感染防止のためにできるだけ家で過ごし、大きな声で騒ぐこともできずに鬱屈としがちな今の時代。約30年前の1990年代初頭はバブル経済の恩恵を受けて、世の中が明るく騒がしかった──。当時、トレンディードラマで大人気だった俳優の石田純一と、20代半ばでバブル期を体験、今年6月にエッセイ『バブル、盆に返らず』を出版した作家の甘糟りり子さん。出演者とスタッフとして情報番組『東京遊民』(1995年、日本テレビ)で、いっしょに仕事をしたこともあるふたりが、1990年前後の世の中を振り返る。

 * * *
──まずはファッションの話題から。1970年代後半から1980年代半ばにかけて、ハマトラやニュートラ、サーファーファッションが流行。その後、注目されたのは、ヨーロッパのブランドだ。

甘糟:表参道や飯倉にあったアルファ・キュービックのブティックによく行ってました。オリジナルのアルファ・キュービック以外にも、イヴ・サンローランやレノマ、プラダ、アライアといった輸入ブランドがたくさんあって、目移りばかりしてました。サーファーやニュートラ、ハマトラなど、制服的なスタイルが下火になり、やっとファッションが成熟してきた時期だと思います。

 1990年というと、分厚い肩パッドのボディコンシャスが主流でした。私はディスコに行くときは、背中が開いたジュンコシマダのワンピースを着たりして。“ケバい”という形容も褒め言葉に使われていた記憶があります。色っぽい、くらいの意味合いで(笑い)。

石田:ぼくは昔からお嬢様系が好きなんですが、あの頃の「ケバい」はOK。アルファ・キュービックを着こなす女性は魅力的でした。

甘糟:香水も強いものがはやりましたよね。1986年日本発売のクリスチャン・ディオール『プワゾン』が大ブームで、1990年になってもつけていた人は多かった。濃厚な香りが時代の気分を象徴していたのかな。

石田:ぼくはサンローランの『リヴゴーシュ』が好きでしたね。誰かがつけていたんだよなぁ……。うん、そうそう、この子はこの香り、あの子はあの子で別の香り、というのがあって、香りで自分を印象づけている子が多かったように思いますね。

「ちゃんりり」って呼ばれてました

甘糟:タレントの平野ノラさんが大きな携帯電話を手に「しもしも〜」って言う逆さ言葉のギャグはおもしろい風刺ですよね。あの頃、実際にそう言っていたような気がしてきちゃう(笑い)。「ギロッポン(=六本木)」「シータク(=タクシー)」くらいはよく聞きましたけれど。

石田:ギロッポン、あったねぇ〜(笑い)。

甘糟:石田さんは使ってらっしゃいました?

石田:ぼくはそれほどでもないけど、レコード会社のディレクターなんかはよく使ってましたね。寿司を「シースー」、銀座を「ザギン」とかね。

甘糟:あ、思い出した。私、「ちゃんりり」って言われたことありますよ。最初、何を言ってるのかわからなくて。

石田:ちゃんりり!(笑い)そういえば、「ちゃんねぇ(=お姉ちゃん)」ってのもあったなぁ。

「スパゲッティ」が「パスタ」に進化

甘糟:1990年は、食文化でも新しい展開がありましたよね。雑誌『Hanako』がティラミスを取り上げて大流行した年です。イタリア料理が人気になって、多くの人気店が生まれました。スパゲッティをパスタと呼ぶのが普通になったのもこの頃からでしょうか。

石田:そうね、ぼくも「おいしいパスタを食べに行こうよ」っていうセリフで女の子を誘っていましたよ。

甘糟:あの頃は「アルデンテ」なんて言葉も新鮮でした。

石田:今や東京のパスタはさらにレベルアップして、「本場のローマよりうまい」なんていわれるぐらいになってますよね。当時の“イタめし”ブームがあったからこそイタリアンが日常になり、店の雰囲気も味も洗練されてきましたね。

甘糟:1990年12月の『POPEYE』のクリスマス特集の号が自宅の書庫にあるのですが、「気取ったフレンチよりカジュアルなイタリアンへ行け」と指南してありました。服装はタキシードではなくて、コーデュロイのジャケットにするべきともありました。1990年は、カジュアルダウンという概念が始まった年だと思ってます。ずっと上向きの派手志向だった世の中が、初めて肩の力が抜けているのがかっこいいと感じたんじゃないでしょうか。

誰もが「自信」と「期待」を持っていた

石田:ぼくは理子(東尾理子夫人)から、「根拠ない自信がすごい」ってよく言われるんです。でも、それでいいんじゃないかな、と思ってます。20代後半、ぼくは売れない役者でしたが、友人たちはすごかった。ソニー勤務でウォークマンの開発チームに所属していた友人なんかは確実にステップアップをしていて、かっこよかった。自分は役者を目指して舞台をかじった程度で、今思えば焦っていた。役者を志したものの、やっぱりまともに就職しておいた方がよかったのかなと。

 でも、それを救ったのが「根拠なき自信」。そして、それを後押ししたのが、1990年という時代の空気でした。まさに“明日に期待が持てる時代”で、懸命に頑張れば報われる──ぼくもそれを信じていた。そして、今も信じている。

甘糟:女性セブン読者は50代以降のかたも多いでしょうけれど、楽しかった時代を懐かしむだけではなくて、あの頃の空気、あの頃の自分を思い出して、もう一度何かにチャレンジするのもいいんじゃないでしょうか。別に大きなことでなくてもいいけれど、新しい何か。自分をアップデートするつもりでね。

 今の私たちなら、若い頃ほど気張らずにいられるし、肩の力を抜いて何か新しいことを始められるでしょう。人生100年の時代ですよ。60才で引退やら定年といわれても困ります。

石田:ぼくは今67才ですけど、映画を撮りたい。監督に挑戦したいと思っています。好きなことやこれまでやれなかったことに挑戦する、そうした気概を持つのは楽しいじゃないですか。

甘糟:バブルは単なるバカ騒ぎに見えるかもしれない。でも、その時代に居合わせたおかげでいろいろと極端なことを経験できました。だからこそ、「普通」の価値、変わらないことの良さもわかるようになった気がします。

石田:そう。コロナ禍で世界全体が萎縮しているけど、こんな時代だからこそ、下を向かず、元気を失わず、暮らしていきたいと思います。幸いにも、あの頃を頑張ってきた経験があるから、いろんなことを乗り切れるように思うんです。1990年という年は思い出に変わっても、確実にぼくの心の中に生きていて糧となっている。そう思いますね。

【プロフィール】
石田純一/1954年、東京都目黒区出身。俳優。トレンディードラマでブレーク。現在、『斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!』(文化放送)、『DaiGoと石田純一のおしゃべりゴルフ』(TOKYO MX〈放送予定〉)などに出演。

甘糟りり子/1964年、神奈川県横浜市出身。作家。ファッションやグルメ、車等に精通し、都会の輝きや女性の生き方を描く小説やエッセイが好評。著書に『エストロゲン』(小学館)、『鎌倉だから、おいしい。』(集英社)など。最新刊は1980年代後半から1990年代前半のあの空間と時間を描くエッセイ『バブル、盆に返らず』(光文社)。

撮影/矢口和也

※女性セブン2021年8月19・26日