「なんもかんも、ぶっ壊れりゃあええんじゃい!」。ドスの利いた広島弁をまくし立てながら、カタギも親分も見境なし。アイスピックを頭に突き刺し、目玉を抉り取り、生きたまま火をつける、暴虐と殺戮の限りを尽くすヤクザの組長──公開中の映画『孤狼の血 LEVEL2』の鈴木亮平(38)に観客が騒然としている。

 鈴木と言えば、7月クールのドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』(TBS系)で患者の治療に命をかけるまっすぐな救急救命医を演じたばかり。9月12日の最終回では妹の命を奪った宿敵まで救う、どこまでも愚直な姿勢が視聴者の胸を打ち、平均視聴率19.5%を記録した。

〈勇気、希望、元気、全てをもらった〉
〈映画化を希望します〉

 放送終了後、SNSには視聴者の絶賛コメントが溢れた。鈴木はその裏で、銀幕に焼き付くほどの血まみれの狂気を見せているのだ。

「心の底から絶叫した」

「すごい振り幅ですよね」

 そう言って笑うのは、『孤狼の血』シリーズでメガホンを取る白石和彌監督(46)。広島県を舞台に暴力団と警察の血みどろの戦いを描いた同作で、ヤクザの組長・上林成浩を演じた鈴木の役作りに驚かされたという。

「とにかく役の入れ込みを始めるのが早い。方言のある台本の場合、2か月前くらいに方言のテープを作って役者さんに渡すのが通例です。上林は広島弁ですが、亮平君は撮影に入る半年前には台本に書いてある広島弁は全てマスターしていた。

 もう一つ驚いたのは、作中に出てこない、前作で殺された親分と上林の関係性を考察し、“こうですか”と直接問い合わせてくれたこと。親分と出会ってから今に至るまでの極めて細かい設定を、彼なりに作り上げているんです。私自身はそこまで深く設定を考えていたわけではなかったので、亮平君のおかげで上林の狂気に深みが出ました。

 劇中で坊主にする時も、“やります”と即答。次の仕事は大丈夫かと聞くと、“なんとかしますよ”とニヤリと笑うんです。頭が下がりますよ」

 劇中で鈴木に惨殺されるピアノ講師を演じた筧美和子(27)は、目の当たりにした彼の演技についてこう話す。

「どんな痛みがあるのか、体はどのようにこわばり、震え、どんな声で叫び声をあげるのか、撮影前は頭の中で何度も何度もシミュレーションをしました。そうして臨んだ本番だったのですが、想像以上に恐ろしい鈴木さんの言葉、表情、そして目に見えない殺気を感じ、心の底から沸き上がった絶叫でした。

 鈴木さんに呼応するように私の苦しみもリアルなものになったと思います。鈴木さんの本気の芝居が共演者の芝居のレベルすら上げてしまう。得がたい体験をさせていただきました。

 でもカメラがないところでは本当に優しくて常に気遣ってくださいました。私もこんな役者になりたいと思わされました」

「昭和の役者」の匂い

 鈴木の徹底した役作りが遺憾なく発揮されたのが、2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』だ。若き日のスマートな「西郷吉之助」から晩年の恰幅のいい「西郷さん」まで、体重を自在に増減させて演じきった。

『西郷どん』で西郷隆盛の祖父を演じた大村崑(89)は、鈴木に昔気質の役者魂を見たと話す。

「初めての本読み(セリフ合わせ)の場で、僕は時代背景を考えて浴衣を着て、雪駄を履き、カンカン帽を被って行ったんです。若い役者さんたちは、本読み段階はみんな半パンやGパン、それも破れたような格好で来る。立ち稽古でもそんな恰好だったりね。でも、僕は、昔の役者さんは本読みでも本気だったということを見せたかった。

 すると亮平君だけが、翌日の本読みから黒の浴衣を着て出てくるようになったんです。僕は彼にもスタッフにも何も言っていなかったんですが、僕の意図するところを彼だけがすぐにくみ取ってくれた。座長の亮平君が浴衣を着るようになると、全役者が子役に至るまで浴衣で本読みをするようになりました。彼には“昭和の役者”の匂いを感じました」

 そんな大村は、自身の最後の収録のことが忘れられないという。

「僕は7話目に死んじゃうんですが、収録後に亮平君から花束をいただきました。その時、“じじい、短い期間でしたが、ありがとうね。じじいがいなくなると寂しい。私生活では長生きしてくださいね”といってハグしてくれた。その瞬間、涙がドカンと出ましたよ。

 撮影には次男が立ち会っていたんですが、“お父さん、いい孫ができてよかったね”と。そう言わせるほどの雰囲気を持った役者でした」(大村)

