プロ野球・巨人戦の試合中継が、視聴率がとれなくなって久しいが、今年、日本テレビは視聴率獲得のために放送内でさまざまな企画を行っている。野球ファンから不評を買うものもあり、必ずしも成功しているとは言い難いが、そんな日テレが新たに行うのは、人気男性アイドルと球界のレジェンドたちによる企画だ。果たして、低迷状況を抜け出すことはできるのか? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 20日夜放送の『プロ野球中継・巨人×DeNA』では、“野球脳サバイバルナイターグランドチャンピオンシップ”と題した企画を放送。これは「誰が一番野球を見る目があるのか?」というテーマのゲーム企画であり、「1球ごとに結果を予測して的中させたらポイントを獲得し、1イニングごとにポイント数の少ない人が脱落していく」というサバイバル形式で行われます。

 参加メンバーは、高橋由伸さん、江川卓さん、中畑清さん、赤星憲広さん、井端弘和さんのプロ野球レジェンド5人と、日本テレビ系野球中継『DRAMATIC BASEBALL』サポーターの亀梨和也さん。さらに3月から公式SNS上で、中山秀征さん、ビビる大木さん、TIM・レッド吉田さん、神無月さん、アンガールズ・山根良顕さん、ティモンディ・高岸宏行さんら18名の野球好き芸能人がトーナメント戦を行い、勝ち抜いたロングアイランド・松原ゆいさん(巨人・松原聖弥選手の兄)を含めた7人が戦いに挑みます。

 しかし、一見華やかな企画と思いきや、この放送が「日本テレビにおける巨人戦中継の正念場」とも言われているのです。

意欲的な試みを連発するも批判殺到

 実は今年、日本テレビは巨人戦中継で、さまざまな試みを行ってきました。

 4月15日の「巨人×中日」では“配球王サバイバルナイター”と題して「解説者たちが次に投げる球種を当てる」という企画を放送。江川卓さん、谷繁元信さん、川上憲伸さん、里崎智也さん、石原慶幸さん、亀梨和也さんが参加しました。

 4月20日の「巨人×阪神」では“ベタ惚れナイター”と題してブラックマヨネーズ・小杉竜一さんと清水隆行さんの巨人ブースと、ココリコ・遠藤章造さんと藤川球児さんの阪神ブースに別れた新機軸の二元中継を実施。「攻撃チームのブースから中継することで、それぞれがチーム愛をにぎやかに語る」という演出が見られました。

 しかし、“配球王サバイバルナイター”は「出演者全員を画面に映すため試合映像が小さくなってしまう」、“ベタ惚れナイター”は「野球中継が芸人のバラエティになってしまった」などの批判がネット上に続出。「何のために野球中継しているの?」「視聴者は単純に野球を見たいだけ」「真剣に試合をしている選手に失礼では」などの厳しい声が飛んでいました。

 今回の“野球脳サバイバルナイターグランドチャンピオンシップ”は、“配球王サバイバルナイター”を発展させたもので、識者ならではの目線から、バッテリーの配球、バッター心理、ベンチの戦略、過去対戦時の伏線などを分析して楽しむ企画ですが、「また批判されるのではないか」と不安視されているのです。

新技術導入とTwitter連動企画

 日本テレビがプロ野球中継でこれらの試みを行っている理由は、視聴率の獲得にほかなりません。日本テレビは2010年代以降、民放各局による視聴率レースでトップを走り続けているため、これまで何度となく「巨人戦が足を引っ張っている」と言われ続けてきました。

 また、日本テレビはスポンサーの反応がいい「コア層」(13〜49歳)の個人視聴率を重視した番組制作を他局に先駆けて行ってきましたが、プロ野球中継のメイン視聴者は「4層」と言われる65歳以上の高齢者たち。だからこそ今年の試みは「何とか若年層を集めたい」という切実さの表れであり、それは亀梨さんの起用からもうかがえますが、現実は難しいものがあります。

 今やプロ野球ファンの大半は、試合の最後まで中継しない地上波ではなく、CSやDAZNなどの動画配信サービスで試合を見ることが当たり前のようになりました。とはいえ、読売新聞のグループ会社である日本テレビとしては、「地上波の放送を打ち切る」「ゴールデンタイムから撤退」という決断は難しく、「地上波の放送で若年層の視聴者を獲得しなければいけない」という使命を抱えています。

 だからこそ前述した試みのほかにも、今年から、状況に応じた作戦成功率を算出する「AI得点確率予測」、塁審の帽子に取り付けた「2塁塁審カメラ」、投球をCG表示する「新・球筋カメラ」、打球データを可視化した「バッティング解析」などの技術的な試みを導入しました。

 また、6月30日の「巨人×広島」では、Twitterライブで「掘れば掘るほど野球が面白くなるSP」と題してクイズ形式の情報コンテンツを配信。「プロ野球中継の新たな楽しみ方を提供しよう」という姿勢を見せてきました。

今年のゴールデン帯放送は4回のみ

 ただそれでも現実は厳しく、視聴率は上向かず、視聴者層の高齢化から抜け出せないまま、放送回数は減っています。

 ここまでゴールデンタイムで放送されたのは、開幕戦の3月26日、4月15日、4月20日、6月30日の4試合のみで、視聴率は順に、個人全体4.9%・3.1%・3.5%・3.3%、世帯8.8%・5.6%・6.1%・5.9%と低迷。その他は土日午後に関東ローカルで月に何試合か放送される程度であり、もはや「限界まで減らした」というレベルでしょう。

 関東以外の日本テレビ系列局が「今週はプロ野球中継があるから……」と頭を痛めていることもあり、制作サイドにとっては明るい兆しがほしいところ。しかし、前述した試みは、ここまで技術的なもの以外、批判の声が多いだけに、今回の結果は今後のプロ野球中継を左右しかねません。

「プロ野球をよりディープな目線からも見てもらおう」「視聴者自身も参加している気分で楽しんでもらいたい」という狙いの“野球脳サバイバルナイターグランドチャンピオンシップ”は視聴者に受け入れられるのか。

 生中継という特性を生かした試みだけに、うまくいけばCSや動画配信サービスの視聴者を地上波に誘導したり、ネット上でバズったりする可能性もあるでしょう。その意味で関係者たちは、レジェンドと亀梨さんの予想がズバズバ当たって盛り上がることを願っているのかもしれません。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月30本前後のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演し、番組への情報提供も行っている。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。