8月22日から放送が開始するドラマ『白い濁流』(NHKBSプレミアム)で、主人公・好並一樹役を演じている俳優の伊藤淳史(37)。ドラマを通じた問題提起や私生活における子育ての小さな悩みなどについて本人が語った。

『白い濁流』は薬品開発をめぐる研究者らの葛藤を描いた社会派エンタテインメント作品。伊藤淳史演じる主人公の研究者・好並一樹が“ある画期的な発見”をしたことをきっかけに、研究者仲間で親友の柏木航(桐山漣)とともに止むを得ず不正に加担。それを主人公の幼馴染でもある新聞記者・河原智子(佐々木希)に知られてしまい、3人の人間関係が変化していくという物語だ。

 ドラマ制作開始時に寄せたコメントで、伊藤淳史は「すごく面白いストーリーであると同時にもし自分だったらと深く考えさせられました」と語っていた。具体的にどのような思いを抱いたのだろうか。

「自分が同じ状況に置かれることはほとんどない役柄だったので、自分の経験に置き換えたわけではないんですけど、『もし仮に自分が一樹と同じ立場になったらどうしよう』と考えました。大多数の人にとっての幸せは大事ですけど、それがごく一部の人にとって害になる可能性があった時に、僕だったらどうするべきだろうと。ほぼ全ての人を助けることができるけれど、中には被害を被る人もいる。それを選択しなければならない状況に自分が置かれたらどっちを取るべきなのか、すごく考えさせられるなと思って。

 今回僕が演じた一樹の場合は、テレビでオンエアされたら自分が嫌われるかなと思うぐらい、最低な人間として演じました。けれど一樹がそういうことをしてしまうのはちゃんと理由がありますし、ブレない正義感があってのこと。自分が築いてきた正義を貫くために最低なことを言ってしまう。とてもやりがいがある役柄でもあるので、台本に書かれている以上に酷く冷たい男として演じました。

 一樹はただの悪じゃないんですよね。いわば“正義のための悪”で、僕自身はこれまではあまり悪役を演じた経験はなかったんですが、社会の濁流に飲み込まれて現実を突きつけられた時に悪い方に行ってしまう、そういう人間をどう表現しようかとすごく考えました。一樹が酷い言葉を投げかけるシーンを撮り終わって帰る時に、共演している西村まさ彦さんに『楽しいでしょ? すんごい楽しそうな目をしているよ』って言われて、西村さんには全てお見通しというか(笑)、そのぐらいの思いでやりがいを感じながら取り組んだんです」

 有名な“トロッコ問題”を彷彿させるジレンマだが、もちろん単なる思考実験の世界だけの話ではない。日常生活でも似たようなジレンマに遭遇することは多々あるはずだ。伊藤淳史は子供と接する際に、“正義のための悪”と似たような場面に遭遇して良心の呵責を感じることもあるという。

「例えば公園で娘が滑り台の順番に並んでいると、たまに知らない子が割り込んでくることがあるんですよね。全然関係ない子供なので僕が直接怒る筋合いもないですし、でも順番を守らなきゃいけないということは伝える必要があると思うので、そういう時は娘に『滑り台の順番はちゃんと守ろうね!』って少し大きめの声で言ったりします。するとその知らない子がちゃんと後ろに回って並んでくれることがある。

 ただ、娘から『ねえパパ、なんで順番を守ってない子に注意しないの?』と言われることもあって、そうするとなかなか答えられないんですよね。そういう時は『パパは順番を守ってくれる子が好きだよ』と言うんですけど、答えになってないじゃないですか。本当は順番を守らない子を注意すべきかもしれないので。そういうことで日々悩んだり、しっかりと説明できないことで罪悪感を抱いてしまったりすることがあります」

 ドラマが提起する問題は、身近なところにも潜んでいる。伊藤淳史が続ける。

「今回の作品では食品添加物のアレルギーの話が出てくるんですが、食べ物をはじめ生活を取り巻く色々な場面で危険が潜んでいるということは、自分が親になってより肌身に感じるようになりました。食べ物が原因で蕁麻疹が出てしまうこともあるし、公園で遊んでいたら怪我をすることもあるし、そういう食や環境の安全性はとても大切だなと。やっぱり人間は絶対に何かを食べないと生きていけないですから、どういうものを食べるのが子供にとって良いことなのか、そういう部分も今回の作品を通じて考えるようになりました。

 それと、今はコロナ禍で世の中がとても大変な状況にありますが、そうした状況だからこそ、ドラマを観る時間はドラマの世界にどっぷりと浸かって欲しいと思っています。僕らもこれ以上ないくらい緊張感を持って感染症対策に取り組みながら撮影を行ったので、コロナ前に比べると『制限がある中で、それぞれの持ち場で100点以上を目指そう』という意識がより高まっていると思いまし、ぜひドラマを楽しんでいただけたら嬉しいです」

『白い濁流』はコロナ禍における日常生活をあらためて見つめ直すきっかけにもなりそうだ。

◆取材・文/細田成嗣(HEW)