映画史・時代劇研究家の春日太一氏による、週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、俳優の永島敏行が、イギリス留学で受けたボイストレーニングによって気づいた芝居について語った言葉を紹介する。

 * * *
 永島敏行は一九八七年、ボイストレーニングのため、イギリスに留学している。それまで演技の基礎的な技術の練習をしないままキャリアを重ねてきた永島にとって、初めての経験となった。

「最初の舞台は帝国劇場でした。でも、舞台ってあまり好きじゃないなと思ったんです。

 言われた型にはまらなきゃいけないというようなところがあって。それにギリシア神話なんて読んだこともないし、なんだか難しいと思いながらも、やり通したんですよね。

 その時にマーチン・ネーラーさんという演劇プロデューサーに『君、ボイストレーニングしたほうがいいよ』と言われて。野球部でしたから、大きな声は出しているはずでした。それが『君が舞台で出している声はお客には通じない。ただ張り上げている声なので、お客の耳に届かない。それをちゃんと勉強したほうがいいよ』と言われて、生まれて初めて演劇の勉強をしようと思ったんです。

 それで銀行でお金を借りてイギリスに行ったんです。三か月くらい仕事を空けて。

 ロイヤル・シェイクスピア劇団についているボイストレーナーに教わったのですが、これが非常に楽しかった。

 芝居はリラックスすることだというんです。リラックスさせて声を自分の身体に響かせ、自分の腹から声を出すのと同時に感情も出ていくという。それを三か月やっていくうちに、通る声になりました。

 それから、向こうの教え方は褒めて伸ばすんです。自信を持つことで自分を解放させてリラックスができるという」

 留学を経たことで得るものは大きかった一方で、ある「落とし穴」に落ちかけたともいう。

「せりふは音色だと気づいたんです。言葉は音楽で、だからこそ聴く側の感情も動いていくんだと教わりました。

 でも、映画は言葉の音色を作り過ぎちゃうと、今度はかえって嘘っぽくなるんですよね。そのさじ加減が難しくなりました。

 それから、自分の声に酔っちゃうことも出てくるんです。それまでは自分の声に酔うことはありませんでしたが、『こんな声も出るんだ』と思ったら酔っちゃうことがあるんです。そこは落とし穴でしたね。

 それまでは、芝居ができなかったからこそのリアルだったのかもしれません。できるようになってくると、かえってフィクションになってしまう。このさじ加減が本当に難しい。経験を積んで、分かったようにやっちゃうと、観る側は見抜くんです。

 ですから、芝居の上手い下手ってないなと思うようになりました。お客はエネルギーを観に来ていると思うんです。エネルギーを出すことで、初めて観る側に訴えかけられるのかなと。

 自分が観る側になっても、下手な芝居の方が決まりきった芝居よりもその人の持っているエネルギーを訴えかけられる。

 それは映画も同じです。やっぱりその現場のエネルギーが映る。ですからスタッフのエネルギーに負けないものを俳優は出していかないといけません」

【プロフィール】
春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『すべての道は役者に通ず』(小学館)が発売中。

撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2021年9月17・24日号