2000年代に数々のドラマや映画でヒロインを演じた伊東美咲(44才)が、8月18日放送のバラエティ番組『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)に出演することをSNSで発表。テレビ出演は約12年ぶりだが、これをきっかけとして本格的な女優復帰の可能性はあるのか?

 伊東は1999年にアサヒビールのイメージガールに選ばれ、2000年代にはドラマ『電車男』『危険なアネキ』『サプリ』(いずれもフジテレビ系)、映画『海猫』など、話題作に次々と出演。多くのCMにも出演し、芸能界屈指の人気女優として引っ張りだこの存在だった。

「伊東の当たり役と言えば、何と言っても『電車男』の“エルメス”でしょう。この作品はネット掲示板の『2ちゃんねる』から生まれた物語。アキバ系のオタク青年が、電車内で酔っぱらいに絡まれている女性を助けた体験を2ちゃんねるに書き込んだところ、ネットユーザーたちが何とか2人をくっつけようと盛り上がり、アドバイスをしまくった結果、めでたく交際することになったという話です。

『電車男』は、そのストーリーがドラマ化されたもので、ネットでの盛り上がりがそのまま作品への評価へと繋がり、高視聴率を獲得。伊東が演じるエルメスもイメージどおりだと絶賛されました」(ネットニュース編集者)

 伊東は、2009年にパチンコメーカー社長の男性と結婚すると、家庭優先の生活を選ぶ。2010年に第1子、2015年に第2子、2018年に第3子が誕生し、2014年に芸能活動復帰を発表するも、活動はファッション誌やブログなどに留まっていた。しかし8月4日、Instagramで突如テレビ出演決定を発表。今後の活動については一切不明だが、キー局関係者はいう。

「テレビから姿を消したことで、“過去の人”となった感もある伊東美咲ですが、事務所は辞めていませんでしたし、Instagramを見る限り、美貌はまったく衰えていません。1年や2年の休養ならともかく、10年以上の間隔が空いた上での本格復帰なら話題性は抜群ですし、テレビ視聴者の年齢層が上がっているので、空白期間もさして問題にはなりません。伊東は現在44才ですから、購買意欲が強いF2層(35〜49才の女性)にも刺さりやすいので、女優復帰となればスポンサーにも歓迎されるでしょう」

 子供や若者には12年という時間は長すぎるが、中年以上になれば10年以上など“あっという間”。ブランクを気にしすぎる必要はないのかもしれない。また、少子化が進む中でターゲットが着々と変化しているという事情もある。芸能記者はいう。

「かつては40代といえば、“老け役”“お母さん役”が定番でしたが、今はもうそんな時代ではない。実際、松嶋菜々子、米倉涼子、松たか子、木村佳乃、井川遥、中谷美紀、深津絵里、観月ありさといった40代の女優たちは、ヒロインとして様々な作品に出演し、第一線でバリバリ活躍しています。

 また、長谷川京子の活動も参考になるでしょう。長谷川も伊東と同様、結婚と出産で一時期、仕事をセーブした時期がありましたが、トーク番組の『グータンヌーボ2』(フジテレビ系)の司会に挑戦したり、写真集やSNSでセクシーショットを披露したりして、“2度目のピーク”ともいえる活躍を続けています。団塊ジュニアの40代〜50代が人口のボリュームゾーンとなる今、同年代で一度はトップを取った芸能人は、まだまだチャンスがあります」

 女優復帰が実現すれば、大きな話題になりそうだ。