2021年上半期の様々なランキングで、歌手のAdoが大きな存在感を発揮している。爆発的にヒットした「うっせぇわ」で知られる彼女だが、持ち前の歌唱力でその他の楽曲も話題を呼んでいるのだ。彼女の歌には専門家も舌を巻く秘密があった。

 女子中高生向けのマーケティングを手がける株式会社AMFがまとめた「JC・JK流行語大賞2021上半期」の“ヒト部門”で1位を獲得するなど、若年層を中心にカリスマ的な人気を誇っているAdo。代表曲「うっせぇわ」がやはり人気だが、その後にリリースされた楽曲も評判だ。

 例えば2月リリースの「ギラギラ」は、累計ストリーム数が5000万回を突破し、日本レコード協会によって6月に“ゴールド”に認定された。YouTubeに投稿されたMVはすでに6000万回以上再生されている。4月リリースの「踊」も人気で、ストリーム数は3000万回以上。同じく日本レコード協会から“シルバー”に認定されており、MVの再生回数は6000万回以上と好調を保っている。

「ギラギラ」と「踊」のMVは、株式会社BitStarが7月19日に発表した「2021年上半期 動画再生数ランキング」でもランクイン。1位はYOASOBIの「怪物」だったが、2位(「ギラギラ」)と3位(「踊」)をAdoが占めることになった。

 そんなAdoの魅力としてよく言及されるのが“歌唱力”だ。では具体的にどのような点が優れているのだろうか。ボイストレーナーのいくみ氏は、Adoの歌声についてこう評価する。

「Adoさんの曲では、1曲の中に何人もの歌手が歌っているかのような様々な声色が出てきます。例えば低音部分の場合は宝塚の男役のような男性らしく芯のある声、逆に高音部分は女性ではかなり高い音(hiG♯など)までも違和感なく出してきます。さらに裏声は声楽歌手のような太い裏声を使います。最近の歌手の中では聞かない特徴のある声の出し方ですね」(いくみ氏)

 いくみ氏が続ける。

「また、歌詞の世界観を表現する才能もずば抜けています。例えば言葉を強く伝えたいときなどはノイズボイス(ガナリ声)を使ったり、ノリのいい曲はギャルのようなキャピっとした歌い方をしたり、曲の1番は裏声にして最後は同じフレーズを地声にしてみたり。他にも、あえて地声で出せる部分を裏声にしてみたり、ウィスパーボイスやエッジボイスなどを使ったり、とにかくテクニックが盛りだくさん。聞くだけでなく歌が上手くなりたい方にも勉強になる曲がたくさんあり、みんなが苦手とする歌詞をくみ取り、しっかり歌で表現することが出来る歌手なんです。

 さらに、ほとんどの曲をボカロPが作っているので、とにかく音が上下に動く、人が歌うことを前提に作られていないメロディなんですが、Adoさんはそこにしっかりはめてくるから凄いんです。リズム面でも速い曲やラップが出てきたりして難しい曲も多いんですが、違和感なく歌いこなしています」

 Adoの魅力を話題曲「ギラギラ」を引き合いに出しながら解説するのは、バンコク在住のボイストレーナー・IVANA氏だ。

「Adoさんはなんといっても声の使い分けの巧みがズバ抜けています。喉の高さ、声帯の状態、息の量等、体の緻密なコントロールが出来てこそ可能になるテクニックです。また、一曲の中に沢山の声の種類を入れてしまうと通常はガチャガチャとしてまとまりの無い印象になってしまうのですが、それを逆手に取って声の変化が聞く者を震わせるような効果を生み出しています。

 例えば、『ギラギラ』と歌うところでは、普通の感覚であれば怖い声を出そうとして喉を下げて暗い声にすると思うのですが、逆に喉をグッと上げて明るい響きの声で歌う事でシリアルキラーのような不気味さを演出しています。

 声の使い分けにフォーカスがあたりがちですが、基本的な歌唱技術の高さも相当なものです。声の立ち上がりの早さや、地声と裏声をフリップさせる技術、ウィスパーボイス、力強い高音のベルティングなど、海外アーティストにも負けないテクニックを持っています。どんな曲でも歌いこなせるのではないでしょうか」(IVANA氏)

 さらに「声の汚し」について、IVANA氏は近年のトレンドを指摘しつつ、「簡単に真似できるものではない」とAdoの歌唱力を称賛する。

「近年の声のトレンドとして、YOASOBIのikuraさんや yamaさんなど、ブレスのノイズが入ったような“綺麗過ぎないナチュラルな声”というのがあります。Adoさんも『ギラギラ』のAメロ部分などではこの種類の声を使って、リスナーにとっても等身大の自分を投影出来るような表現をしています。

 ブレスのノイズだけではなく、更にがなり声を使っている事は非常に注目すべき点です。『うっせぇわ』の他でいうと、『レディメイド』のサビの最後など、要所要所で使われています。

 この種の声は喉を痛めるリスクが高いのですが、喉への負荷と声の汚しのバランスが絶妙に取られています。ものまね芸人さんが真似していましたが、喉への負荷が高すぎる歌い方で、なかなか簡単に真似できるものではないです。日本人だとONE OK ROCKのTakaさんが上手にこの声を取り入れています」(IVANA氏)

 8月20日公開の映画『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 ファイナル』で、新曲「会いたくて」が挿入歌となることが発表されているAdo。配信やCD発売は今のところ未定だが、抜群の歌唱力で歌い続ける限り、またもや注目を集めることになりそうだ。

◆取材・文/細田成嗣(HEW)