今や流行語としてブームを巻き起こしている「はにゃ?」。その火付け役となったものまねタレントでYouTuberの丸山礼(24)が、持ちネタ「はにゃ?」の日常生活での使い方、憧れのお笑いタレント・渡辺直美に対する思いなどを語った。

「はにゃ?」は、主に何か疑問を感じた時にとぼけるように使うワードで、丸山によるコント“美術部部長 井上千晶”で使用されたことをきっかけにブレイク。女子中高生向けのマーケティングを手がける株式会社AMFが発表した「JC・JK流行語大賞2021上半期」の“コトバ部門”で第1位を獲得するなど、若い世代を中心に社会現象を巻き起こしている。

 そんな「はにゃ?」だが、丸山によれば日常生活でも使用することがあるそうだ。とぼけた雰囲気を出すことによって、刺々しさをなくすことができるという。

「日常生活でも『はにゃ?』は使っています。何か疑問に思った時に『は?』と返すとキツいじゃないですか? でも『はにゃ?』と言うとマイルドな印象になる。なのでちょっと納得がいかなくて反論したいけど、そんなに波風立てたくないな、と思った時はよく『はにゃ?』を使っています。

 堅苦しかったり居心地が悪かったりする場所で『はにゃ?』を使うと、空気が変わって場が和むこともあるんですよ。そういう時は『はにゃ?』を使ってよかったなと思います」

 確かに、「は?」と言い返すと喧嘩腰に聞こえてしまう場面でも、「はにゃ?」を使うと和やかな雰囲気になる。丸山はこうした“マイルドさ”は、今の時代にこそ必要だと語る。

「SNSとかすごくそうだと思いますけど、最近はネット上で喧嘩したり、意見がぶつかり合ったりしている人をよく見かけますよね。そういう風に攻撃的になる人がいる一方で、それが原因で元気が無くなってしまう人もいると思うんです。

 けれど、私はもっとマイルドに、あまり不安とか焦りを他人にぶつけないで、みんなで話していけるような世の中になったらいいなという思いがあって。なので自分のネタの中でもなるべく誰も傷つけないようにしたい。そう考えると『は?』というのはちょっと強いイメージがあるので、『にゃ』を付けて少しでもポップに可愛くしたいという思いはありました」

“誰も傷つけない笑い”を届けようとする背景には、子供の頃に抱いていた将来の夢とも関係があるようだ。丸山が続ける。

「私はもともと保健室の先生になりたかったんです。10代の子たちにとって、元気がない時とか一休みしたい時、一番身近なところで行ける場所が保健室だと思っていたので。でも縁があってお笑いのオーディションでスカウトしていただけて、もっと多くの人を元気づけられるかなと思って芸能界を目指したんです。

 なのでなるべく平和に、誰も傷つけないようなお笑いをやっていきたいと思っているんですね。やっぱりYouTuberや芸能人は誰かから見られたり誰かの目標になったりする存在だと思うので、私は誰かが喜んだり元気になったりするような自分なりのパフォーマンスをしていきたいんです」

 さらに丸山は、こうした“誰も傷つけない笑い”で人々を楽しませるパフォーマーとして、渡辺直美に憧れを抱いてきたことを明かす。

「渡辺直美さんはコロナの自粛期間の時にYouTubeを始めて、『一緒にご飯を食べよう』という動画を配信されていたんですね。それを見て元気が出た人ってたくさんいたと思うんです。私も直美さんの動画を見てすごく元気が出た。なかなか友達に会えなくて、家にずっといなきゃいけない、という状況でそういう新しいことをできるのは素敵なことだと思うし、直美さんのInstagramのストーリーもすごく親近感が湧く内容で。

 直美さんは私が中学生の頃からずっと活躍なさっている方で、ああいう風になりたいなってずっと思っていたんですよ。直美さんのステージを見て真似してみたこともありますし、自分の体を最大限に使って夢を追いかけていく姿からも勇気をもらってきたので、やっぱり直美さんは私にとってバイブルのような存在なんです。他の色々な方々ももちろん好きなんですけど、直美さんを見て憧れる気持ちがあったからこそ今の自分があるんですよね」

 渡辺直美も、SNSの女王として10代、20代の女性から圧倒的な支持を得ている。その渡辺直美に憧れて新しい時代の笑いを生み出してきた丸山が、同じく若い世代を中心に人気を集めるのも必然なのかもしれない。

◆取材・文/細田成嗣(HEW)