 原作者の林真理子氏(67)も、「吉之助が鈴木さんで良かった」と話す。

「当時は“まだ大河の主役は早いのでは”という雰囲気もありましたが、思い描く通りの西郷さんでした。難しい役だったと思いますが、無邪気な若者時代から、やがて国の維新を背負うようになり、最後の西南戦争に突き進んでいく苦悩まで、とても上手く表現されていた。

 国の重要人物になっても、ニコッと笑って人を惹きつける、西郷のキャラクターを見事に演じていました。島津斉彬役の渡辺謙さんにアドバイスをもらうなどいろいろなことを吸収されたようですが、『西郷どん』を機に俳優としてすごく飛躍されたと感じます。

 そうそう、『西郷どん』がきっかけで何度かお目にかかり、2018年に私が紫綬褒章をいただいた時はお祝いの席にも駆け付けてくれて、ギターを弾いてくれました」

1か月半で30kg増量

 2006年に俳優デビューした鈴木は2010年に映画初主演。翌年に一般女性と結婚。下積み時代を経てその名が全国区になったのは2014年のNHK朝ドラ・『花子とアン』だ。吉高由里子演じる主人公・花子の夫役として、脚本・中園ミホ氏の熱烈オファーにより実現した。

「『花子とアン』では、奥さんがいながら花子に想いを寄せられるという、朝ドラ的にも難しい役どころでした。でも誠実さと正義感を貫いて、奥さんが長い闘病生活の末に病気で亡くなった後、ようやく花子と結ばれる。男の不器用さを表現した時の彼は、女性から見て本当に魅力的に映る。

 前年にはパンツを被り悪を成敗するコメディ映画『HK/変態仮面』の主人公を演じている。あれを本気で演じたことで、制作側からの信頼も大きくなりました」(コラムニストのペリー荻野氏)

 役作りのための“肉体改造”も鈴木の真骨頂だ。2015年、ドラマ『天皇の料理番』(TBS系)のために20kg体重を落としたと思ったら、同年の映画『俺物語!!』では一転、“身長2m、体重120kg”という設定のために一気に30kgも増量した。

『天皇の料理番』のクランクアップが4月9日、『俺物語!!』のクランクインが5月20日。わずかひと月あまりで劇的な変身を遂げた。

 鈴木は自己流でトレーニングプランを作成し、プロテインの摂り方も徹底的に研究したという。映画評論家の町山智浩氏が語る。

「鈴木亮平をただ者ではないと思って見始めたのは『天皇の料理番』の時です。やせ細っていく病人としての役柄に合わせて少しずつ体重を減らしていった。声も徐々に細くなっていき、役者としての執念を感じました。

『孤狼の血 LEVEL2』でもコンプレックスでずっと隠していた尖った耳を、その悪魔的キャラのためにあえて晒したそうです」

 白石監督によれば、「亮平君が自ら揉み上げを剃った写真を、“こんな髪形はどうか”と提案してきた」という。

松田優作を超えるか

 白石監督は映画『ひとよ』(2019年)でも鈴木を起用したが、その役者バカぶりに感心したと語る。

「吃音を持った役だったので、一緒に吃音を研究している大学の先生に会いに行きました。そこから輪を広げて、当事者の方5、6人に会った。お話をするうちに“この方の吃音が役に近い”というイメージが固まったのですが、出会えていなかったら彼はその後もずっと役のイメージに合う方に辿りつくまで探し続けていたと思います。

『ひとよ』のクランクインの直前まで、亮平君は『燃えよ剣』(2021年10月15日公開予定)の撮影が入っていたのですが、終わってからでは役作りが間に合わないというので、その前から吃音の練習を始めた。『燃えよ剣』の撮影なのに大丈夫かと聞いたら、“そこは分けて考えられるので大丈夫です”と言っていました」

 そんな鈴木には、長年抱いた野望があると、白石監督が明かす。

「アメリカ進出です。ある時、彼に東京外国語大学に行った理由を聞いたら、『将来、ハリウッドで芝居をするために、英語がしゃべれる大学に行きました』と話していた。

 例えば亮平君は右の眉毛だけ上下に動かすとか、顔の筋肉のこのパーツだけを動かすとか、いろんな技があるのですが、20歳くらいの頃から鏡を見たりしながら訓練していたそうです。

 彼曰く、『僕の顔はのっぺりしているから、意識して動かさないと表情がはっきりしない』って。この技術は『孤狼の血 LEVEL2』の上林役でも存分に生かされている。チャンスがきた時のために、できることは全てやっている」

 前出の町山氏はこう語る。

「『孤狼の血 LEVEL2』でスタントを一切使わずに激しいアクションに挑んだあのガッツと、堪能な英語力。かつて松田優作が『ブラック・レイン』で凶暴なヤクザを演じ世界中を興奮の渦に巻き込みましたが、それ以来のインパクトを残せる日本人俳優は鈴木だけでしょう」

 世界のスズキになる日は近い。

※週刊ポスト2021年10月1日号