映画番組『金曜ロードショー』(日本テレビ系)では、昨年から「もう一度見たい映画」を視聴者から募集。その結果、放送されたのが1980年代ハリウッド映画の傑作の数々だった。それほどこの時代の映画はおもしろかったのだ。

「1970年代前半までは、監督が作りたい映画を追求する、いわば芸術作品が多かったのですが、『ジョーズ』(1975年)、『ロッキー』(1977年)などの大ヒット映画の登場で大資本が入るように。それにより1970年代後半から1980年代にかけては、ビジネス手腕に長けた人材が映画会社に加わり、映画の作り方が変わっていきました」(映画評論家・町山智浩さん)

 監督の意向よりも、観客が見たいものが重視され、市場ではマーケティングが実施された。その結果に基づいた作品が作られるようになると、観客も増え、巨額を投じた娯楽大作が多数生み出されるようになった。

「この時期は、映画と音楽が連動した“メディアミックス”も盛んになり、映画に使われた音楽やファッションも流行を牽引していきました」(町山さん)

 たとえば、レイ・パーカー・ジュニアによる『ゴーストバスターズ』(1984年)の主題歌は、アメリカはもちろん日本でもヒット。オリコン洋楽シングルチャートで6週連続第1位を記録した。1980年代ハリウッド映画はさまざまな流行を巻き込み、一大産業となったのだ。

ルーカスとスピルバーグがハリウッド映画界を牽引

 そんなハリウッド映画を牽引したのは、『スター・ウォーズ』シリーズ(1977年〜)を製作したジョージ・ルーカスと『E.T.』などの監督スティーヴン・スピルバーグだと、映画大好き芸人のこがけんさんは言う。

「それまでは、“子供だまし”と扱われることもあったSFというジャンルを確立させた立役者だったと思います。また、好景気に沸く1980年代は、夢や希望にあふれた作品が好まれましたが、一連のスピルバーグ作品に見られる、シリアスなシーンにギャグを入れこむスタイルは、時代の潮流に合っていたと思います」(こがけんさん)

 荒唐無稽な冒険活劇やSF、激しいアクション作品が多数受け入れられたのは、より刺激的なエンターテインメントが求められたからだろう。

「この時代の作品は、いま見ると残酷な描写や差別的な表現が意外と多いんです。しかし当時の観客には、それらを“ノリ”で笑い飛ばせる大らかさがあった。映画(フィクション)と現実を区別して楽しめる余裕は、好景気が土台にあったからこそと言えるでしょう」(こがけんさん)

 コロナ禍の鬱屈した雰囲気のいま、心の余裕はないかもしれない。しかし当時を思い出しながら改めて1980年代映画の世界に没頭すれば、ひとときの夢を楽しめるだろう。

 そこで女性セブンは読者1763人を対象に「80年代ハリウッド映画総選挙」として、好きな80年代の名作映画についてのアンケートを実施。その結果を1位から10位にまで紹介します。

1位 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985年)

【DATA】
製作総指揮/スティーヴン・スピルバーグ、キャスリーン・ケネディ、フランク・マーシャル 監督/ロバート・ゼメキス 出演/マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド ほか

【あらすじ】
 高校生のマーティ(マイケル・J・フォックス)は、近所に住む科学者・ドク(クリストファー・ロイド)が愛車を改造して開発したタイムマシンの実験を手伝っていた。ところがその過程で事件が起こり、1985年から、マーティの両親が高校生だった1955年の世界へとタイムスリップしてしまい……。全米で大ヒットを記録し、その後、第2作(1989年)、第3作(1990年)と続編も製作された。

【読者の声】
「過去や未来を行き来するストーリーが刺激的でしたね。元の時代に帰れるのか、タイムリミットに間に合うのか、ハラハラドキドキがすごかった!」(41才・会社員)
「ドクのキャラクターが濃くて、彼が出てくるたびに笑っていた記憶があります」(42才・会社員)
「機械がたくさん搭載された「デロリアン」がかっこよくて乗ってみたかったですね。音楽もストーリーもテンポがよく、登場人物も多すぎないので、わかりやすく楽しめました」(51才・専業主婦)
「高校時代にレンタルして見ました。おもしろすぎて、シリーズ3作を人生初の“徹夜”で一気見した思い出があります」(31才・パート)

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』Blu-ray:2075円、DVD:1572円(発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント)(C)1985 Universal Studios. All Rights Reserved.※本企画のDVD、ブルーレイの価格はすべて税込表記です。(2021年9月16日時点の情報です。最新情報は別途ご確認ください)

2位 『E.T.』(1982年)

