ある有名人の家族である料理家に注目が集まっている。ことの発端は、テレビ番組『超人女子戦士 ガリベンガーV』(テレビ朝日系)。小峠英二(45才)がMCを務め、毎回さまざまな分野の専門家を招いて疑問を解決していく深夜バラエティー。その5月9日放送回でのことだった。

「この日のテーマは『出汁』でした。講師を務めたのは、聖徳大学短期大学部准教授で料理家の長谷川弓子さん。緊張する様子もなく、落ち着いた語り口でわかりやすく解説していました。美人として放送後に話題になったのですが、最近になって、彼女が長谷川博己さん(44才)の妹さんだと明らかになったんです。知的で優しそうな雰囲気が、お兄さんとよく似ていますよ」(テレビ局関係者)

 弓子さんは明治大学を卒業後、一度、百貨店に就職している。3年間の会社勤めで学費を貯め、栄養専門学校に入学したという。

「就職後に本当にやりたいことを考えるようになり、中学生の頃に料理研究家の栗原はるみさんに憧れていたこともあって、料理の道を志したそうです」(長谷川家の知人)

 弓子さんは専門学校で栄養士の資格を取得後、27才で「近茶流宗家」の門を叩いた。「近茶流」は江戸時代から伝わる、茶道の心にかなう料理で、現代に至るまで世襲で伝えられている。

「弓子さんは内弟子として5年間、トイレや庭の掃除、師匠の白衣のアイロンがけなどもこなしながら、近茶流の知識や技術を学んだそうです」(前出・長谷川家の知人)

 2012年から聖徳大学の講師となり、料理家としての活動をスタート。料理本を上梓したりメディアに出演するなど、キャリアを積み上げている。その活躍の裏には家族の物語があった。弓子さんは過去のインタビューで、料理の道へ進んだ理由を次のように語っている。

《家族にその道を究めようとするタイプが多いことに影響されたのかもしれない》(日刊工業新聞2017年1月23日付)

 兄の影響も受けているだろうが、それ以上に大きな存在となっていたのが、父の堯さん(享年81)だった。

「堯さんは建築史家として活躍し、武蔵野美術大学の名誉教授も務めた日本建築界の重鎮なんです。2019年に亡くなった際、長谷川さんの父であることが広まりました。堯さんは建築史家として生計を立てられるようになるまで、ライター業で食いつないで知識を身につけていったそうです。お父様のバイタリティーも、弓子さんは引き継いでいると聞いています」(前出・長谷川家の知人)

 弓子さんには、こだわりの料理がある。

「彼女は魚料理を得意としているのですが、これにはお父様の魚好きが影響しているんです。なかでも『いわしの揚げしんじょ』は、弓子さんが母から受け継いだ、“長谷川家の味”。うま味が口いっぱいに広がるおいしすぎる一品なんだとか」(前出・長谷川家の知人)

 父に導かれたのは、弓子さんだけではない。兄の博己は、3才の頃に堯さんに連れられて映画館で見た『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』に感銘を受け、俳優を志すきっかけになった。実はそうした兄妹の父に対する思いは、目に見える形で残された。

「堯さんが亡くなる約半年前の2018年9月、長谷川さんと弓子さんとで個人事務所を設立しました。その社名が堯さんの名前にちなんだものなんです」(前出・長谷川家の知人)

 長谷川家の絆は強固なものに感じられる。そこで気になるのが、長谷川と事実婚状態と報じられている鈴木京香(53才)の立ち位置だ。

「食に関しては、京香さんも造詣が深い。行きつけの店も、知る人ぞ知る名店ばかりで、料理も得意なんです。そんな背景もあって、『王様のレストラン』(1995年・フジテレビ系)や『グランメゾン東京』(2019年・TBS系)など、レストランが舞台のドラマにも数多く出演しています。京香さんも弓子さんのことはご存じのはず。弓子さんの手料理を味わっているのでしょうね」(京香の知人)

 長谷川家の面々は京香もたじろぐほど華麗だった。

※女性セブン2021年9月9日号