「普段は着物でステージに立っていますので、こうして礼服に袖を通すと使命感がわいてきますね」。警察官の礼服を着た伍代夏子(59才)はそう語ると、キリッと表情を引き締めた。伍代は2018年より警察庁の「ストップ・オレオレ詐欺47〜家族の絆作戦〜」プロジェクトチーム(略称:SOS47)に参加し、警察庁特別防犯支援官として特殊詐欺撲滅のための広報活動に取り組んでいる。

「芸能界のプロジェクトチーム・SOS47は杉さん(夫の杉良太郎)の発案で生まれました。警察庁特別防犯対策監を務める杉さんはメンバーを集めては“自分は警察官なんだ”という自覚を持つよう、意識を高めています。『私たちは警察官なんだから街中で交番を見かけたら、立ち寄ってほしい。警察官の皆さんに“この街を守ってください。気をつけてくださいね”と激励してほしい』と促すんです。

 杉さんですか? 杉さんも自ら積極的に立ち寄っています。日頃からそうした意識が根付いているので、SOS47の活動にはみんなとても熱心に取り組んでいます」

 SOS47のチームはコロッケや城島茂、松本利夫(EXILE)、川栄李奈、乃木坂46、AKB48など幅広い年齢層で構成されている。

「特殊詐欺の被害は高齢者に多いのでご高齢のかたがたがこれ以上被害に遭わないよう、若い人は同世代へ向けて、アルバイト感覚で“受け子”にならないよう、役割分担をして広い世代へ呼びかけています」

 特殊詐欺は全体として減少傾向にあるものの、昨年の被害件数は1万3550件、被害額は285.2億円。和歌山県では2020年の特殊詐欺被害額が前年の2倍近くに増加したことを受け、7月には伍代が同県を訪れて啓発活動を行った。現地では和歌山県警察が開設した特殊詐欺被害防止専用の無料電話「ちょっと確認電話」(0120・508・878=これはわなや)をPRすべく、

「電話の中で『市町村職員』『介護保険料金の払い戻しがある』『手続きは今日の何時まで』『携帯電話を持って近くのATMへ』という話があれば詐欺の可能性が大です! 確認して被害を防ごら〜」

 などと、親しみやすく和歌山弁を交えて人々へ注意を呼びかけた。

「県民性に合った土地の言葉で伝えることで、身近に感じていただけたらいいなと思います。これだけ還付金詐欺に注意してくださいと言われ続けていても被害がなくならないのは、詐欺グループに心の隙へ入り込まれるから。私は電話の犯人の声を聞いたことがあるんですが、とってもやわらかい、やさしい話し方をするんですよ。コロナ禍で人と話す機会がなくてさみしく感じるひとり暮らしのかたなどはついつい世間話をしてしまい、気がついたらATMへ誘導されてしまうんでしょうね」

 SOS47の活動では、さまざまな体験談を聞く機会があるという。

「毎日6時に電話がかかってくるから今日もきっとかかってくるよ、というかたがいました。“そんなのだめよ! 警察に電話しましょう!”と呆れてしまったけど、すっかりその電話を楽しみにしていらして。自分は絶対に引っかからない自信があるから“おまえ、そんなこと言って詐欺だろう”なんて言いながら、毎日話しちゃうんですって。

 このケースは男性でしたが、“お父さんよりも私の方がしっかりしているわ”という女性の方が案外弱い。特に60代など、私たちぐらいの世代が危ないなぁと感じています。まだまだ全然平気、しっかりしているから私の行動は間違っていないわと考えて、周囲に相談なしにお金を渡してしまうんです。かくいう私も大丈夫と思ってはいますが(笑い)、固定電話には出ません。還付金、暗証番号、カードなどの話が出たら、ひとりで決めずに必ず誰かに相談してください」

 被害に遭ってしまった際におかしがちなミスも教えてくれた。

「お金を騙し取られて落ち込む母親に、息子さんが『なんでぼくに言わなかったんだよ』と責めてしまったケースがあったんです。お母さんはショックで寝込み、しばらくうつになってしまった。騙された家族に怒ってしまう例は多いんです。被害の額によっては、“そんなにお金があったの?”と関係がぎくしゃくしてしまうことも……。

 被害に遭った家族は責めずに寄り添ってあげてほしい。わが子かわいさにお金を出してしまう母心も犯人は巧みに突いてきますから、普段から家族でマメに連絡を取り合いましょう。犯人の演技に惑わされないよう、電話の声に聞き慣れることも大事です」

 杉とは家庭でもSOS47の活動計画を話し合うという。特殊詐欺撲滅へ向けて、これからも粘り強く活動を続けていくと誓った。

【プロフィール】
伍代夏子(ごだい・なつこ)/1961年生まれ、東京都出身。演歌歌手。『歌謡劇 雪中相合傘―科白編―』が発売中。

取材・文/渡部美也 撮影/WEST

※女性セブン2021年9月9日号