死をも覚悟した舌がんを乗り越え、次なる目標はデビュー40周年単独ライブだという堀ちえみさん(54才)。彼女と出会って40年というコラムニストで放送作家の山田美保子さんが、「花の82年組」誕生秘話から、いまあらためて実感する“歌への想い”まで、じっくりと聞いた。

 * * *

病気をする前は、ここまで歌と向き合っていなかった

山田:まず最初に驚いたことを言ってもいいですか? また滑舌がよくなっていらっしゃる! 聞き取れない言葉がひとつもない!

堀:ありがとうございます。お目にかかるのは2020年2月の『ワールドキャンサーデー2020』のとき以来ですよね? 山田サンには、その半年程前、(著書)『Stage For〜』(扶桑社刊)のサイン会のときにも来ていただいたから、変化がわかるんですね、きっと。

山田:あのときも、100人以上のファンの皆さんと話されたから、先頭に並ばれたかたと最後のかたとでは、言葉の明確さが違っていました。しゃべることが最大のリハビリですか?

堀:ボイトレもしています。移植手術で分厚くなってしまった新しい舌に形状記憶させているところです。でも前より音域は広がったんですよ。アイドル時代は禁止されていたファルセットも身につきました。

山田:それは素晴らしい。

堀:努力しても前に進めなかったらあきらめたり落ち込んだりしていたかもしれないけれど、やればやるだけ必ず成果につながるんです。だったら、やればいい。そう思ったら簡単だなって。1週間まとめてやるよりも毎日10分でもいいからやった方が声は出ますね。

 いまは舌の働きや動き、仕組みなどを自分で考えながら声を出してます。あ、こうやってコントロールすればいいんだ……って、歌番組でも歌っている人の舌ばっかり見ちゃいますね(笑い)。病気をする前は、ここまで歌と向き合っていなかったかもしれません。

山田:デビューの頃から、ちえみチャンががんばり屋さんだということはよくわかっていたけれど、あらためて、本当にすごい人なんだなって。

堀:来年で歌手デビュー40周年だから、山田サンとも、もう40年。覚えてますよ、デビュー前、TBSラジオのブースで同期の(松本)伊代チャン(56才)や(早見)優チャン(54才)と一緒に呼んでいただいて、1人ずつ自己紹介したり自己PRしたりしたことを。

山田:「花の82年組」ね。シブがき隊や石川秀美チャン(55才)や小泉今日子チャン(55才)や中森明菜チャン(56才)。あの頃と同じくチャンづけで呼んじゃいますけど(笑い)、まさに「花の〜」よね。

堀:違うんです。私たちは、2年先輩に(松田)聖子サン(59才)、(河合)奈保子サン(57才)、(柏原)芳恵(旧名・よしえ)サン(55才)、田原俊彦サン(60才)という遠い存在の大スターさんたちがいらして、そのかたたちに憧れた人がオーディションにワーッて集まっちゃって、そこから選ばれたのが「82年組」。

 単体で偉大なる先輩たちに追いつくのはとても無理だから、所属事務所やレコード会社さんがそれぞれの“垣根”を越えて“ワンチーム”として売り出しをかけたんだって聞きました。歌番組でも、『明星』や『平凡』、『近代映画』などの取材でもいつも束になっていたのは、そのせいですね。

山田:それが公私にわたり、いまだに仲よしだというのが素晴らしいわよね。どんな想い出がありますか?

堀:みんな、よく私の家に遊びに来てましたね。当時、ご近所に(芸能リポーターの)梨元(勝・享年65)さんが住んでいらしたので、「ウチは危険よ」って言ってたのに(苦笑)、私がお料理を作るのが好きなのを知っていたフックン(シブがき隊の布川敏和サン・55才)が「ちえみの家は肉じゃが食えるから、みんなで行こうぜ」とか誘ってきちゃって、ホームパーティーのようなことをよくやっていましたね。

 私には言いやすかったのか、「プレゼント交換するから照明、暗くして」とか「ちょっと音楽かけて」とか、完全に雑用係でしたね(笑い)。

秀美ちゃんの家に最後、送って行ったのがヤックンだった

山田:男子はシブがき隊だけだったから、すご〜くモテたという話を聞いたことがあるんだけれど、そこでカップルは誕生しなかったの?

