小川彩佳キャスター(36才)が看板となっているTBS系ニュース番組『news23』で、9月からサブキャスターに同局の国山ハセンアナウンサー(30才)を据えることが分かった。近く正式に発表される。現在のサブキャスターの山本恵里伽アナ(27才)は、フィールドキャスターに回るという。

 国山アナは入社9年目。同局が“ポスト安住紳一郎”として期待する若手の1人だという。現在、地上波のレギュラーは『アッコにおまかせ!』、『水曜日のダウンタウン』とバラエティーだけだが、過去には『Nスタ』のほか、『ひるおび!』『グッとラック!』とTBSの“昼の顔”としてお馴染みだった。

 6月の『週刊さんまとマツコ』に「悩める男性アナ」として出演した際には、「『グッとラック!』が終わってからは、次のレギュラー番組が決まらずに将来に不安を持っています」と悩みを明かしていた。ただ、あるスポーツ紙記者は「その直後に、テレビ朝日の斎藤ちはるアナ(24才)らとの6股報道がされた“赤坂のドン・ファン”こと小林廣輝アナ(27才)の代役として、『アッコにおまかせ!』で後輩の尻ぬぐいを担当。さらに総合司会の安住アナの下、東京五輪のリポートでも評価を上げています」と明かす。

 その見返りではないだろうが、帯番組のレギュラーを失って半年で、局の看板ニュース番組に配置となる。あるTBS関係者は「独身で遊び人イメージのついている小林アナと違って、昨年2月に結婚して浮ついてもいない。バラエティから硬派な報道まで幅広くこなせるタイプ。『news23』では現場にも出てもらうし、何より若者へのリーチを期待したい」と話した。

 32年も続く歴史ある『news23』とはいえ、もう後がないのが現実だ。前出のTBS関係者が明かす。

「もう何年も視聴率が低空飛行。3〜4%台が普通で、目標ラインとしてきた5%になかなか届かない。昨年からのコロナ禍で、NHKの各ニュース番組は軒並み数字を上げたというのに、こちらは局内でもお手上げ状態。国山アナの配置は起爆剤としての意味もあるんです」

 同時間帯の日本テレビ系『news zero』には視聴率でダブルスコアを付けられたまま。さらに、1時間早いテレビ朝日系『報道ステーション』は、10月からは6月にNHKを定年退職した大物の大越健介氏(59才)をメインキャスターに迎える。

「大ピンチです。コロナ禍での在宅勤務の普及や夜間営業自粛で、ニュースの視聴や就寝の時間が早まる中、放送開始が23時というだけでも不利なのに、このまま何も手を打たないわけにはいかなかった。今、報道番組はZ世代(1990年代後半から2012年頃生まれのデジタルネイティブ世代)を意識しています。その世代をいかに取り込めるか。若手の実力のあるアナウンサーをどんどん起用して、新しい視聴者を獲得していかないと」(前出のTBS関係者)

 さんまとマツコを前に「(悩んで)髪の毛も薄くなった」と笑わせて、さんまからは「本当に困ってる顔をしてて、本気度が伝わる。俺、本気でもがいてるやつ、大好きや」と気に入られた国山アナが、TBSの救世主となるか。