東京五輪では選手たちがスポーツで熱い闘いを見せているが、芸能界の美女たちはファッションで魅せてくれた。ドラマや映画で活躍する人気女優たちはこの夏、どんな私服で外出しているのだろうか。洗練された私服をチェック!

 6月初旬、主演映画『地獄の花園』のヒット御礼舞台あいさつに現れたのは、女優の永野芽郁(21才)だ。普段、厳重につけているマスクを車に乗る時に一瞬だけ外していた永野は、舞台で披露した鮮やかなグリーンのワンピースから、帰宅時にはこれまた鮮やかなブルーのジャケットにチェンジ。パンツをデニムにすることで、全体的にカジュアルな印象に。

 女優の山本美月(29才)が6月中旬、仕事を終えて関係者にお辞儀をしながら見送られる様子をキャッチした。

 この日はベージュのロングワンピースで、深めのスリットからは鍛え上げられた美脚をのぞかせていた。モデルとして活躍してきた山本は、これまでもファンたちからその私服が注目されていた。

「『ベストジーニスト2019』も受賞したことがある山本さんは、カジュアルな服装も似合うのですが、ワンピースも好きだそうです。SNSでも私服を披露することがあり、私も参考にするほどのさすがのファッションセンスです」(ベテランスタイリスト)

 女優の木村文乃(33才)は6月中旬、出演映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』の初日舞台あいさつ終了後、上着とスカートをブルー系でまとめた涼やかなワンピース姿で帰宅していった。

 ある芸能関係者は「映画では、主人公の殺し屋の相棒役として、生足が色っぽいホットパンツ姿で格闘したりと、魅力が全開です。岡田さんからアクションシーンは、“セクシーに”と教え込まれたそうです。実際、ホットパンツから伸びた太腿で相手を絞め落とすシーンは、かっこいいのとセクシーなのとミックスされた名シーンです」と解説した。

 6月初旬、出演映画の舞台あいさつに訪れたのは、女優の菜々緒(32才)だ。会場入りの際は、グレーのパーカーというカジュアルな私服で、長い黒髪と股下85cmの長い美脚を覆う黒のパンツが映えていた。

 そして、仕事を終えて現場を後にするときには、全身ブラックのコーディネートで、ロングヘアをかき上げる瞬間には、お腹がチラリ。圧倒的なスタイルと際立つ真紅のルージュで、強烈なオーラを漂わせていた。

「レースクイーン、モデル出身の菜々緒さんは、悪女の芝居が業界内外で大好評を得て、あっという間に独自のポジションを確立しました。

 女優として大成功を収めても、グラビアなどでは美脚を惜しみなく披露し続けて、数々のCMキャラクターにもなっています。しかも、その多くが化粧品などの女性向け商品。インスタでも男性ファンを意識したセクシーな姿だけじゃなくて、アルマーニなどの超一流ブランドの写真などもちりばめられていて、同性に憧れられ続けているところが強みと言えます」(ベテラン芸能リポーター)

 第一線で活躍する女優たちは、私服でもオーラにあふれていた。