「本当にうれしいですね。マイクの前でマイクの向こうにいる人にメッセージができるっていうのは」。9月28日にスタートした文化放送のラジオ番組『近藤真彦 RADIO GARAGE』の冒頭、近藤真彦(57才)は晴れ晴れとした声で、そう挨拶した。今年4月のジャニーズ事務所退所後、近藤にとって初のレギュラー番組となる。

「この半年間、近藤さんは過去の清算に奔走していました。ようやく迎えた自身の新レギュラー番組だけに、感慨もひとしおだったのでしょう」(芸能関係者)

 近藤がふた回り以上年下の女性と5年間にわたり不倫関係にあったことを報じられたのは昨年11月のこと。その後、ジャニーズ事務所は無期限の謹慎処分を発表するも、近藤は自粛中に、突如退所を決断。彼にとって、まさにどん底の1年間だった。

「報道後は、5年間にもわたる不倫関係に、奥さんが“離婚する!”と激怒。しかし、話し合いでなんとか離婚を回避し、近藤さんは家族の絆を再構築すべく、奥さんと14才になる息子さんと反省の日々を送っていると報じられました。身から出た錆とはいえ、今年8月に亡くなり、近藤さんのことを長年気にかけていた藤島メリー泰子さん(享年93)にも、不義理をしたままの別れになってしまいました」(テレビ局関係者)

 だが、実際には反省の日々を送るだけでなく、窮地を脱するために懸命になっていたという。

「実は長年住んでいた家を今年の8月に売却したそうです。近藤さんは1994年に結婚したのですが、この家は結婚の前年に、奥様のために建てたもの。3階建ての豪邸で、当時の価格で1億5000万円ともいわれました」(ベテラン芸能リポーター)

 位置するのは、私鉄沿線の駅を降り、昔ながらの商店街を通り抜けたところにある閑静な住宅街。古くから住んでいる住民が多く、近所づきあいが盛んな地域だ。

「当時、近藤さんの仕事のことを考えれば、もっと都心のマンションの方が便利だし、プライバシーの管理上も都合がよかった。でも、あえて昔ながらの住宅街に戸建てを構えたのは、奥様の強い要望とそこで落ち着いた家庭を築きたかったからでしょう。近年になって、より都心に近い超高級マンションに引っ越しましたが、奥様と息子さんとの思い出が詰まったこの家は手放すことなく、長い間親しい知人に貸していました」(前出・芸能リポーター)

 しかし、手放すと決めてからは早かった。

「購入時よりも街のブランド力が上がり、高く売れたはずの家でしたが、近藤さんは急いでいたようで、待つことをしなかった。不倫報道後、仕事が激減し、いまはレース関係のスポンサーしか支えてくれるものがない彼は、経済的な面でも追い詰められているようです。少しでも早く自宅を現金化したかったのでしょう」(前出・芸能関係者)

 すべては家族との生活を守るためのことだったのか――だが、関係者の間ではこんな噂も流れているという。

「実はまだ不倫相手との関係が切れていないのではないかと囁かれているんです。なかには自宅の売却は財産分与を視野に入れたものでは……と言う人までいるほどです」(前出・芸能関係者)

 不倫の代償は、まだ払い終えていないのかもしれない。

※女性セブン2021年10月21日号