週刊誌での懺悔告白が話題を呼ぶ小山田圭吾氏の辞任問題をはじめ、数々の批判を浴びた東京オリンピック開会式と対照的に、いまだに賛辞の声が止まないのがパラリンピックの閉会式である。東京の高層ビルなどを模した巨大オブジェで東京の街並みを「ダイバーシティ」として表現した演出が「モダンでデジタルな仕掛けを超え、『すべての違いが輝く街』というテーマをより幅広い観点で捉えていた」(英ガーディアン紙)と世界で絶賛された。
 
 その後、ショーディレクターを務めたのが俳優でイベントプロデューサーの小橋賢児氏だったことが発表され話題を呼んだが、舞台美術デザイナーがタランティーノ監督作『キル・ビル』などに携わった種田陽平氏だったことも、一部で注目を集めた。

 この2人には25年前に接点があり、「それがこの閉会式の原点だったのではないか」と囁かれている。1996年に公開された岩井俊二監督の映画『スワロウテイル』である。映画関係者は言う。

「架空の歴史をたどった日本にある街『円都』(イェン・タウン)を舞台に移民たちを描いたこの作品は、まさに今回の閉会式で表現されたダイバーシティを先取った世界観でした。CHARAさんや三上博史さん、江口洋介さんら豪華キャストが集った本作で、若手俳優だった小橋さんは不良少年グループのリーダー役に抜擢され、一躍脚光を浴びました」

 当時30代だった種田氏も本作でダークな円都の世界観を見事に表現し、日本アカデミー賞・優秀美術賞を受賞。

「2人にとって本作は創作の原点であり、架空の東京をダイバーシティのコンセプトで描き出す閉会式のテーマは、『スワロウテイル』を意識しながら、それをカラフルに明るく発展させたものだったのではないでしょうか」(同前)

 映画評論家の前田有一氏もこう言う。

「種田さんは今でこそ世界的なデザイナーですが、『スワロウテイル』の頃は、そこまで知名度はなかった。しかし同作から現在に至るまでの関わった仕事には『世界がイメージする日本らしさ、でも実際の日本とは少し違う世界』という通底する世界観があり、どこか現実を超越したイメージや空間を作り出すのがとても上手い舞台美術デザイナーという印象があります。

 例えばタランティーノ監督の『キル・ビル』での仕事にしても、リアルな時代劇でなく、エキゾチックで絵的に映える舞台芸術的な側面がいかんなく発揮されています。日本的でありながらも、コスモポリタンでインターナショナルな世界観を持った方というイメージがあるので、今回の仕事はうってつけだったのかもしれません。

 演出を担当した小橋さんも年齢の割にはキャリア長く、最近は世界を放浪し様々な経験をしてきた。『スワロウテイル』以降、2人がどのような関わりがあったのかは分かりませんが、小橋さんが種田さんの作品をチェックしていたのは間違いないはず。演出を担当した当初から、きっと種田さんのことが頭にあったのでしょう。開閉式も日本的なイメージを散りばめながらも、普遍的な世界観、イメージを作り上げたことが成功に繋がったと思います」

 すべてが付け焼き刃だったオリンピックの閉会式とは対照的に、長年培ってきた一貫した世界観が、あの閉会式に結実したのだろう。