。

◆たやのりょう一座 第8回公演 つかこうへい作品『飛龍伝』

会場:東京芸術劇場シアターウエスト
日程:2021年7月28日(水)〜8月1日(日)
7月28日(水)18:30
7月29日(木)18:30
7月30日(金)14:00、18:30
7月31日(土)13:00、18:00
8月1日(日)13:00