10月8日から女優・原田知世主演のテレビ東京系ドラマ『スナック キズツキ』(毎週金曜24時12分〜)の放送が始まる。黒木華主演でドラマ化された『僕の姉ちゃん』などで知られる人気漫画家・益田ミリによる同名人気漫画が原作で、原田はどこか不思議な雰囲気をもったスナックのママ・トウコ役を演じる。脇を固めるのは成海璃子、平岩紙、塚地武雅、小関裕太、浜野謙太ら個性派揃いの俳優陣だ。

 作品の舞台となるのは、“傷ついた人しかたどり着けない”という一風変わった店「スナック キズツキ」。原田演じるトウコは時には歌ったり、楽器を演奏したりしながら、訪れる客のちょっとした“傷(キズ)”を癒していく――というストーリーだ。

 このドラマの重要な設定が、「スナック キズツキ」が「お酒を出さない」ということ。一般にスナックといえば“酒場”のイメージだが、同店では温かい飲み物と美味しい料理でもてなすのだという。

『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』(太田出版)の著書があるドラマ評論家の田幸和歌子氏は、「今の時代にピタリとマッチした作品だ」と評する。

「『スナック キズツキ』で描かれるのは、過去の大きなトラウマや、劇的な出来事による深い心の傷ではなく、日常生活の中でよくあるちょっとしたイライラやモヤモヤで、無意識のうちに誰もが傷ついたり誰かを傷つけていたりすることで心の中に積もっていく澱のようなものをさらってくれ、リセットさせてくれるもの。大きなトラウマを抱える主人公や、波乱万丈のドラマチックな人生ではなく、普通の人々の普通の日常を丁寧に描くドラマは近年では民放キー局でも増えています」

 田幸氏はそうした流れを作った“元祖”がテレ東の深夜ドラマだという。

「まさにテレ東さんの“十八番”ジャンルです。『孤独のグルメ』をはじめとした飯テロドラマや、サウナの『サ道』、女子のソロキャンプの『ゆるキャン』、さらに江口のり子さん主演の『ソロ活女子のススメ』など“個のささやかな楽しみ”を描くのはお手の物ですし、『ソロ活女子〜』や吉田羊さん主演の『生きるとか死ぬとか父親とか』、現在放送中の片桐はいりさん主演の『東京放置食堂』など、テレビっ子世代の40〜50代女性を主演に据える流れも、テレ東が牽引しています。

 さらに原作の益田ミリさんの漫画はそうした40〜50代女性に非常にファンが多く、優しい世界観もコロナ禍で疲れた人々の気分にぴったり。お酒を出さないということで、お酒を飲めない人も残らず全てを受け入れるおおらかさ、寛容さがあります」

 さらに、ママ役を原田知世にオファーした点が「さすがテレ東だと思った」と語る。

「近年の原田知世さんのお芝居でまず思い出すのは、NHK朝ドラ『半分、青い。』で演じた律(佐藤健)の母親役。息子が『和子さん』と名前呼びすることに全く違和感がなく、少女のまま大人になったような人で、登場シーンで出産直前にミステリー小説の怖いシーンを微笑みながら読んでいるというユニークさ、不思議さがありました。ピアノを弾いたりお菓子を焼いたりするお上品なお母さんに見えて、唐突にモノマネを披露するようなお茶目さがあったり、物事に動じないたくましさもあったり。こうした柔らかさ、上品さの中に見える芯の強さはまさにハマり役でした。

『あなたの番です』(日本テレビ系)のミステリー小説好きでしっかり者の姉さん女房・菜奈さんも、イメージが近いですね。どちらもふんわりした優しさ・柔らかさがあるように見え、強く聡明で、部分的に強すぎてエキセントリックさを感じさせるような精神的タフさもある。いつまでも少女のような愛らしさゆえの妖精のような不思議感は、生と死の狭間を軽やかに飛び越えそうな雰囲気もありますし、そうした印象から傷ついた人々が現実を忘れ、苦々しい思いや辛い記憶などを置いてくることができる場所にピッタリなのかもしれません」(田幸氏)

 これまで、いい意味で視聴者の予想を裏切ってきたテレ東。今回の原田知世のママ役は、停滞するコロナ禍をほっこり照らす新機軸のドラマとなるかもしれない。