プライベートでの交遊関係を紹介するテレビ番組などは多くあるが、石原さとみ(34才)と鈴木奈々(33才)、さらに加藤茶の妻・加藤綾菜(33才)の3人がつながっていたと知る人は少ないだろう。なぜ3人は関係を深めることになったのか?

 心理学の世界に、「類似性の法則」という考えがある。何も難しい話ではなく、共通点が多いほど、人は相手に親近感を抱くということで、要するに「類は友を呼ぶ」。意外すぎる3人の女性たちの強いつながりも、この「類似性の法則」によるものなのだろうか──。

 石原さとみ(34才)が、大役を務め終え、ほっと胸をなでおろす。

「東京オリンピック&パラリンピック聖火リレーの公式アンバサダーという、2年9か月にも及ぶ大役が終わったんです。開催が延期されたことで、緊張の毎日だったでしょうね。ようやく、のびのびと新婚生活を楽しめるのではないでしょうか」(芸能記者)

 昨年10月に、一般男性との結婚を電撃発表してから、はや1年が経とうとしている。

「今後はCMや単発の仕事には出演しますが、一時期のように連ドラの主役などの長期ロケが必要な仕事はセーブするとのこと。妊活を意識していると聞いています。しばらくは、旦那さんといる時間を優先することになりそうです」(前出・芸能記者)

 結婚発表時には、“夫がテレワークで部下に優しく語りかける様子に惹かれた”と語った石原。幸せな新婚生活が目に浮かぶようだが、そんな石原がいま、とある女性のことで胸を痛めているという。

「タレントの鈴木奈々さん(33才)の体調が気になって気になって仕方ないみたいです。頻繁に連絡を取っているそうですよ」(テレビ局関係者)

 鈴木といえば、テレビで人気のおバカタレントだ。雑誌『Popteen』のモデルとして人気を博してから、その明るさが重宝され、バラエティーにCMにと活躍の幅を広げてきた。そんな鈴木が、今年8月から突如、当面の間、芸能活動から離れて休養をとると発表した。

「7月下旬から、体調を崩してしまったようです。最近、テレビ番組で『朝からうるさいと言われる』と突然涙ながらに告白して心配されていました。週刊誌が毎年企画している『嫌いな女ランキング』のトップ3の常連だったことも気に病んでいたようです」(前出・テレビ局関係者)

 その鈴木のことを、石原が放っておけない、というのだ。

「知られていませんが、石原さんと鈴木さんはとても仲がいいんです。お互いを本名で呼び合うほどで、石原さんは鈴木さんが休養に入る前から、いろいろと相談に乗っていました。彼女にとって、石原さんは精神的な支えになっているようです」(共通の知人)

 国民的女優とおバカタレント──2人の意外な接点は後述するが、五輪関連の仕事で多忙を極めた石原が、それでも鈴木を支えようと動いている関係の深さに驚くばかりである。

新・奥様会の結成

 2人の仲にはもう1人、意外な親友が登場する。加藤茶(78才)の妻、加藤綾菜(33才)だ。2011年に結婚し、“45才差婚”と世間から驚かれてからはや10年が経つ。これまで綾菜は鈴木の、鈴木は綾菜のSNSに何度も登場し、親密ぶりを披露していた。そして、石原と綾菜も同じく親しい間柄にあるという。

「加藤夫妻が結婚してからの交遊なので、もう結構長いですね。もともと石原さんは、夫の加藤さん側の知り合いでしたが、年齢が近いこともあって、綾菜さんと意気投合。石原さんは以前、IT社長と交際をしていたのですが、そのときの恋の相談相手が綾菜さんでした。昨年春には、石原さんが加藤夫妻に、自身が通うジムのトレーナーを紹介したりと、深い関係が続いていますね。

 もともと、結婚願望の強かった石原さんですが、加藤夫妻の仲睦まじい姿を見るにつれ、結婚をより強く意識するようになったそうです」(前出・共通の知人)

 この3人のつながりが、いま、鈴木の心を癒しているという。

「石原さんと綾菜さんで、精神的に落ち込んでいる鈴木さんを励ましているようです。綾菜さんも結婚当時、“カネ目当て婚”などと激しいバッシングをされた経験がありますし、有名になればなるだけ批判も多く出るものですから、石原さんも同様の苦労を知っている。それぞれがつらい経験を乗り越えたときのことを語りながら、励ましているのではないでしょうか」(前出・共通の知人)

 しかし、どうやってこのメンバーが集まったのだろうか。これまで石原はテレビで2人と共演したことはなく、彼女の口から「友人である」と明かしたこともない。

「実は3人には強いつながりがあるんです。石原さんは中学高校と、宗教団体が母体となる学校に通っていましたが、鈴木さん、彩菜さんもその宗教団体が発行するメディアに登場するなど、関係は深いとみられています」
(前出・テレビ局関係者)

 綾菜は、2020年1月発行の宗教団体の機関誌で、夫の加藤とともにインタビューを受けている。

《ある時、「私、学会員なんです」と彼女から打ち明けられ、そこで「実は僕も」と》と、加藤が語れば、《友人に仏法の素晴らしさを伝えたりしていく中、4人の方が入会してくれました》と、綾菜も答えるのだ。

 そして鈴木。彼女がブログで、好きな言葉について触れた際、 “冬は必ず春となる”そして、“桜梅桃李”という2つをあげた。

「桜梅桃李は、それぞれ別の花を咲かせることから、人は皆それぞれという意味で、その宗教団体の信者が好む言葉なのです。彼女がこのブログを公開したときには “この言葉を躊躇なくブログに書く鈴木奈々ちゃんすごい”といった感嘆するコメントが数多く寄せられていました。その後、鈴木さんも機関誌の巻頭インタビューに出ています」(芸能関係者)

 3人にはもう1つ、別の共通点もある。妻であること、そして子供がいないことだ。石原が妊活中なのは前述の通りだが、2014年に結婚した鈴木も同じだという。

「『赤ちゃんが欲しい』(主婦の友社)という妊活雑誌があるのですが、4年ほど前からその誌面で妊活について語っています。ご主人とのスキンシップが減っていることに悩んだり、冷え症の改善を心掛けたりと包み隠さない素直な姿勢がウケて、何度も表紙を飾っています」(別の芸能関係者)

 実は、綾菜も妊活にトライしていた時期がある。

「結婚直後は60代と23才の夫婦でしたしね。ただ、茶さんも78才になりましたし、大病を患ってからは、夫婦ふたりの時間を大切にするように考えを変えたようです」(加藤の知人)

 同じ価値観を持ち、同じ関心事がある3人が集まれば、話が合うのも当然のこと。鈴木の休養という冬が去り、“新・奥様会”によって春が訪れるのも、すぐそこだろう。

※女性セブン2021年9月23日号