NHKきっての人気を誇る桑子真帆アナ(34才)のフリー転身が、いよいよ現実味を帯びてきた。9月1日には、かねてより交際していた俳優の小澤征悦(47才)と結婚。これまで何度もフリー転身がささやかれてきたが、長きにわたる交際の末に身を固めたことで、“いよいよか?”と見られているのだ。

 桑子アナは東京外国語大学を卒業し、2010年にNHKに入局。長野放送局、広島放送局を経て東京に移ると、『ブラタモリ』のアシスタント、『ニュースウオッチ9』のキャスター、『紅白歌合戦』の総合司会など、局の看板番組を歴任してきた。

「ミスコン出身でない桑子アナは、入局時は注目の存在ではありませんでしたが、人気に火が付いたのが『ブラタモリ』への抜擢です。タモリとは親子以上に年が離れていますが、物怖じしない度胸と素直な反応は視聴者に好評で、番組卒業の際にはタモリも『性格が良く、お高くとまっていない良い子でした』と絶賛したほどでした。

 それ以降、『ブラタモリ』のアシスタントはNHKの女性アナの出世ルートになっており、桑子アナはその後、ニュース番組や紅白の司会など、幅広いジャンルの番組を経験。東京五輪でも閉会式の実況を担当しており、名実ともにNHKを支える看板アナです」(女子アナウォッチャー)

 アナウンサーとしてパーフェクトに近い経歴を持つ桑子アナ。ただ、そんな彼女にもつらい過去がある。2017年にフジテレビの谷岡慎一アナと結婚したものの、わずか1年で結婚生活が破綻したのだ。

「局の垣根を越えて結ばれた2人でしたが、桑子アナは夜9時台のニュース、夫は午前の情報番組やスポーツ中継を担当していたため、生活が完全にすれ違いになり、スピード離婚に至ったようです。

 めでたく再婚した桑子アナですが、現在は早朝番組『おはよう日本』を担当しており、まだ夜も明けぬうちに出社する生活。俳優の夫も生活は不規則で、また同じ轍を踏みかねません。そのため、フリー転身するのではないかと言わているのです」(芸能ライター)

 順調なキャリアを歩む彼女だが、東京五輪という一大イベントが終了したタイミングでの入籍は、新たなステップに進む意志の現れと見ることもできる。フリーに転身した場合、活躍することはできるのか?

「NHKは給与が高いことで知られ、30才前後で年収が1000万円に届く局員もザラ。ただ、桑子アナほどの人気アナがフリーに転身すれば、たちまち収入が数倍に膨れ上がるのは確実です。何しろ彼女は、『ブラタモリ』でタモリと渡り合い、3度にわたって紅白の司会を担当したキャリアの持ち主。一方では夜9時台のニュースも担当し、報道番組からバラエティ番組まで、どんな番組でも任せられます。

 NHKにいれば、人気アナウンサーといえども一局員なので、仕事は選べず、通勤は電車で、拘束時間も長い。フリーになれば引っ張りだこになるのは確実で、労働時間は減り、収入は増えるのですから、チャンスがあるならやらない手はないでしょう。

 また、局内のシビアな事情もあります。現在、NHKの女性アナの2トップは、東京五輪の開閉会式を担当した桑子アナと和久田麻由子アナと言われていますが、桑子アナが閉会式担当だったのに対し、和久田アナはより注目度の高い開会式。しかもほぼノーミスだった和久田アナの実況には絶賛の声が上がりました。桑子アナは、和久田アナに大きく水をあけられた格好です。それならば、“高く売れるうちに辞める”という道を選ぶのは至極当たり前のこと。とりわけ自局の女性アナが弱いTBSやテレビ朝日あたりは、すぐにでも来てほしいはずです」(テレビ関係者)

 フリーで活躍する有働由美子、膳場貴子、10月から『報道ステーション』(テレビ朝日)のキャスターを務めることが決定している大越健介など、NHK出身アナはとにかく引く手あまた。桑子アナの今後にますます注目だ。