ダウンタウン・松本人志(57)が“キャプテン”として出演した8月29日放送のフジテレビ系特番『FNSラフ&ミュージック』にウッチャンナンチャン・内村光良(57)がサプライズ出演。7年ぶりの共演となった。

「2人は20代の頃にフジ系『夢で逢えたら』(1988〜1991年)で共演して以来、お互いを『戦友』と認め合う関係。この番組でも『ダウンタウンとウッチャンナンチャンでまた何かやりたい』と語り合い、期待が高まっています」(テレビ局関係者)

 番組では「共演するとしたらどこの局か」という話題に。松本は「フジテレビはツメが甘い」「やっぱり日テレかTBSでしょ」と言いながら、こう漏らした。

「テレ朝は出れないわけやからな」

 ネタとして言ったこの発言だが、テレビ界はざわついた。芸能評論家の三杉武氏が語る。

「松本はこれまでも何度か『テレ朝は出禁』などと番組で発言していますが、確かにコンビとしては10年以上出演していない。一説にはかつて吉本がダウンタウンを活かしきれなかったテレ朝に不満を持ったことが理由だと言われていますが、真偽は分かりません。

 関係者に動揺が広がったのは、内村も同じような状況だからです。内村は番組で共演した徳永有美アナとの不倫騒動以降、テレ朝への出演がありません。しかし現在は妻である徳永アナが『報ステ』に起用されており、局内には内村復帰待望論が出ていると聞きます。もちろんテレ朝としては松本にも出てもらいたいでしょう。2人が意外性を狙ってあえてテレ朝を選んで共演する可能性もあり得ます」(同前)

 出禁説についてテレ朝は「ご指摘のような認識は全くございません」(広報部)とのこと。今度はテレ朝で逢えたら?

※週刊ポスト2021年9月17・24日号