いつの時代も多くの人に愛されるのが、熱血教師とヤンキーたちのかかわりを描いた学園ドラマだ。そういったドラマには、多くの視聴者の胸を打つ熱いセリフが散りばめられている。

「悔しい気持ちを持つことこそ、成長の証。これもヤンキーが出る学園ドラマによくあるテーマです」と、元小学校教諭で琉球大学教育学部教授の丹野清彦さんは分析する。

「“負けて悔しいと思う気持ちが大事である”と、大人は思いがちですが、生徒にそれだけを言ってもピンときません。それよりも、負けて悔しい思いを持っている生徒に対し、『負けて悔しいと思わないのか?』と問いかけることで、『負けて悔しいから、次は勝ちたい、これ以上負け続けていたくない』という気持ちを起こさせることが大切です」(丹野さん・以下同)

 そこで、丹野さんが挙げたのが、不良ばかりが集まる学校に赴任した先生が、ラグビーを通して生徒たちを変えていく『スクール・ウォーズ』(TBS系)。昭和を代表するヤンキーと先生のドラマだが……。

「9話で山下真司さん(69才)演じるラグビー部顧問の滝沢賢治先生が、100対0と未曽有の大敗を喫した部員に対し、『お前らそれでも男か? 悔しくないのか!!』と烈火のごとく怒ります。それに対し、虚勢を張っていた生徒の1人である森田光男が『悔しいです!』と涙ながらに感情を露わにする。ここは同作品を代表する名シーンですが、悔しいという思いを生徒に自覚させることこそ、成長の第一歩になることを教えてくれています」

 これは令和になったいまも変わらない。

「2021年版『ドラゴン桜』の3話で、桜木先生が『搾取されるだけの人間になりたくなければ、不満ばかり言う人生を送りたくなければ、お前ら勉強しろ!』と言いますが、これも『お前ら負け続けていていいのか?』と生徒に問いかけている。

『お前らあきらめるな!』と言うよりも心に響き、生徒たちは、『負けの人生を送りたくない』と思って、一歩前進しようとするのです」

「搾取されるだけの人間に
なりたくなければ、
不満ばかり言う人生を
送りたくなけりゃ、お前ら勉強しろ。
バカとブスこそ東大に行け」
「涙が出るほど悔しいのか。
二度と忘れんなよ」
(『ドラゴン桜』第2シリーズ/桜木建二)

「仲間」と「絆」

 ヤンキーを語る上で欠かせないのが「仲間」と「絆」だ。

「これもなかなか使わない言葉ですね。現実社会で、ヤンキーと勉強ができる優等生に『仲間を大切にしよう』と先生が言っても、『こんなやつら仲間でも友達でもねえよ』と反発されるだけ。
 でもそれは本心ではなく、本当は仲間が欲しいと思っている裏返し。先生としては、何かを乗り越えるためには自分ひとりではなく、仲間の存在が必要ということを教えたいわけです」

「仲間」という言葉は『ごくせん』(日本テレビ系)のヤンクミ(仲間由紀恵)もよく使う。

「ヤンクミは幼い頃に両親を亡くし、任侠の世界に生きる祖父に育てられます。彼女は家族や仲間の大切さを知っているからこそ口にするのでしょう。どんな生徒でも仲間を裏切ったり、見捨てたりするような人間を許そうとはしません。

『ドラゴン桜』(TBS系)の桜木先生(阿部寛)もしかり。ひとりでコツコツと勉強するよりも、仲間と一緒に東大を目指して頑張った方が合格できると説いています。

 できないことや不可能に思えることも、仲間がいるから乗り越えられる。生徒同士の結束から始まり、彼らが先生を信じ、先生も一緒になって絆が深まっていく中で、どんな奇跡でも起こせることを信じさせてくれるのです」

「人ってのはな、
ひとりじゃなんもできないんだよ。
だからつるんでるんだよ。
けどな、
だったらどんなことがあったって、
最後まで一緒につるんでろよ。
仲間見捨てたりすんなよ」
(『ごくせん』/山口久美子)

取材・文/廉屋友美乃

※女性セブン2021年10月14日号