木村拓哉が主演し大ヒット中の映画『マスカレード・ナイト』と、同じく木村が出演する「日産自動車」のコラボCMが公開され、話題を呼んでいる。日産「アリア」に乗って映画の舞台となったホテルに向かう内容だが、このCMをめぐってお茶の間では奇妙な現象が起きている。子供たちがCMでやる木村の動きをこぞってマネしているというのだ。9歳の娘を持つ40代会社員男性が語る。

「CM中にキムタクが披露しているムーンウォークです。娘と一緒にテレビを観ていたら、そのCMが流れた途端、『あっキムタクだ』と言いながら、動きに合わせてムーンウォークのマネをしていました。娘のダンスはまだまだぎこちないんですが、『できるようになったらかっこいい』と練習している。娘は元ネタのマイケル・ジャクソンのことは全く知らず、ムーンウォークをキムタクのオリジナルだと思っていたようで、さすがに教えてあげました。ダンスも教えてあげたいんですが、子供の頃に練習してもできなかったことが今できるわけがない(笑)」

 30代主婦も、小学校に入ったばかりの息子のキムタク風ムーンウォークもどきを目撃した。

「もともと私自身がキムタクファンなので、息子がCMの歌を鼻歌で口ずさみながらマネしようとしているのを見て『キムタクってカッコいいよね』と思わず興奮してしまいました。息子は、『動きが面白いよね』と言っていましたが、きっとかっこよさに気付いているのだと思う。最近の若い俳優も見た目はいいけど、キムタクみたいにバシッとかっこつけて、それが決まっちゃう人っていない。今の子供たちにとっては新鮮なんじゃないでしょうか」

 子供たちの心を掴んだ木村のムーンウォークは、彼にとって“原点”とも言うべきダンスなのだと、ベテラン芸能記者は言う。

「1988年にマイケル・ジャクソンがワールド・ツアーで来日した際、SMAPのメンバーたちはジャニー喜多川さんに連れられ、そのコンサートを生で観ました。感動したメンバーたちはマイケルの動きをマネしまくり、『いつか自分たちもあんなステージに立ちたい』と胸に刻んだのは有名な話。木村くんのムーンウォークは、その頃からの年季が入ったものなんです。

 ただ、SMAPでマイケルファンと言えば、なんといっても中居(正広)くんでしょう。SMAP時代は何度もクオリティーの高いマイケルムーブを披露し、昨年12月に放送された『新・日本男児と中居』(日本テレビ系)でマイケルを特集した際には、興奮した中居くんが久々にマイケルのステップを披露し話題になりました。

 木村くんとしても、大のマイケルファンの中居くんの手前、下手なムーンウォークはできない、という意識があったのではないでしょうか。入念な準備をしたはずです」

 2006年、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に生前のマイケルがサプライズ出演し、2人が狂喜乱舞したこともあった。SMAPを率いた2人の、原点に対する思いは時を経ても変わっていないようだ。