8月20日より公開中の松坂桃李(32才)主演の映画『孤狼の血 LEVEL2』。封切りから最初の3日間で13万6000人を動員し、興行収入1億9300万円の好スタートを切った。SNSなどの口コミでは、「スクリーンから伝わる松坂桃李の熱量が凄まじい」、「今まで見たことのない松坂桃李から目が離せなかった」といったコメントが多く並ぶ。今作の松坂が注目を集める理由について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。

 * * *
 バイオレンスな描写が多いハードな世界観の作品にもかかわらず、封切り早々大きな話題を呼んでいる映画『孤狼の血 LEVEL2』。豪華キャスト陣の誰も彼もが個性的な役に扮し見ごたえ十分なのだが、その中でも注目を集めているのが鈴木亮平(38才)の怪演だ。筆者も彼の演技には戦慄した。しかし、ここではあえて、鈴木の演技を際立たせている主演の松坂の魅力について見ていきたい。鈴木の怪演は、受け手の力があってこそ成立するものだと思うからだ。

 本作は、広島の裏社会で奮闘する、若き刑事の姿を描いたもの。2018年に公開され、数々の映画賞を総ナメにした『孤狼の血』の続編で、作家・柚月裕子(53才)による小説『孤狼の血』シリーズ三部作を白石和彌監督(46才)が映画化した。前作で主演を務めた役所広司(65才)から松坂がバトンを引き継ぎ、今回では原作には描かれていないオリジナルストーリーが展開。息つく暇もない、男たちの肉体と魂のぶつかり合いが繰り広げられている。

 物語のあらすじはこうだ。一匹狼の刑事・日岡(松坂)は、3年前に暴力組織の抗争に巻き込まれて殺害されたマル暴の刑事・大上の後を継ぎ、街の秩序を維持するため、警察と裏社会のタイトロープを担い続けていた。ところが、圧倒的極悪人・上林(鈴木)の登場によってそれまで保たれていた秩序は徐々に崩壊し、日岡は窮地に追い込まれていくことになる。

 日本映画界に衝撃を与えた作品 の続編とあって、今作にも鈴木を筆頭に、吉田鋼太郎(62才)、中村梅雀(65才)、寺島進(57才)、斎藤工(40才)、早乙女太一(29才)、村上虹郎(24才)ら錚々たる顔ぶれが集結している。誰もが「続編」への参戦に相応しいキャリアを誇る俳優たちだ。音尾琢真(45才)や滝藤賢一(44才)、中村獅童(49才)ら前作からの続投組の暴れっぷりも健在で、それぞれのポジションは異なれど、各々のやり方で物語をかき回している。この面々の中心に立ち、見事に作品を成功に導いているのが松坂桃李なのだ。

 今作における松坂の責務は重大だ。先に述べたように、現在の日本映画界に欠かせない“大物”たちのトップに彼は立たなければならない。しかも、前作を成功に導いた役所の後を継いでのこと。並々ならぬプレッシャーがあったのではないかと思う。また今作では、その役どころからして“主役を食う”ほどの圧倒的な存在感を放つ鈴木亮平が登場し、“第2の主人公”と呼びたくなる村上虹郎の好演も光っている。彼らを打ち負かすような目立ち方をすれば良いというものでもないし、“タイトロープ”という役どころなだけあって、バランスが大切だ。松坂は時に穏やかに、時にエネルギーを爆発させて、日岡という1人の人間を掘り下げ、丁寧に演じ上げていると思う。

 松坂といえば、作品ごとにいつも新鮮な驚きを与えてくれる俳優だ。映画、ドラマ、舞台にと、演じる役ごとにこちらのイメージを裏切ってくる。そんな中でも近年は、どうにも冴えない若者であったり、何かに激しく葛藤するキャラクターであったり、観ていて手を差し伸べたくなるような役柄に特によくハマってきた印象だ。2019年公開の映画『新聞記者』や『蜜蜂と遠雷』、今年公開された『あの頃。』や『いのちの停車場』で演じたキャラクターたちがそれに当たるのではないだろうか。とりわけ「葛藤」というものは、松坂を語る上で重要なキーワードだと思う。何より、警察内部のスパイに扮した前作『孤狼の血』での松坂こそ、まさに葛藤を抱える役どころであった。

 今作での松坂も、観客を鮮やかに裏切ってくる。面構えや声色にも凄みが宿っているが、まだ若い刑事役とあって、前作の役所ともまた違う魅力を放っている。いくら目的のためには手段を選ばない刑事役とはいえ、根の部分にはまだ消しきれていない日岡という人間の“弱さ”や“優しさ”のようなものが残っており、それが本作ではカギになっていると感じた。

今作でもやはり松坂の得意とする“葛藤”の演技が光っている。本作では、松坂桃李だからこそ体現できる主人公像を立ち上げ、荒くれ者たちを束ね、作品を率いているのである。鈴木や村上などの目を引く存在がありながらも、最終的に“主役の座”を取り戻すクライマックスの振り切れ具合は、松坂の俳優としての真骨頂が力強く感じられるものだった。

【折田侑駿】
文筆家。1990年生まれ。映画や演劇、俳優、文学、服飾、酒場など幅広くカバーし、映画の劇場パンフレットに多数寄稿のほか、映画トーク番組「活弁シネマ倶楽部」ではMCを務めている。