放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は今、再び注目を集める向井理(39才)について。

 * * *
“昭和”や“平成”の話題をテレビで展開する際、「まだ生まれてない頃の話」「子供の頃のことなので記憶が曖昧」とシラける世代=テレビ離れしている世代に、こちらを向いてもらうのは最重要課題。その層へアプローチとして、“1周回った”人物やネタを積極的に掘り起こしてみる価値は大きいと思う。

“着飾る恋”で新しい女性ファンを獲得

 4月期の火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)に出演していた向井理について、オンエア後半から終了後、「新しい女性ファンがついたのではないか」と思わせるSNSでのコメントを大量に目にした。

 向井が演じた「葉山」は、ヒロインの川口春奈が演じた「くるみ」が7年間も密かに想いを寄せる相手。そんな葉山がシェアハウスの住人となり、最終話では「片想いじゃなかったよ、気づくのが少し遅かっただけ」と、くるみに伝え、突然トルコへと旅立つ。

 くるみの相手は横浜流星が演じる「藤野」であり、向井は、いわゆる“当て馬”なのだが、過去にもこうした“当て馬”がカッコよすぎて人気者になった例を挙げながら、「向井理、カッコイイ」「素敵」「私だったら葉山さんを選ぶかも」などというコメントがSNSに溢れかえった。

明治大学出身の“理系男子”

 そしてドラマ終了後、目にしたのは、向井理の高学歴に驚く新規のファンの声だった。向井といえば、明治大学農学部生命科学科で遺伝子工学を専攻した“理系男子”。学生時代、向井が参加していた研究チームが「国際動物遺伝学会議」において「ベストポスターアワード」を受賞したことも古参のファンはスラスラと説明できるハズだ。

 が、『着飾る〜』で新たに向井ファンとなった10代〜20代前半の女性たちにとって、これらは、「知らなかった」「驚いた」新鮮なエピソード。

 そうなると、向井が、あの速水もこみちよりも前から「料理男子」だったことも知られていないのかもしれない。

 もともと向井は大学院進学か就職かと迷っていたとき、知人に誘われて老舗バーのバーテンダーになったという一風変わった経歴の持ち主。やがてカウンター内で“つまみ”も作るようになったといい、後に出演したトーク番組では、自宅のキッチンに「オリーブオイルだけでも数種類ある」と言っていたほどだ。『バンビ〜ノ!』(日本テレビ系)でイタリアン、『おせん』(同)で和食、『ハングリー』(フジテレビ系)でフレンチの料理人役がまわってきたのも、そんな経歴と趣味が影響していたのは間違いなさそうだ。

 オンエア中の「マルホン胡麻油」(竹本油脂株式会社)のCMがしっくりくるのも元祖「料理男子」たる所以だろう。

 他にも、「学生時代はサッカーばかりしていた」という運動神経の良さや、お酒が大好きで、同年代のみならず年上の俳優に飲み仲間から「理」と下の名前で呼ばれ、愛されていることなども新規ファンには、ときめきのエピソードだと思う。

 そうした“仲間”が“本人役”で数多く出演していた今年1月期のドラマ『バイプレイヤーズ〜名脇役の森の100日間〜』(テレビ東京系)。向井は、視聴率最下位の銀行ドラマ『大合併』に“主演”していた。登場から「向井という割に向かい風に弱い」とキャプションがついたことに驚かされたが、その後も共演者が向井に気遣いながらも、結果的にイジリ倒されるシーンの談積みに、これは誰よりも「挑戦」なのではないかと思ったものだ。
台詞とはいえ、「ぼんち おさむ」に倣い、「理科の理と書いて、おさむちゃんでーす!」をやりきったのだから。

結婚で古参ファンの一部が離れた?

『ゲゲゲの女房』(NHK)よりも前から取材を続けていた私は、彼が「イケメン」という括りの特集で不機嫌になったことを振り返りながら、本当に“イケメン”の“主役”が居心地悪かったのかもしれないと思ったものだ。

 そういえば、古参ファンは彼を「ドS」とも言っていた(苦笑)。デビューが遅かった彼は、チヤホヤしてくれるファンを相手に「がんばりま〜す」「よろしくお願いしま〜す」と懸命にアピールするような若手とは明らかに異なり、一筋縄ではいかないタイプだった。

 過去のドラマでは『ママさんバレーでつかまえて』(NHK)や、初主演作『傍聴マニア’09〜裁判長!ここは懲役4年でどうすか〜』(日本テレビ系)などはコミカルなもので、『傍聴〜』で共演した六角精児とは年齢差を超えて仲がいい。六角といえば、ギャンブル好きでバツ3と破天荒な素顔で有名である。向井には“六角寄り”な面もあるのかもしれない。

 その六角は2018年4月、『アウト×デラックス』(フジテレビ系)で、「チヤホヤされても振り回されず、意思を貫いてあそこまで到達した向井理はカッコイイ」と絶賛している。

 この言葉は、まさに現在の向井を表しているのではないか。こうした真のプロフィールが、40代目前となり、やっと本人と一致し、女性ファンからも「自分があって素敵」という評価に繋がっているのかもしれない。

 さて、「あと一年、待て」と事務所から言われて、結局、三年近く待ってゴールインした国仲涼子との結婚では、古参ファンの一部を失ったのは事実だ。結婚直前、ブログを突然閉鎖した際にも多くのファンを落胆させたと言われている。

 これは向井だけに限らないが、日本の芸能界では“イケメン俳優”や“男性アイドル”が結婚すると「確実に一定数の女性ファンが居なくなる」とされている。だからこそ、イケメンやアイドルを抱える事務所は、女性スキャンダルを嫌がるし、「まだ結婚は早い」と反対し続けるのだ。

 果たして、国仲涼子との結婚から7年。ことさら私生活を見せる夫婦ではないこともあり、新規のファンは、国仲の存在さえ知らない可能性もある。

いずれにせよ、「1周回って」再び向井理の話題で女子が沸いているのは事実。コミカルな役も“当て馬”もやれて、元祖「理系男子」で元祖「料理男子」。

『BOSS』(フジテレビ系)後の竹野内豊、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)後の草刈正雄のように、イケメンが何かのきっかけで新展開をみせるならば、向井理には、まさにそのチャンスが訪れたように思うのである。

 現在39歳の向井にとっても事務所にとっても、そして新旧の女性ファンにとっても、40代は改めて楽しみなものになりそうだ。