昨年8月をもって16年間所属したオスカープロモーションを退社した女優・福田沙紀。フリーとなって初の主演映画『シュシュシュの娘(こ)』が8月21日に公開される彼女は、どのような思いでリスタートを切ったのか。福田本人と『シュシュシュの娘』を企画した入江悠監督に話を訊いた。

 地方都市を舞台とした映画『シュシュシュの娘』は、福田沙紀が演じる市役所勤務の主人公・鴉丸未宇(からすま・みう)が、市政に蔓延る不正や理不尽な犠牲を受けて密かに立ち上がる物語。奇想天外なストーリーと個性豊かな登場人物の活躍が痛快な娯楽作品だ。劇中で福田が披露するオリジナルダンスも見どころの一つとなっている。

 入江監督にとって10年ぶりの自主映画でもある本作は、コロナ禍の煽りを受けて苦境に立たされたミニシアターを支援するために監督自身が立ち上げた企画が出発点になっている。昨年6月に出演者の募集が告知されると、2500人を超える応募が殺到。その中から主演の座を手にしたのが福田だった。

 これまで数多くの商業映画やテレビドラマの世界で活躍してきた彼女は、なぜ“ミニシアターを支援するための自主映画”というある意味では特殊な作品に挑戦したのだろうか。応募の経緯についてこのように振り返る。

「最初にオーディションを知ったのはTwitterで知り合いが募集ツイートを“いいね”していたのがきっかけでした。もともと私は韓国映画が好きで、入江監督が韓国映画をリメイクした『22年目の告白 ─私が殺人犯です─』もすごく好きだったので、『ええ! オーディションやるの!?』と驚いてしまった。『これは絶対に応募したい!』と。

 当時は私はまだ事務所に所属していたんですけど、退社することはすでに決めていたので、事務所から許可を得た上で応募メールを監督に送りました。オーディションに応募するためにフリーで活動する時に使う個人用メールアドレスも作ったんです」(福田沙紀)

福田は「合格のメールに手が震え、涙が溢れた」

「ただ、不安も少しありました。どういう風に私という存在を見ていただけるのか、常に自問自答していて。大きな組織に所属しているともちろんプラスになることもありますが、本当に私自身が評価されているのかどうか、わからなくなることもあるんです。なのでどういう結果になるのかは全く想像がつきませんでしたけど、ただただ入江監督の作品が好きという気持ちと、監督のもとで学びたいという思いで応募しました。

 監督からメールで合格の返事が来た時は驚いて本当に手が震えてしまったんですよ。『え! 本当に入江監督!?』って(笑)。なんだか涙も溢れてきてしまいました。『見つけてもらえた』と感じて、私自身を見てもらえたことがシンプルに嬉しかったんです」(福田沙紀)

 一方、入江監督は福田を起用した理由について、オーディションを通じて「俳優としての魅力がずば抜けていた」と感じたことを明かす。

「まずはやっぱりダンスです。3次審査では脚本をお渡しして、5分ぐらいの曲をかけながら自由に踊っていただきました。役柄や舞台設定をどう解釈してダンスをするのかも見たかったので、僕からはほとんど指示は出していないんですけど、福田さんのダンスは素晴らしかった。現場でもどんどん変化させていけるだろうなと感じて、もうこの人しかいないなと思いました。

 ああいうダンスができるのはやっぱり日々の積み重ねだと思うんです。俳優には役作りもありますけど、オーディションの段階でゼロからスタートして撮影に行ってもそこまでの演技はできないんですよね。普段から訓練をしていて芸を身につけている。そうした部分があるから、福田さんのダンスを見たときに“鴉丸未宇”という主人公の姿が見えたなと感じました。

 有名無名問わず、“鴉丸未宇”という主人公を生き生きと演じ切れるのであれば、どなたでもいいなと思っていたんです。けれど、福田さんご本人の俳優としての魅力はやっぱりずば抜けていた。オーディション時の芝居でも、突然の出来事にも全く動じずに芝居として受けることができて、非常に実力がある俳優だなと感じました」(入江監督)