【DATA】
監督/スティーヴン・スピルバーグ 製作/スティーヴン・スピルバーグ、キャスリーン・ケネディ 出演/ディー・ウォーレス、ヘンリー・トーマス ほか

【あらすじ】
 地球外生命体(E.T.)と、子供たちの交流を描いたスティーヴン・スピルバーグ監督によるSFファンタジー。アメリカのとある森に、地球の植物を調査するため宇宙船がやってくる。人間たちの追跡により、宇宙船は逃げ去るが1人の宇宙人が取り残されてしまう。この作品は、『スター・ウォーズ』(1977年)が持つ世界歴代興行収入1位の記録を破るヒット作になり、日本でも日本最高配給収入記録を15年間堅持していた。

【読者の声】
「スピルバーグが両親の離婚後に空想した“友人”がE.T.のモデルになっていると聞きました。だから、子供の純粋な心がうまく描写されていたのだなあと納得」(41才・専門職)
「初めはかわいいというよりは気持ち悪かったE.T.が、だんだん愛らしく見えるようになり、最後は号泣してしまいました」(39才・会社員)
「私も自転車に乗って一緒に飛びたくて、クリスマスプレゼントに「E.T.」と書いたのを覚えています」(42才・主婦)
「宇宙人というと、もうE.T.の姿しか思いつかないほど影響を受けました」(44才・会社員)

3位 『スタンド・バイ・ミー』(1987年)

【DATA】
監督/ロブ・ライナー 出演/ウィル・ウィートン、リヴァー・フェニックス、コリー・フェルドマン、ジェリー・オコンネル ほか

【あらすじ】
 ホラー小説家スティーヴン・キングの半自伝的小説が原作の青春映画。1950年代末、アメリカ・オレゴン州の小さな町に住む4人の少年たちが“死体探し”の旅に出る。

4位 『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』(1984年)

【DATA】
監督/スティーヴン・スピルバーグ 製作総指揮/ジョージ・ルーカス、フランク・マーシャル 出演/ハリソン・フォード、ケイト・キャプショー ほか

【あらすじ】
『レイダース 失われたアーク≪聖櫃≫』(1981年)の続編。1930年代のインドを舞台に邪教集団の陰謀を阻止しようとするジョーンズ博士(ハリソン・フォード)の活躍を描く。

5位 『トップガン』(1986年)

【DATA】
監督/トニー・スコット 製作総指揮/ビル・バダラート 出演/トム・クルーズ、ケリー・マクギリス、ヴァル・キルマー ほか

【あらすじ】
 米海軍が設立した「トップガン」と呼ばれるエリートパイロット養成訓練所を舞台にした青春物語。ケニー・ロギンスによる主題歌『デンジャー・ゾーン』も大ヒット。2022年に続編が公開予定。

6位 『ゴーストバスターズ』(1984年)

【DATA】
監督・製作/アイヴァン・ライトマン 製作総指揮/バーニー・ブリルスタイン 出演/ビル・マーレイ、ダン・エイクロイド ほか

【あらすじ】
 超常現象を研究していた3人の科学者たちだが、目立った成果を出せず大学から追い出されてしまう。そこで幽霊退治の会社「ゴーストバスターズ」を設立し、ビジネスは大当たりするが……。

7位 『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』(1989年)

【DATA】
監督/スティーヴン・スピルバーグ 製作総指揮/ジョージ・ルーカス、フランク・マーシャル 出演/ハリソン・フォード、ショーン・コネリー ほか

【あらすじ】
 シリーズ3作目。イエス・キリストの聖杯を求め行方不明になった父(ショーン・コネリー)を捜すため、考古学者・ジョーンズ博士(ハリソン・フォード)はヴェネツィアへ向かうが……。

8位 『ネバーエンディング・ストーリー』(1985年)

【DATA】
監督/ウォルフガング・ペーターゼン 製作総指揮/マーク・ダモン、ジョン・ハイド 出演/バレット・オリバー、ノア・ハサウェイ ほか

【あらすじ】
 原作はミヒャエル・エンデの『はてしない物語』。少年バスチアン(バレット・オリバー)は、古書店で一冊の本を見つける。読むと不思議な世界の主人公になれるこの本に魅了され……。

9位 『ダイ・ハード』(1989年)

【DATA】
監督/ジョン・マクティアナン 製作総指揮/チャールズ・ゴードン 出演/ブルース・ウィリス、アラン・リックマン ほか

【あらすじ】
 テロリストによる高層ビル占拠事件に運悪く巻き込まれた“なかなか死なない、しぶとい(=ダイ・ハード)”刑事の奮闘を描いたアクション映画。本作で主演のブルース・ウィリスは一躍大スターに。

10位 『グレムリン』(1984年)

【DATA】
監督/ジョー・ダンテ 製作総指揮/スティーヴン・スピルバーグほか 出演/ザック・ギャリガン、フィービー・ケイツ、ホイト・アクストン ほか

【あらすじ】
 発明家のランド(ホイト・アクストン)は、骨董店で見つけた不思議な生き物・モグワイを息子ビリー(ザック・ギャリガン)へのクリスマスプレゼントとして手に入れるが……。

取材・文/桜田容子

※女性セブン2021年9月30日・10月7日号