熱血教師とヤンキーとのかかわりを描いたドラマは、熱いセリフの連続で人気作が多い。それらの中でもとりわけ名言が多く、いまでも語り草になっているのが『ROOKIES』(2008年・TBS系)や『仰げば尊し』(2016年・TBS系)だ。これらの作品かで、どのようにして名セリフが誕生したのか、制作陣に聞いた。

「ヤンキーは時代を映す鏡」。そう語るのは『ROOKIES』や『仰げば尊し』の演出を手がけた平川雄一朗さん(49才)。

「今年は『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)内のドラマ『生徒が人生をやり直せる学校』の演出も務めました。実在する学校が舞台で、ドラマの中に不良で困った生徒たちが出てきますが、彼らこそ色々と問題を抱えているのです。劇中に、『彼らの元気は社会を反映している』というセリフがあるのですが、まさにその通りだと思いました。

 確かに『スクール・ウォーズ』(TBS系)がヒットした1980年代は日本の景気がよく、バブル経済を謳歌していました。でも、1990年代初頭にバブルが崩壊。日本の経済が下降すると、ヤンキーたちの勢いも変化していきます」(平川さん・以下同)

 ただ、フィクションであるドラマで描かれるヤンキーはどんな時代でも求められる。『ROOKIES』は、平成に入ってから20年ほど経っていたが、ヤンキーたちが野球で甲子園を目指すという設定が話題を呼び、映画まで製作される人気作となった。ドラマのヤンキーたちは、なぜこんなにも私たちを魅了するのか、平川さんは次のように分析する。

「ヤンキーというのは親子関係や勉強、スポーツなどで一度は落ちこぼれた人たちです。社会の誰もが悔しい思いをしているからこそ、彼らの気持ちはぼくらでも共感できるところが多い。『ROOKIES』が受け入れられたのは、いつの時代も人は人との出会いによって人生をやり直せる、熱血教師とヤンキーたちが出会って立ち直っていく話だから受け入れてもらえると思いながら制作していたからだと思います」

学園ドラマのセリフは、逆境を乗り越える力がある

 ドラマを作る上で何よりもこだわったのは、言葉をストレートに伝えることだった。

 脚本を担当した、いずみ吉紘(よしひろ)さん(52才)は、原作の至言を生かすようにしたという。

「『ROOKIES』の原作は、森田まさのりさんの、1990年代後半に大ヒットした同名の漫画(集英社)です。

 原作の力が強く、漫画の中のセリフも素晴らしい。ドラマ内のセリフも、ほとんどが原作にあるものです。ぼくたちが見ても、心に突き刺さり、響く言葉が多かったので、大切にドラマでも使わせていただきました」(いずみさん)

 だが、人気漫画の実写化作品にもかかわらず、放送開始前の世間の期待値は、さほど高くなかったという。

「テレビ情報誌が出す“ドラマ期待度ランキング”でも10位くらいでした。

 放送はTBSの土曜夜8時からで、この時間帯はかつて『8時だョ!全員集合』が放送されていた。老若男女が見てくれる枠として、どうにかして裏番組『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)に勝ちたいと思っていました。初回の視聴率は12.2%でしたが徐々に評判となり、最終回では19.5%に。途中、現場でも“世の中のブームになっているな”と肌で感じ、自分たちがストレートに伝えていることは間違いではないと感じました」(平川さん・以下同)

『ROOKIES』を制作する中で、平川さんの胸に深く突き刺さり、常に心の中にあったのは、次の言葉だ。

「『試練はそれを乗り越えることができるやつにしか訪れない』という、川藤幸一先生が野球部員の御子柴(みこしば)に言うセリフです。これと似た言葉が、ぼくの監督デビュー作『白夜行』(2006年・TBS系)に出てくる、『風と共に去りぬ』という本の中にもありました。『重荷は、それを背負える力のある肩にかかる』というものです。

 それに、『ROOKIES』の後に演出を担当した『JIN -仁-』(2009年、2011年・TBS系)でも、『神は乗り越えられる試練しか与えない』という、脚本家の森下佳子さんの名ゼリフがありました。どんなにピンチでも必ず乗り越えられる。苦しいときは、これらの言葉を思い出しています」

 学園ドラマには、ピンチがつきものだが、絶体絶命と思っても何度も立ち上がり、絶望の淵から這い上がる彼らの姿には心を打たれる。

「その根底にあるのは“夢”と“逆転劇”だ」と、平川さんは言う。

「『ROOKIES』では夢がキーワードでしたが、落ちこぼれのヤンキーたちが夢を持って甲子園を目指し、その夢をつかんでいく。『半沢直樹』(2013年、2020年・TBS系)でもそうですが、やはり人間は逆転劇が好きなのかもしれませんね」

 先に紹介した『仰げば尊し』も、ヤンキーたちが夢中になれるものと出会い、立ち直っていく作品だ。

 同作品の脚本も手がけた、いずみさんは、次のように回顧する。

「『仰げば尊し』の樋熊迎一先生(寺尾聰・74才)も、事故でサックス奏者としての夢が絶たれ、心に傷を負っている。だからこそ若い子に夢を持ってほしいと願っている。そんな先生が言う“夢”という言葉は重みが違います。

 優等生ではなく、社会からはみ出したヤンキーたちが夢を持つからこそ、挫折から這い上がっていく過程が共感できる。このドラマではそのあたりをとても大切にしています」(いずみさん)

取材・文/廉屋友美乃 

※女性セブン2021年10月14日号