8月28日と29日に2夜連続で放送されたフジテレビの大型特番『FNSラフ&ミュージック〜歌と笑いの祭典〜』は、ダウンタウン・松本人志(57)が初日にウッチャンナンチャン・内村光良(57)に電話で急きょ出演をオファー。翌日に内村がサプライズ出演し、7年ぶりの共演を果たすというお笑いファン垂涎の展開となった。

 ツイッター上には久々の共演を懐かしむ声が相次いだが、両者の関係を知らない若い視聴者からは「2人がウッチャン、松ちゃんと呼び合うのって新鮮」「仲良かったんだな」といった驚きの声が上がった。

「いまや伝説となったフジのバラエティ番組『夢で逢えたら』(1988〜91年放送)でともに20代だったダウンタウンとウッチャンナンチャンが共演していたのはもう30年前。お互いが冠番組を持って以降は共演が少なくなったため、若い世代には新鮮なのでしょう。特に内村が『松ちゃん』と呼ぶことに驚いた人が多かったようです。ダウンタウンはウンナンよりデビューが3年早く、学年も1個上ですが、『同期のようなもの』だということで、当時からずっと『ちゃん付け』でタメ口。ウンナンと専門学校の同級生である出川哲朗は、『松本さん』と呼んで敬語を使っていますから、やはりこの2組は特別な関係です。

 いまやお笑いの世界で『松ちゃん』と呼ぶ芸人は吉本の同期であるハイヒールらごくわずか。明石家さんまや笑福亭鶴瓶ら先輩芸人は『松本』と呼び捨てにするし、下の世代はどんなに親しくてもみんな『松本さん』。だからなおさら若い世代は内村が『松ちゃん』と呼ぶことに驚いたのでしょう」(芸能関係者)

 番組では、2人が携帯にお互いの番号を「松っちゃん」「内っちゃん」という表記で登録していることも明かされた。芸能評論家の三杉武氏は語る。

「『夢で逢えたら』当時はダウンタウン、ウッチャンナンチャンともにお笑い好きの間では知られていましたが、お茶の間レベルではブレイク前夜といった状態だった。特にダウンタウンは東京進出しはじめた頃で、お笑いに対してストイックな松本は尖がりまくっていた時期。そんな松本が認めた数少ない同世代のお笑い芸人が内村でした。

 それぞれコンビ内ではネタ作り担当。共演するなかで、タイプは違ってもお笑いについての考え方など通じるものを感じたようで、2人はリスペクトし合う仲になった。近年は共演が減りましたが、2009年にTBSの『ドリームマッチ』でコンビを組みコントを披露したことは伝説になっている。今回の特番も、番組演出に松本が絡んでいる可能性も高く、本人の中では企画当初からサプライズで電話をするなら内村と考えていたとみる向きもあります。番組で松本は『ウッチャンナンチャンとダウンタウンで何かやりたい』と踏み込んだ発言をしていた。昔からのファンにとっては懐かしく、若いファンにとっては新鮮で、今後の共演について期待させる絡みでした」

 ファンは伝説の番組復活を期待している。