厳戒下の祭典は筋書きのないドラマを数多く生み出している。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘した。

 * * *
 テレビをつければオリンピック一色。感動のメダル獲得物語もいいけれど、御涙頂戴があまりに続けば食傷気味になる人も出てくるはず。一方、夏ドラマに目を向けるとややパワー不足か。ラブコメ、医療モノが目立つけれど、じっくり人間ドラマを味わうことのできる大人向け作品は夏枯れ状態。

 そんなこの時期、一服の清涼剤のように魅力的な人物がドラマに降臨。再放送中の朝ドラ『あぐり』(NHKBSプレミアム月〜土曜午前7時15分)で躍動する望月エイスケです。そう、スキャンダル続きで辞任・解任、大揺れのオリンピック開会式で当初「総合演出」を担当するはずだった、あの狂言師・野村萬斎さんが演じる役です。

『あぐり』は今から24年前、1997年に放送されたドラマ。主人公のモデルは97歳まで現役美容師を続けた吉行あぐり。女優・吉行和子さんの母です。明治、大正、昭和、平成を駆け抜けたあぐり(田中美里)の女半生記ドラマは当時大ヒットし、最高視聴率が31.5%に達しました。

 高視聴率を叩き出しただけではありません。何と言っても夫・エイスケ役となった「野村萬斎」の名前を広くお茶の間に知らしめるきっかけとなりました。あの当時、幅広い年齢層の女性ファンが「エイスケ沼」にどっぷりはまり、能舞台に押し寄せた。メインの演目である能に関心が無い人でも狂言には殺到し、「エイスケさんを一目見たい」と黄色い歓声を上げました。

 いったい何が、そこまで世の女性の心を揺さぶったのでしょうか?

 お見合い結婚をしたあぐりとエイスケの夫婦。エイスケは小説家で自由奔放で時々しか家に帰ってこない。投資に走ったり女を作ったりもうめちゃくちゃなのに、憎めない。主婦たちから反発されるどころか、とことん愛されたのも今考えると不思議です。

 おそらくヒントは伝統芸能の道を鍛錬してきた野村さんの、奥深い人間力とチャーミングさにありそう。気品のある物腰によく響く声、ちょっと寂しげなまなざし、爽やかで優しいエイスケという人物像を、再放送で改めて確認し感服しました。そんじょそこらの人では演じ切れない複雑な人物像。野村萬斎という人だからこそ、カラリと明るく表現できた。「やっぱりオリンピック開会式にこの人はどうしても必要だったのではないか」、そう思わせてくれました。

 ちなみに主人公のあぐりは姉2人と父を相次いでスペイン風邪で亡くし経済的に困窮し、15歳の身でエイスケの元に嫁いだ。つまり、感染症の悲劇ゆえの結婚です。スペイン風邪とコロナ禍、奇しくも重なりあう状況の中で、しかし前を向いて力強く自分の道を歩いていくあぐりの姿は勇気をくれる。

 描かれる夫婦二人の関係も、非常に個性的です。女を作り家に居ない夫に対して、妻のあぐりは道徳的に迫ったり追い詰めたりしない。あぐりは美容師として精神的・経済的に自立し、エイスケの存在を許容し、二人は離れているようで同士のようにつながっている。それぞれの個性を認めた夫婦のあり方は、時代を先取りしていたのかもしれません。

 感染症の危険にさらされストレスに満ちた今の社会。何かひとこと言えば即座に炎上するギスギスした人間関係の中にあって、『あぐり』のような肯定的ドラマこそエールになり癒やしになるのに。今週木曜日、あまりに唐突に心臓麻痺で逝ってしまったエイスケ。そのロスをどうしたらいいのか。ロスを埋めたくてもかわりのドラマがなかなか見つかりそうにありません。

 オリンピックの開会式についてワシントン・ポストはこう評しています。

「本来、開会式はその国の過去から現在の文化を表現するもの。特に今回は東日本大震災からの復興とコロナからの復活をアピールするはずだったのが、そのメッセージは混乱したものになってしまった」。そう、演出を総括する文化力を持った人が不在だったことと、こうした評価とは無関係ではないはずです。