オリックスのエース、山本由伸(22)とのホテル密会がキャッチされたモデルの野崎萌香(31)。元カレは巨人の菅野智之(31)とあって、次々に日本を代表するエースと親密な関係になっていることが話題を呼んでいる。

 ホテル密会を報じている週刊ポスト(2021年7月28日発売号)では、野崎は友人女性とともに、山本とイタリアンレストランの個室でディナーを楽しみ、3人で客室へ向かうエレベーターに消えていったという。

 この内容がNEWSポストセブンで報じられると、ネット上では〈菅野から由伸に継投するのすごいな〉〈エースキラー〉などと大きな反響が巻き起こった。

 野崎は、モデル業界では「お嬢様」として知られた存在だ。幼稚園から大学までエスカレーターの女子校育ちで、小3から声楽とバレエを習い、宝塚の女優を目指していた。過去のインタビューでは、「家ではテレビ一切禁止。ご飯の好き嫌いも許されない」という“厳しい家庭”だったことを明かしている。

 2009年にファッション誌『non-no』の専属モデルになり、2010年に結婚情報誌『ゼクシィ』のCMにも抜擢されたが、注目を集めたのは役者との交際報道だった。

「2012年に高良健吾(33)との熱愛報道がありました。交際は4年以上にわたり、ゴールイン間近とも言われましたが、破局。次の交際発覚が2019年の菅野でした」(スポーツ紙記者)

 菅野との交際報道直後には、『週刊プレイボーイ』誌上で大胆な水着グラビアを披露。Instagramでも水着写真などをアップしている。2017年からはバラエティ番組やTVドラマにも出演するなど活動の幅を広げている。

 芸能界では、プライベートの交友関係も広いという。

「小島瑠璃子(27)や板野友美(30)、大石絵理(27)らと仲良しです。板野の夫はヤクルトの高橋奎二(24)で、大石はかつて巨人の坂本勇人(32)と熱愛が報じられた。なぜか野崎の周りの女性はプロ野球選手と交際するケースが多い」(前出・スポーツ紙記者)

 彼女の華麗なる野球人脈と“選球眼”は、女友達によって育まれたのだろうか。