1980年代には、数え切れないほどの名作映画が公開され、映画ファンを大いに楽しませた。そんな80年代名作映画の中から、映画の専門会によりすぐりの3本をピックアップしてもらった。映画評論家の渡辺祥子さんが、どんな3本を厳選したのだろうか。

『クレイマー、クレイマー』(1980年)

「1975年まで続いたベトナム戦争で、出征した夫の代わりに女性が外に出て働くようになりました。その流れで女性の自立が叫ばれるようになり、自分自身の人生を見つめ直す女性が多くなったのが1980年代のこと。とはいえ、まだ女性が収入を得て暮らしていくにはハードルが高く、幼子を連れて家を出ることが難しい時代だったんですね。この作品では、そんな社会状況や女性の葛藤を反映しながら、残された父子が徐々に絆を深めていく過程が描かれており、心を打たれました」(渡辺さん・以下同)

【あらすじ】
 主婦・ジョアンナ(メリル・ストリープ)は、仕事人間で家庭を顧みない夫テッド(ダスティン・ホフマン)と息子を残し、自立のために家を出る。残されたテッドは慣れない家事や育児に奮闘しつつも、息子との絆を深めていく。しかし、仕事を得たジョアンナから息子を引き取りたいと要求され──。

『グロリア』(1981年)

「まず何より主人公の女性・グロリアがタフでかっこいい! 銃だけでなく知恵も武器にして、小さな男の子をマフィアから逃がすのですが、その子がグロリアのタフさに惚れちゃって、“オレが守ってやるよ”なんて生意気なことをいう(笑い)。それがかわいくて!! グロリアと男の子の間に友情が芽生えるのも痛快でした」

【あらすじ】
 子供嫌いの中年女性グロリア(ジーナ・ローランズ)が、マフィアの秘密を握る少年(ジョン・アダムス)を守るために奮闘する。ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞した。

【DATA】
監督・脚本/ジョン・カサヴェテス 出演/ジーナ・ローランズ、ジュリー・カーメン、ジョン・アダムス ほか

『トッツィー』(1983年)

「演技派俳優のダスティン・ホフマンが女装し、話題になった作品です。女装したことで仕事では成功したものの、好きな女性に“自分が男だ”とは言えず、周りを巻き込んで騒動を起こしていくさまがおもしろい。性差の問題も浮き彫りにしてくれました」。

 この作品はアカデミー賞9部門にノミネートされ、ジェシカ・ラングが助演女優賞に輝いた。

【あらすじ】
 役に恵まれない俳優のマイケル(ダスティン・ホフマン)は、切羽詰まって女装したところ、大役を勝ち取る。しかし共演者のジュリー(ジェシカ・ラング)を好きになり……。

【プロフィール】
映画評論家・渡辺祥子さん/1941年生まれ。月刊『映画ストーリー』(雄鶏社)の編集などを経て、フリーの編集、映画評論家として活躍。現在は、日本経済新聞、週刊朝日、VOGUEなどで映画評を執筆しながら、『NHKジャーナル』(NHKラジオ第1)に月1回出演。

取材・文/桜田容子

※女性セブン2021年9月30日・10月7日号