クールな見た目に反して、明るいサバサバとした性格が魅力的な水川あさみ(38才)。彼女を慕う人は多く、俳優、芸人、モデルなど幅広い交友関係で芸能界の中でも一大勢力を築いているが、最近彼女の言動に首をかしげる人がチラホラと出てきて──。

 8月下旬、都内の閑静な住宅街にある伝統的な江戸前鮨を出す人気店を、水川と窪田正孝(33才)夫妻が訪れた。水川と窪田は店を貸し切りにして、会食を楽しんだようだ。

「食事会は、沢尻エリカさん(35才)の元夫の高城剛さん(57才)も一緒でした。彼は水川さんが20代のときからの仲だと聞いていますよ」(水川の知人)

 水川の交遊関係は広い。先輩には妹分としてかわいがられ、後輩には姉貴分として頼られている。芸能界へも少なからず影響力を持つ。

「彼女を慕う女優でモデルのAさんは今年いっぱいで大手所属事務所を辞めて独立するといわれています。それも水川さんに相談してとのこと。水川さんが独立したのは6年前ですが、以来、自分で仕事を選び、道を切り開いてきたという自負があるんです。Aさんも水川さんと同じように業界内で結婚したこともあり先輩の助言は大きかったようです」(ファッション誌関係者)

 しかし、最近の水川を疑問視する人もいる。

「水川さん、最近ちょっとらしくないといいますか。精彩を欠くような場面があったり、情緒不安定な様子を見せることもあるんです。コロナや監督業のプレッシャーなどいろいろあると思いますが、水川さんと親しい女優Bさんの妊娠も大きかったようです。Bさんとは何でも話す仲で、お互いが結婚したときに“一緒にママになりたいね”と話していたそうなんです。

 そんなこともあって心の底からBさんの妊娠を祝福している一方、焦りも感じたようでした。Bさんは水川さんより年下。水川さんとしては早く自分も妊娠するような生活に切り替えたいという気持ちと、仕事を中途半端にはできないという気持ちと揺れ動いたようです」(前出・ファッション誌関係者)

 水川たちのような主演クラスの女優は、結婚、妊娠のタイミングにはかなり気を使う。

「2〜3年先のスケジュールまで決まっているのも当たり前です。結婚したい、子供がほしいといっても“その仕事が終わってから”と説得されるうちに月日があっという間に経ち、適齢期が過ぎてしまったと後悔する女優も少なくないのが現実です。

 そうすると“あのとき仕事を詰め込まれたからだ”と事務所を逆恨みすることも。主演クラスの女優を抱える事務所にとっては同年代の結婚や妊娠のニュースは爆弾ともなりかねないセンシティブな話題です」(芸能関係者)

 周囲に落ち込む姿を見せることもあるという水川が、最近よく口にするのが前述の高城氏の名だという。彼は数々の映像作品や書籍を発表してきたクリエイターだが、最近は、ブログやメルマガで、世界情勢や健康に関する情報を積極的に発信している。

「瞑想や断食、大麻の素晴らしさを語ったり、“コロナに効く”というサプリメントを紹介したりしています。水川さんは熱心に高城さんから情報収集をしていて、食べ物や、体調、加齢に抗う方法といった話で盛り上がるそうですよ。

 高城さんの影響なのか水川さんは別の友人と話していても、コロナや政治に対する考え方を語ったり、時に『陰謀論』めいたことを熱く話すときもある。あまりの熱量に正直、少し距離を置きはじめている人もいるそうです」(前出・芸能関係者)

 水川はかつてインタビューで、自分自身についてこう語っていた。

《時にちょっと、自分よがりに見えたりすることがあるかもしれないですが、やっぱり自分が信じるもの、貫きたいと思うことは貫きたい》

 それを人は「信念」と呼ぶのだろう。果たしてその先にあるものは──。

※女性セブン2021年9月16日号