平均世帯視聴率54.8%を記録したNHKの五輪開会式中継で、会場演出以上に光ったのが和久田麻由子アナの実況だった。落ち着いた語りで各演目の背景まで解説する和久田アナに、SNSでは〈声だけで癒される〉〈彼女が中継担当で良かった〉といった称賛が溢れた。

 五輪特番から報道帯番組、ドキュメンタリーの司会進行まで、いまやNHKのエースアナの座を不動のものにした和久田アナ。

 和久田アナは、名門私立・女子学院から東京大学経済学部に進学し、2011年にNHKに入局。東大の同期生によると、「東大在学中から“すごい美人がいる”と評判でした。ラクロス部のマネージャーをしていて、グラウンドには“わくちゃん”目当ての男子学生が見に来ていた。ミスコン出場の誘いも受けましたが、丁重に断わったそうです。美人で頭脳明晰なのにおっとりとして親しみやすく、男女問わず人気があった」という。

 元NHKアナの堀尾正明氏は、先輩の立場から和久田アナについて、「アナウンス能力は抜群です。NHKの女性アナは声質が低い人が多いんですが、彼女の声質は高めだけど滑舌が良いので、とても聞き取りやすい。アナウンサーは実況力、司会力、インタビュー時の聞き出す力、そして声だけのナレーションなど『総合力』が求められますが、彼女はオールラウンダーです」と絶賛する。

 また、占い師で人相鑑定士の夕月は、和久田アナはただ「美人」「可愛い」というだけでなく、視聴者を虜にする特別な“相”の持ち主なのだと語る。

「先端にかけて尖っていく顎の形は、自己主張の強さの表れですが、顎から耳にかけての丸みを帯びたラインが、その自己主張を絶妙にマイルドにしている。出しゃばらず、立場を考えてわきまえる彼女の性格を表しています。

 また、すっと真っ直ぐに伸びた鼻筋は、理路整然とした物言いや物事を的確に伝える力の現れです。眉毛は少し特徴的で、右側が真っ直ぐで、左側はやや上にカーブを描いている。右側は常識的でありたいと思う反面、左側は感情的に動く部分があり、冷静な報道だけでなく、地域密着的なレポートの仕事もうまくこなせる両面性を感じます」(夕月氏)

 そして多くのファンを獲得する最大の特徴は、目元にあるという。

「瞳は意思の強さを感じますが、涙袋からは優しさとか弱さが滲み出ている。そこに恋愛体質を意味する『泣きぼくろ』です。男性視聴者の心を捉えて離さない要素がここまで揃った人相も珍しいと思います」(同前)

 視聴者だけではなく、仕事仲間からも高い評価を得ている和久田アナ。今後も活躍の場を広げていきそうだ。