日本テレビのチャリティー番組『24時間テレビ』が8月21日から22日にかけて放送され、TOKIOの城島茂(50才)が「100kmマラソン」の最終走者を務めた。コロナ禍での開催、真夏にマラソンを走る意味、チャリティーをエンタメ化することの是非など、同番組には批判の声も少なくないが、城島の登場に際して送られたネットの声は概ね好意的だった。なぜ“リーダー”はここまで支持されるのか?

 毎年、「誰が100km走るのか」が大きな話題となる『24時間テレビ』のマラソン企画。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、私有地の5kmのコースを1周走るごとに10万円を募金する企画が行われたが、今年は城島のほか、アスリートが勢ぞろい。五郎丸歩、田中理恵、荒川静香ら10人がタスキを繋ぐ方式で行われた。キー局関係者はいう。

「『24時間テレビ』は昨年、“こんな時にやるの?”という声が多数寄せられましたが、スタッフの数を絞り、徹底した感染対策を実施。マラソン企画は公道を走れないため、自動車メーカーのテストコースを借り切って行いました。昨年8月の段階では、あれほど大規模なイベントはほとんど行われていなかったため、他の局も内心では“日テレが先陣を切ってくれた”と思っていたはず。

 今年も、開催に賛否はありましたが、日本テレビにとっては、44年の歴史があり、しかも24時間にわたって高視聴率が見込める超ドル箱番組。感染状況は昨年より一層悪くなっていますが、中止という選択肢はなかったでしょう」

ジャニーズらしからぬ姿が好感度UP?

 今年のマラソンは「復興への想いをつなぐ募金リレー」と題され、福島県楢葉町の『Jヴィレッジ』を10人のランナーが走った。最終ランナーの城島は、2014年に100kmマラソンを走っており、これで2度目の大役。城島が最終ランナーとして登場すると、ネットには、

「城島くん! 頑張れぇぇぇぇぇ」
「城島茂さん、ファイト!! ラストスパートです!!頑張れ!!」
「城島茂〜笑顔で走っててステキ!!!!」
「マラソン リーダー頑張っていらっしゃいましたね」

 といったコメントが寄せられた。なぜここまで愛されているのか? ネットユーザーの動向に詳しいネットニュース編集者はいう。

「ジャニーズのメンバーはみな、歌やダンスを華麗にこなし、ドラマや映画では二枚目役が多いですが、TOKIOは『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ)で農作業をしたり、無人島を開拓したりと、ジャニーズという枠を外れた顔を見せており、それが好感度を押し上げているのは間違いありません。中でも城島は、ネットで『職業:農家』とイジられるほど農作業姿が板に付いており、飾らない姿と、にじみ出る“いい人感”が愛されるポイントです。

 一方で、『ザ!鉄腕!DASH!!』と通じて縁ができた福島に対しては一貫して支援を行っており、今春には福島県庁に、TOKIOとともにプロジェクトを行う『TOKIO課』が新設されました。震災から10年以上が経過し、少しずつ記憶が風化するなかで、ブレずに支援を続ける姿勢は評価されてしかるべきでしょう」

『ザ!鉄腕!DASH!!』は今年で放送26年だが、安定して高視聴率を記録しており、その勢いは衰えていない。そこで見せるコミカルな姿も城島の人気の要因だが、卓越したリーダーシップも見逃せない。ベテラン芸能記者の石田春男氏はこう指摘する。

「TOKIOはこれまで『紅白歌合戦』に20回以上出場し、『ザ!鉄腕!DASH!!』も長寿番組として確固たるポジションを確保。極めて順調にキャリアを重ねてきたように見えますが、2018年に山口達也が不祥事でグループを去り、今年春には長瀬智也も活動に一区切りを付けました。それでもグループが崩壊しなかったのは、ひとえに城島のリーダーシップがあってこそでしょう。

 城島はグループ最年長でリーダーと呼ばれていますが、グループ内では完全にイジられ役で、オヤジギャグを繰り出すこともしばしば。グイグイとメンバーを引っ張るタイプではなく、自分がツッコまれ役になることでメンバー内の調和を図るやり方が、1つのあるべきリーダー像として評価されているのだと思います。

 また、独身であることも散々イジられてきましたが、2019年についに結婚し、翌年には男児も誕生。苦労の末についに幸せを掴んだことで、一段と温かい目で見られるようにもなりました。本来ならば“大御所”と言える年齢なのに、良い意味で若いので、若手とも壁が生まれないのも強み。『24時間テレビ』でメインパーソナリティを担当したKing & Princeも学ぶことは多かったんじゃないですか」

 晴れてコロナが収束した折には、3度目のマラソン登場もあるのかもしれない。