現在、TBSラジオにて、月曜深夜や月〜木午前中の2時間半の帯番組を任される人気パーソナリティーの伊集院光(53才)に“パワハラ疑惑”が浮上した。伊集院は、『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ)で月曜アシスタントを務める元TBSの新井麻希アナ(39才)に対して、トーク中や本番以外の場面で度々厳しいダメ出しをすることがあった。そして、決定打となったのは、8月23日のこと。

「伊集院さんが『いま新井は降板スレスレのラインだからな!』と怒鳴ったんです。フリーアナウンサーにとって“降板”は、仕事を失うと同じ意味で、これ以上ないほど重い言葉。積み重なったストレスが頂点に達し、新井さんが番組関係者に相談をしたのです」(ラジオ局関係者)

 そして、8月30日放送から新井アナが2週にわたって夏休みに入ることが発表された。また、その後、伊集院も入れ替わりで2週間の夏休みを取り、その間に新井アナが番組に出演、そこで最後のあいさつをして、9月20日の放送をもって降板することが決まったという。

 飄々とした語り口、目尻の下がった笑顔、人を安心させるふくよかな体形、どれをとってもパワハラとは縁遠く見える伊集院だが、番組関係者の間では、彼の厳しい顔も知られていた。

「彼は賢くて、理論武装に隙がありません。仕事への情熱がそうさせるのですが、逆に、そのレベルに達していないと思うや叱咤激励の意味を込めて論破してしまうところがあります。実は、若手局員も、『育休する社員の穴埋めで』という名目で伊集院さんの番組から離れることになっています」(前出・ラジオ局関係者)

 今年3月には“LINE事件”も起きていた。番組スタッフが伊集院への愚痴を、伊集院本人も見られるLINEグループに誤って投稿してしまったのだ。伊集院はこのエピソードをラジオで暴露した。

「本人は笑い話にしようと彼なりの気遣いでオチを付けていましたが、スタッフ側にしてみれば“公開処刑”と取る人もいて、笑いがひきつっていた。今回のパワハラ騒動についても、彼自身、どこまで重く考えているのかはわかりません」(前出・ラジオ局関係者)

 一方で、伊集院に同情的な見方をする人物もいる。

「最近の伊集院さんは、かわいがっていた犬を亡くしたペットロスもあり、精神的に不安定なようでした。だからこそ、若いスタッフはどう接していいのかわからないのでしょう。最近は、いつにも増して腫れ物に触るような空気が漂っていました」(芸能関係者)

 今回の顛末を知る別の芸能関係者は、こうつぶやく。

「落語家修業時代の師匠による厳しい指導や徒弟制度が染みついているのかもしれません。でも、いまの時代、本人は“指導”のつもりでも、相手の受け取り方次第で“パワハラ”になります。伊集院さんと新井アナの間にも師弟関係に近いものがあった時期もありました。しかし、いつからか、新井アナが伊集院さんの指導についていけなくなった。こうなったらいまの時代、変わらないといけないのは師の方なんです」

 解剖学者の養老孟司との共著『世間とズレちゃうのはしょうがない』(PHP)のなかで、伊集院は落語家修業時代を振り返りながら、以下のように語っている。

《僕も自分のした我慢はたまたま自分にあっていたからといって、次に続く人もそうだと決めるのは間違っていると思います。僕の我慢は大きな目で見れば、『したくてした我慢』ということで、自分の選択だったんだと自覚しなければいけないんでしょうね》

※女性セブン2021年9月30日・10月7日号