3人の子供を持ちながら、今なおグラビアで活躍する熊田曜子が、まもなく39冊目の写真集『39(サンキュー)』を発売する。10代でデビューした彼女もまもなく40代の大台を迎えるが、それでもグラビアを続ける理由は何なのか? 熊田が語る。(全4回の第3回)

 * * *
 20代が終わると、昔から抱いていたもうひとつの夢と向き合いました。子供が3人ほしいという願いです。30代で子宝に恵まれ、上から8歳、5歳、3歳で、みんな女の子。子供が生まれると、不思議なことに木や風など、身の回りの世界が新鮮に見えて、新たな感動を得られました。その夢を果たせたのは嬉しいです。

 とはいえ家の中はものすごくにぎやかで本当に大変です。女の子はうるさいですよ(笑)。朝、髪の毛を結ってあげると「これじゃないからやり直し!」と言われるし、お化粧やパックをやりたがる。私がネイルをちょっと変えたらすぐに気がつくし、今回の写真集に合わせて髪を黒くしたら、「ママには似合わない。前のほうがいい」とダメ出しもされました(苦笑)。

 よく「痩せていてうらやましい」「腹筋がバキバキですごい」と言われますが、ジムやエステには一切行っていません。このご時世で家にいる時間が増えたので、食事の量や質には気を使っています。それ以上に朝7時に起きて3人の子供を起こして、3食を作って1日1時間公園に行き、15キロの子供を担いで動き回って夜9時に寝る生活をしていたら、自然と体が引き締まりました。

 私は水着が制服だから、いつでも水着が似合う体でいたい。撮影がなくなかなか水着が着られない時も、ちょっと高めのセクシーな下着を買って、「このランジェリーが似合う自分になる」と意識するようにしています。

 元グラドルの中には、ママ友の声や子供の目を気にして昔の写真を表に出さない人もいるそうですが、私は全然大丈夫。ママの水着グラビアは賛否両論で、「もっと母親らしくしろ」と言われることもありますが、私は独身時代から、子供を抱っこしながら水着を着てみたいと思っていました。「子供がいるのにはしたない」という意見もあるでしょうが、私としては「育休を経て職場に復帰した」という気持ちなので気にしていません。

 長女と次女を産んだ後も写真集を出しましたが、読者の半分は出産後に新しくファンになってくれた方でした。“大人の女性”が好きな方もいるんだなと思いました。残りの半分は同じ時を過ごしている昔からのファンでしたが、こちらの年齢に応じてファンになってくれる人もいることは本当にありがたいですね。

 メディアに報じられた夫婦の問題でファンの皆さんにはご心配おかけしましたが、この経験を乗り越えて私は再び歩み始めます。

 その最初の一歩として、9月5日に大阪で開催された「関西コレクション」にサプライズ出演しました。ランウェイの真ん中で黒のコートを脱ぎ捨ててゴールドの極小ビキニになるという、見ている人をアッと驚かせるような大胆な演出でした(笑)。主催者さんには、「熊田曜子は水着が制服なので、ぜひ水着で歩かせてください」と自分からお願いしていたんです。

(第4回に続く)

【プロフィール】
熊田曜子(くまだ・ようこ)/1982年5月13日生まれ、岐阜県出身。身長164cm。2001年のデビュー後、数々の雑誌で表紙を飾り、トップグラビアアイドルに。現在までに写真集38冊、DVD64枚をリリース。現在3児の母。近年、YouTube「熊田曜子〜40歳で自分史上最強になる〜」で様々な動画を配信している。

撮影/舞山秀一

※週刊ポスト2021年10月8日号