自主映画だからこその経験

 オスカー退社後、フリーとしてリスタートを切った福田にとって、自主映画での撮影経験は大きな糧にもなったようだ。

「監督が一つ一つの段取りを『なんでこれはこういう風にしていたんだっけ?』とあらためて疑って、一個ずつ新しく構築していきたいと仰っていたんですね。それがフリーになって一から始める私にとっては、とても心に刺さる言葉でした。みんな特に確認しないでいつも当たり前のようにやっている作業を一つ一つ確認して、監督と密にやり取りしながら撮影を進めていったんです。

 それは今まで事務所に所属しながらやってきた仕事とは全く違う経験でした。他にも、商業映画だと公開されるのが当たり前だという前提で撮影を進めていくんですけど、実際にはそうではなくて、やっぱり各映画館の方々の協力がないと上映できないですし、そもそもどこの映画館で公開できるのかもわからない。そういった、商業映画の世界では忘れられがちな視点に、新鮮な気持ちであらためて気づける時間になったなと思うんです」(福田沙紀)

 今回初めて自主映画の撮影に臨んだという福田は、ミニシアターでのこんなエピソードも語ってくれた。

「地元の熊本にDenkikanというミニシアターがあるんですが、仕事で帰郷した時にアポなしで突撃したんです。最初はアポなしでいきなり行っていいんだろうかと思って躊躇していたんですけど、監督に相談したら『大丈夫ですよ! みなさんよくフラッと行くんで』と言われて(笑)。

 それで菓子折りを持って行って、『ご挨拶させていただいてもいいですか』とチケット売り場の受付の方に話しかけたら、事務所に案内されて。Denkikanのスタッフのみなさんに『公開していただいてありがとうございます、よろしくお願いします』と挨拶しました。そういう体験も初めてだったので、こうやって映画が出来上がっていくんだなということをあらためて実感することができました。

 当たり前のことに気づいたり新しいことを学んだりする時間はかけがえのないもので、『シュシュシュの娘』は自分にとって一生忘れられない作品になるなと思いました。先日のプレミア試写会での舞台挨拶の時の光景を見ても、これからの人生でこの景色は忘れることができないなと感じたんです」(福田沙紀)

入江監督「直感は間違ってなかった」

 また、入江監督は完成した映画を観てあらためて福田を起用することができてよかったと語る。

「今回はミニシアターを支援するという意図で立ち上げた企画でもあるんですが、ミニシアターを中心に活動している俳優さんだけで固めなくてよかったなと、いま振り返ると思います。福田さんみたいにメジャーな作品に数多く出られている方がこういう映画に出演すること自体が間口を広げるというか、風通しを良くしてくれる感じがするんですね。

 映画にも色々なジャンルや規模があるんですけど、何かに凝り固まってしまうとつまらないんですよ。色々な人が携わっていると面白くなる。福田さんがいきなりDenkikanに行ったという話も、ミニシアターの人にとってはちょっとした事件ですよね。そういうハプニングが起こせるのもこういう企画の面白さですね。

 とはいえ間口を広げるために福田さんを選んだわけではなくて、やっぱり芝居が素晴らしいんですよ。ダンスもそうですし、走り方とか歩き方、猫背の具合とか、そういう細かいところもご本人でアイデアを出して演じているんです。そこらへんは細かなニュアンスの問題になるので、演出で指示するのは難しいんですよね。俳優さんが持っているディテールの表現力に頼らざるを得なくて。

 なので完成した映画を観て、福田さんに出演していただくことができてよかったなとあらためて思いますし、試写会でお客さんから寄せられた感想を聞くと、オーディションの日に僕が抱いた直感は間違ってなかったなと。嬉しいです」(入江監督)

 福田沙紀なくして完成し得なかった『シュシュシュの娘』は、新たな役者人生を歩み始めた彼女にとっても今後を占うような重要作の一つとなったようだ。

◆取材・文/細田成嗣(HEW)