7月13日にシリーズ16冊目となる書籍が刊行された「売れてない芸人(金の卵)シリーズ」をご存知だろうか。SNSを中心に話題を呼び、著名人からも注目を集めているものの、どの書籍も著者は芸人としては無名に近い存在だ。“売れてない芸人”の著書がなぜ反響を巻き起こしているのか? 企画の仕掛け人に話を訊いた。

「売れてない芸人(金の卵)シリーズ」は、今年2月に代官山ブックスによって創刊された、お笑い業界を横断する電子書籍シリーズ。これまでのラインナップを眺めてみると、お笑い芸人のカモシダせぶん、お笑いコンビ・シューマッハの中村竜太郎、同じくお笑いコンビ・ネコニスズのヤマゲン……と、お茶の間ではあまり知られていない名前が並ぶ。

 決して著者の知名度が高いわけではないが、刊行された書籍は評判だ。Amazon Kindleのエンタメ部門「売れ筋&新着ランキング」で1位を獲得する作品が出るほか、SNS上では「めちゃくちゃ面白かった」「自然と涙が溢れて自分でもびっくり」「思わず笑ってしまった」と大反響。人気お笑いコンビ・見取り図やピン芸人・紺野ぶるま、お笑いタレントの古坂大魔王といった著名人からも称賛の声が寄せられている。

 とはいえ、通常は“売れている芸人”を著者にした方がより大きな売り上げを見込めそうなものだ。なぜあえて“売れてない芸人”にフォーカスしたのだろうか。シリーズの企画・編集・発行人を務める廣田喜昭氏はその理由をこのように語る。

「本の新たな価値をつくりたかったことと、売れてない芸人さんの生き様そのものが魅力的なコンテンツだと思ったからです。

 大手の出版社であれば、有名で売れている芸人さんの本を出すことが定石だと思いますが、うちのような小さな出版社は『まだ世の中にない、新たな価値』をつくっていかなければ、存在価値そのものがありません」(廣田氏、以下同)

 実はシリーズ創刊に先立ち、昨年11月にお笑いコンビ・高校ズの秋月による書籍が刊行されているのだが、この書籍を制作した経験がシリーズ化へと発展するきっかけになったという。

「このシリーズのはじまりは、芸歴18年の高校ズ・秋月くんと20年以上前から知り合いで、彼が大学を中退して養成所に入る頃からほんの少しながら見てきたので、現在も芸人を続けているその生き様を書いてもらいたい、と依頼したことでした。

 秋月くんの生き様を読んでみたいと思った理由の1つは『羨望』です。若い頃に見た夢を、いつまでも、誰に何を言われようと追い続ける姿はシンプルに『かっこいい』と思いました。それは誰もが経験できることではありません。

 もう1つは『共感』です。僕自身も独立して事業をやっていてうまくいかないことが多々ある中で、苦境の中でもがきながら、笑い飛ばして進もうとする姿に強く共感します。これは芸人や事業主にかかわらず、多くの方が共感するものではないでしょうか」

 そして、“売れてない”からこそ、テレビで消費されていない面白さがあるという。

「売れている芸人さんのコンテンツは『芸』である一方、売れてない芸人さんは『芸』に加えて『生き様』さえも強力なコンテンツになると、本の制作を通じて確信しました。

 一般的に芸人さんは『ネタ』で評価されるものだと思います。でも、それ以外の評価軸があってもいいはずで、生き様をテキストで面白おかしく伝えることができれば、テレビ局とも、プロダクションとも被らない“切り口”で芸人さんの魅力を引き出すことができると思うのです。

 最初はシリーズ化をするつもりは全くありませんでしたが、秋月くんの本をつくって、他の売れてない芸人さんの生き様も知りたい、読みたいと思い、お笑い業界横断でプロダクションを巻き込んで、シリーズ展開をしようと決めました」

 16冊の刊行を経て感じた手応えと今後の目標

 無事にシリーズ化した「売れてない芸人(金の卵)シリーズ」は、18社のプロダクションとフリーで活動する芸人を巻き込みながら、これまで16冊の書籍を刊行してきた。

「このシリーズの面白さは『生き様×エンターテインメント』にあると思います。テレビやYouTubeで、生き様をストレートに伝えるものがありますが、個人的には、その真っすぐさゆえに、見ていて辛くなることが少なくありません。

 その点、芸人さんは、大変なことや辛いことでも、笑えるエピソードとして、エンタメに調理して、テキストで面白おかしく伝えてくれます。これが他のものとの大きな違いであり、魅力です」

 16冊目として刊行されたのは、今年のR-1グランプリで決勝進出を果たしたお笑い芸人・土屋の『芸人ごっこ 〜ピンになる覚悟もなかった俺がR-1の決勝に行った話〜』だ。早くもAmazon Kindleのエンタメ部門「新着ランキング」で3位(7月15日現在)を獲得しており、さらに話題を呼ぶ可能性もある。

「このシリーズは、まだまだこれからです。はじまったばかりです。書いていただいている芸人さんたちは、みなさん、本気で取り組んでいただき、『自らが楽しみ、読者をより楽しませよう』と全力で執筆していただいるため、1冊1冊全てが面白い作品です。もっともっと多くの人に読んでもらいたいです。

 今後は、『シリーズ100冊でテレビに取り上げられること』を目標にしています。シリーズパートナーのデザイナー飯田亜紗美さんと言っている合言葉は『#100冊でテレビへ』。売れてない芸人さんの今だからこそ書ける話と、人を笑わせてやろうという底力を、ぜひ読んで味わっていただきたいです」

 芸人として売れるかどうかと、優れた芸を持っているかどうかは、必ずしもイコールではない。自らの“生き様”を全力で執筆した書籍のクオリティも、こうした評価軸とは異なる魅力を持っているだろう。その意味ではいずれ“売れてない芸人”がステータスになる日も来るのかもしれない。

◆取材・文/細田成嗣(HEW)