時代とともに変化しているジャニーズ事務所。コラムニストで放送作家の山田美保子さんが、ジャニーズ事務所の新戦略を読み解く。

 * * *

滝沢がさん現役時代から力を入れていた後輩たちのプロデュース

 9月25日にスタートしたKAT-TUNの亀梨和也クン(35才)主演のドラマ『正義の天秤』(NHK)。切れ者で、元外科医の弁護士・鷹野和也を演じる亀梨クンに続いて、元ニートの弁護士・杉村徹平役にKis-My-Ft2の北山宏光クン(36才)が抜擢されたと知ったときは驚きました。

 キスマイはデビュー直前までKAT-TUNのツアーに帯同させてもらっていましたし、ファンの皆さんから「治安が悪い」(!)と評されていたキスマイは、ワイルドでカッコいいKAT-TUN兄さんから多くを学ばせてもらっていた間柄です。

 ドラマに関しては、王道作品に主演し続けてきた亀梨クンと、この2年ほどは、いわゆる“チャレンジ枠”でメインを張り続けてきた北山クンが「NHK」の「法廷ミステリー」でタッグを組んだのですから、化学反応が起きないハズがありません。

 亀梨クンは、自身の野球通が役柄とリンクして、シリアスなストーリーの中にもクスリと笑える場面が。そして主演として「すごく頑張っている」亀梨クンを北山クンが懸命に追いかけているように見えました。

 誰の目から見ても「世代交代」が行われているジャニーズにあって、近年、グループの垣根を越えたファン垂涎のコラボが多く見られます。

 コラボといわれてまず思い浮かぶのは年末年始の『ジャニーズカウントダウン』(フジテレビ系)! コロナの影響で本来のカタチを目にすることが叶っていませんが、“カウコン”の目玉といえば、各グループのメンバーがシャッフルで名曲コラボすることではないでしょうか。

 これは恐らく、ジャニーズファンだけの醍醐味だと思うのですが、先輩や後輩、さらには共にJr.として頑張っていた“仲よし”がステージに集結し、コラボならではのパフォーマンスを見せてくれる時間は、自分自身のさまざまな想い出と相まって、キュンキュンするひととき。

“カウコン”では、「2015-2016」の「初夢ツーショット」が秀逸でした。嵐の櫻井翔クン(39才)とSexy Zoneの菊池風磨クン(26才)の新旧・慶應ボーイ、関ジャニ∞の大倉忠義クン(36才)とキスマイの北山クンという大の仲よしコンビ、嵐の松本潤クン(38才)とA.B.C-Zの河合郁人クン(33才)による『WISH』などが忘れられません。現在の“ジャニーズ・コラボ”の礎を築いただけでなく、河合クンの大ブレークにつながったといっていいでしょう。

 その昔、かの大御所歌姫が、「昔の歌の方がよかったという人は、昔の自分自身が好きなだけ」と言っていましたが、ジャニーズに限って言えば、それだけではありませんよね。昔の自分も大切だけれど、昔の彼らも大好きだし大切なのです。

 こうした想いを刺激するべく、新時代のジャニーズ・コラボは目に見えて進化を遂げ、キラキラの化学反応を見せてくれています。

 昨年、『24時間テレビ43・愛は地球を救う』(日本テレビ系)で、V6の井ノ原快彦クン(45才)を筆頭に、NEWSの増田貴久クン(35才)、キスマイの北山クン、ジャニーズWESTの重岡大毅クン(29才)、King & Princeの岸優太クン(26才)がメインパーソナリティーを務めた際、「この手があったか」と膝を打ったものです。

 地味という声も外野からは聞こえてきましたが、“あったか5兄弟”と、そのキャラクターを評された5人は、今年4月期に井ノ原クン、7月期には弟たち4人全員が連続ドラマで見事に爪痕を残しました。井ノ原クンは、先輩として、『24時間テレビ』の経験者として、しっかり後輩たちをプロデュースしてくださったのだと思います。

 そして、いまや副社長になられた滝沢秀明さんが現役時代から積極的になさっていた後輩たちのプロデュースについては、関ジャニ∞の大倉クンが熱心だった「なにわ男子」のデビューが決定しましたね。

 もともと関西勢は、まとまりがあって仲もよくて、インタビューをさせていただくと必ず後輩の名前や活躍を織り込んで話してくれるという特徴がありましたっけ。

 その「なにわ男子」では、木村拓哉クン(48才)、松本潤クン、King & Princeの平野紫耀クン(24才)、Snow Manの目黒蓮クン(24才)ら“超人気者”とドラマや映画でコラボを果たした道枝駿佑クン(19才)の名前が四文字熟語のように浸透中。加えて大倉クンのプロデュースが「なにわ男子」の知名度をハイスピードでアップさせているのです。

こんなにファンが歓喜するキャスティングがあるのかと心躍る

 先輩、後輩という間柄ではないものの、『DREAM BOYS』で「ベストフレンド」というべきSexy Zoneの菊池風磨クンとSixTONESの田中樹クン(26才)が主演すると聞いたときにも、こんなにファンが歓喜する素敵なキャスティングがあるのかと、心が躍りました。TOKYO DOME CITY HALLで風磨クンが行った単独ライブにおいて、樹クンは2年連続で盛り立てていましたからね。その2人が“ドリボ”でメインを張るなんて。双方のファンの皆さんは、それこそ当時を想い出しながら幸せな気持ちになったことと思います。

 そして近年、ジャニーズの取り組みとして忘れるわけにはいかないのがブログやYouTube、SNSです。事務所がこれまでインターネットに積極的ではなかったことは周知の事実で、その背景には「所属タレントを守る」という徹底した信念があったことをファンの皆さんは理解されていたと思います。

 でも、思えば10年前、これも滝沢秀明さんプロデュースでスタートした“滝CHANnel”が、ジャニーズJr.の知名度を上げることにつながったり、彼らのトークやパフォーマンスのスキルアップにつながっていました。タッキー、すごい人です。

 そして、嵐の二宮和也クン(38才)が今年4月にYouTubeに開設した『ジャにのちゃんねる』です。コラボメンバーには、KAT-TUNの中丸雄一クン(38才)、Hey! Say! JUMPの山田涼介クン(28才)、Sexy Zoneの菊池クンがいて、7月、BitStar社が発表している「2021年上半期 新チャンネル登録者数ランキング」で258万人を記録し、第1位に輝いています。

 YouTubeでは、Travis Japanが先輩たちの楽曲を新たな振り付けと共にカバーした内容のチャンネル『+81 DANCE STUDIO』が彼らの大きな武器に。初回は嵐の『Love so sweet』。レッスンを二宮クンが見に来てくれたそうです。

 ジャニーズ・コラボは、それぞれがグループ内での個性や立ち位置とはひと味異なるキャラや役割を発揮することで相乗効果以上のパワーとキラキラ&わちゃわちゃが完成。

 ジャニーズを応援し始めて半世紀以上のヤマダには正直なところ、追い付いていけない部分もまだあるのですが、ワクワクさせられるのは事実。さらに増え続けるであろう、新時代のジャニーズ・コラボに、大いに期待しています。

構成/山田美保子
『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ〜テレ)、『アップ!』(同)、『バイキングMORE』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。

※女性セブン2021年10月14日号