堀:結果的に、ヤックン(薬丸裕英サン・55才)と秀美チャンが……。恐らく、「ちゃんと男の子が女の子を送って行ってね」って私が言ったことで、秀美チャンの家に最後、送って行ったのがヤックンだったっていう(笑い)。

 そんなふたりにも、もうお孫さんが。フックンも、おじいちゃんになりましたよね。(布川サンの元妻の)つちやかおりチャン(56才)も同期だから、“あのとき”だけは、なんて言ったらいいか(苦笑)。なのにフックンが「おれが離婚したとき、連絡してこなかったのは、ちえみだけだった」って怒られちゃって。

山田:長いおつきあいの中には、そういうこともあるわよね。でも、あの頃、歌番組やバラエティー番組でジャレ合っていたのは、ちえみチャンとヤックンだったという印象がある。当時、芸能マスコミでは、ヤックンと秀美チャンの交際を隠すために、ちえみチャンがダミーを買って出ていたというウワサがあったのよ。

堀:(笑い)そういうふうに見えていたとしたら成功ですね。懐かしい〜。

山田:そんな「花の82年組」の皆さんが、ちえみチャンの闘病によって、またさらに絆を強めましたね。

堀:どうして、そんな偶然が? と思うのですが、『金スマ』(『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』TBS系)で病状を公表させていただいた収録のとき、たまたま優チャンがTBSに来ていて、すぐに同期に知らせてくれて。

 それからは、あらためてグループLINEができたり、『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)で私たちが本当にお世話になった芳村真理サン(86才)がリーダーのLINEもできて。そこには(同期の)三田寛子チャン(55才)も入ってます。

山田:このページには昨年、芳村真理サンにも出ていただいたんだけど、スマホを鮮やかに使いこなしていらしたり、所属事務所の会長さんの生島ヒロシさん(70才)とYouTubeもなさっていて、感動しちゃいました。変わらず、オシャレさんでもいらっしゃる!

堀:真理サンとお話ししていると毎回、ものすごく元気をいただけるし、本当に若々しくて素敵なので、大きな目標をいただけている気がしますよね。

山田:同感です。ちえみチャンの当面の目標は40周年コンサートですか?

堀:はい、まずは来年、単独でのライブをやりたいです。

山田:ファンの皆さんへのメッセージもお願いできますか?

堀:ファンの皆さんは私を「助けたい」という想いがすごく強いかたたちであり、温かくも厳しいかたたちでもあります。私がSNSを使って歌ってみせると、「前回よりいい」「まだまだだね」というジャッジをしてくれるんですから。そのかたたちからの想いをひとつも漏らさず受け取りたいですね。

山田:『リ・ボ・ン』をはじめ、名曲が多いちえみチャンのコンサート、楽しみです。個人的には『ザ・トップテン』(日本テレビ系)の本番中、『稲妻パラダイス』の振りでハイヒールが脱げちゃったり、(ライブ)『ちえみちゃん祭り』で櫓に頭をぶつけちゃったりしたような名シーンもまた見てみたいわ。

堀:(爆笑)お待ちしてますね!

【プロフィール】
堀ちえみ(ほり・ちえみ)/1967年2月15日生まれ。大阪府堺市出身。1983年の主演ドラマ『スチュワーデス物語』(TBS系)をきっかけにトップアイドルへ。以後、7児の母としてバラエティー番組に出演するなど多方面で活躍していたが、2019年2月に舌がんのステージ4と診断され休業。リハビリ、ボイストレーニングが功を奏し、2020年1月に芸能界復帰を果たす。絵本『10のことば』(作/絵:まえをけいこ。・扶桑社刊)には朗読音源が収録。「以前はキーを下げたりファルセット(裏声)を使うことに抵抗があったけど、『これがいまの私の歌』と自分を受け入れられています」

構成/山田美保子
『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ〜テレ)、『アップ!』(同)、『バイキングMORE』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。

※女性セブン2021年7月29日・8月5日号