誰もが知っている国民的ヒーロー『仮面ライダー』。1971年4月3日に放送が始まり、今年で50周年を迎えた。現在も変わらぬ人気で、テレビシリーズ32作目となる『仮面ライダーセイバー』(毎週日曜9時〜・テレビ朝日系)が放送中だ。

 2000年放送の『仮面ライタークウガ』以降は、“平成仮面ライダー”と呼ばれ、より人間味あふれる物語で老若男女のファンを獲得。多くの人気俳優を輩出することとなった。

 平成仮面ライダー第2弾として制作された『仮面ライダーアギト』は、平均視聴率11.7%で歴代1位。その作品で、仮面ライダーアギト/津上翔一を演じたのが賀集利樹(42才)だ。賀集に当時を振り返ってもらった。

 * * *
 芸能界に入って初めて受けたオーディションが『仮面ライダーアギト』です。これが本格的な演技に挑戦した初めての作品。当時はまだ上京したてで右も左もわからない中で受けて合格したので、とにかく無我夢中でした。

『アギト』を撮っていた頃は、『クウガ』が終わったばかりで、まだ手探りの状態。次のシリーズが作られるかどうかもわからず、もし、これで視聴率が悪ければ、ぼくらの代で『仮面ライダー』は終わっていたかもしれません。それくらい重圧のかかった作品でした。

 でも、ドラマとしてはよくできた作品で、放送が始まると視聴率もよかった。イベントで握手会をすると、子供連れのお父さんやお母さんから、「いつも楽しく見ています!」と声をかけてもらってうれしかったですね。明らかに「ご両親の方がファンなんだな」と、肌で感じることもよくありました。

 ただ、『アギト』が終わってからもそのイメージが抜けず、どこへ行っても「アギトだ!」と言われたので、反発心を抱いたこともありました。

「ぼくは仮面ライダーじゃない、役者なのに……」と、ずっと葛藤し、自分の中の“アギト”と闘っていました。

 でも、30才を過ぎた頃から、「これだけ長く愛されている作品が、自分の代表作と見てもらえるのは役者冥利につきると、ありがたく思えるようになりました。

 このシリーズが長く愛される理由の1つは、平成になってヒーロー像が変わったことだと思います。それまでは、ヒーローといえば無敵で雲の上の存在でしたが、ぼくが演じた津上翔一は明るく家庭菜園をするようなキャラクター。隣にいそうなお兄さん的な存在で親しみやすかった。

 それが、見ている人の共感を呼び、愛されるドラマになったのだと思います。

 続いて、同じく『仮面ライダーアギト』で、仮面ライダーG3/氷川誠役を演じたのが、要潤(40才)だ。要はどんな思いで演じていたのだろうか。話を聞いた。

 * * *
 仮面ライダーに対する憧れは、正直あまりありませんでした。というのも、ぼくらの時代は再放送はしていましたが、ガッツリと見たことがなかったんです。

 事務所にすすめられるままに仮面ライダーのオーディションを受け、受かったときは、それがどのくらいすごいことか、よくわかっていませんでした。いまだから正直に言いますが、仮面ライダーのイメージがその後の俳優人生にどう影響するかわからなかったので、むしろ、少し不安だったくらいです(笑い)。

 ぼくは『アギト』がデビュー作で、演技経験がほとんどなかったから、かなり苦労しました。せりふを覚えて現場に行ってもうまく表現できずにワンテイクでOKをもらえないことがほとんどでした。

 ただ、回を重ねるごとに反響は感じましたね。街中では誰にも気づかれないのに、遊園地や幼稚園の前を歩くと子供たちが寄ってきて、「ああ、自分は仮面ライダーなんだ」と、実感しました。

 振り返ると『アギト』からは、役者としての心構えや仕事の面白さ、責任をすべて教えてもらった気がします。

 最終回が近づくほどに、ぼくが演じた“氷川誠”とともに、このまま生きていきたいと思うようになっていましたし……。氷川は不器用で、無骨で、誰にも負けない勇気を持っている人物。いまでも彼のように生きていきたいと思っています。

『アギト』のスタッフはとてもチームワークがよくて、クランクアップのときは、みんな涙を流していたのを覚えています。この作品は、ぼくの原点といえる作品です。

 20年以上経っているので、世間での印象は薄くなっていますが、ぼくは仮面ライダーという普遍的な番組に出逢えたことを誇りに思っています。

取材・文/廉屋友美乃 取材協力/前川亜紀

※女性セブン2021年7月29日・8月5日号