西城秀樹さん(享年63)がデビューして今年で50年になる。情熱的な歌唱スタイルと激しいパフォーマンスは多くのファンを惹きつけ、数々の伝説を残した。その1つ、1985年に日本武道館で開催されたコンサートがNHK・BSプレミアムで放送された。このステージが「伝説」になった理由をいま、解き明かす。

「鳥肌が立った」、「伝説の大スター」──。10月2日の夜、西城秀樹さんに向けられたコメントが、ネット上にあふれていた。この日、NHKは『伝説のコンサート 西城秀樹デビュー50年スペシャル』(BSプレミアム)と題して、1985年1月に日本武道館で開催されたコンサートのリマスター映像を放送した。最新技術で「4K画質相当」に復元された映像美は、多くの視聴者を魅了。コメントは番組を見た視聴者が書き込んだものだ。

 そのコンサート当日のこと。普段は朝にめっぽう弱い西城さんが、その日だけは朝5時に目を覚ました。興奮して寝付けなかったのだという。いまなお人々の胸を打つコンサートは、それだけ西城さんにとっても特別な意味を持つステージだった。

悩んでいた時期に決めた「50曲歌っちゃおう!」

 西城さんは1972年に歌手デビューすると、年間4〜5枚のハイペースでシングルレコードを発表。名実ともにトップアイドルの道を歩んでいた。その西城さんに“迷い”が生じたのは、デビュー11年を迎えた頃だった。

「西城さんは1983年1月に、それまで所属していた事務所から数名のスタッフを連れて独立しています。しかし独立後はなかなか思うようにいかず、人気にも陰りが見え始めました。その焦りやプレッシャーの影響もあったのか、翌年2月に体調を崩して、しばらく入院生活を送っています。この頃、今後の活動について自問自答を繰り返していたようです」(ベテラン芸能記者)

 退院後の1984年秋、西城さんにとって50曲目の節目となるシングルの発売が決定する。これを受けて西城さんが開催を決めたのが、伝説として語り継がれることになる冒頭のコンサートだ。当時から長年にわたり西城さんのマネジャーを務めてきた片方秀幸さんが語る。

「それまでの秀樹さんのコンサートは、洋楽などのカバー曲からスタートして、後半で自分の曲をいくつか披露するというのが定番でした。でもあの武道館コンサートは、秀樹さんから『全部シングルだけで50曲歌っちゃおう』という提案がありました。スタッフからは、『50曲は無謀だろう』という声もあがりましたが、全曲シングルでの開催が決定しました」

 全シングル50曲を歌いきるという前代未聞の決断に、西城さんは強いこだわりがあった。当時29才の西城さんは、その心境を『週刊明星』(1986年5月29日号)でこう語っている。

《過去の50曲を捨てたわけではないんです。ただ30代でやろうとすることはちがう。今は昔の思い出にひたって歌っていたくない。だから50曲はみなさんの中できちっとファイルしてくださいと。(中略)そんな区切りをつけることがボクには必要でした》

 再出発するための挑戦。待ち受けていたのは壮絶な日々だった。

「お前らプロだろ! もっとピリっとしろ!」

 コンサートに向けた本格的な準備が始まったのは、本番のわずか2か月前。西城さんは多忙を極めていたが、その合間を縫って都内スタジオに入り、打ち合わせやリハーサルに励んだ。

「すべての曲をフルでやると5時間以上もかかってしまうため、曲をメドレーにして歌うことになりました。秀樹さんは特に曲と曲のつながりにこだわっていました。準備期間のないなかで、いつもと違うアレンジされた50曲分をマスターするのは至難の業だったでしょう。

 音源の入ったテープを移動中の車やテレビ局の楽屋でひたすら聴き、曲の順番や長さを体に叩き込んでいました。当時はデジタル機器も発達しておらず、本番のステージにもいまのように進行表や歌詞カードはありませんでした。秀樹さんはすべて、自己責任で万全の準備をしなければなりませんでした」(前出・片方さん)

 コンサートを成功させるため、急ピッチで準備が進められた。そして迎えた本番当日、会場の武道館で最後のリハーサルが行われている最中、“事件”は起きた。

「秀樹さんはオープニング部分を客席からチェックしていたのですが、会場が暗転する中、緊張感のない様子でスタンバイするバンドメンバーに対し、『お前らプロだろ! もっとピリッとしろ!』と怒号を飛ばしたんです。これには驚きました。

 秀樹さんはおおらかな人で、『西城秀樹』のスイッチが入るのはリハーサルが終わり、メイクをし、衣装に着替えてからなんです。本番前は、周囲をリラックスさせるように振る舞うかたでした。

 このときの一喝は、絶対にこのステージを成功させる、お前らも同じ気持ちになってくれ、そういう思いがあふれ出たんだと思います」(前出・片方さん)

 18時30分。「伝説のコンサート」の幕が上がった。満員の観客席の照明が落ち、ステージ上でダンサーたちが踊り始める。その中に、スポットライトを浴びた西城さんが登場すると、会場に歓声が響き渡った。1曲目の『若き獅子たち』を歌い終え、MCが始まる。

《皆さん、こんばんは! 西城秀樹です(中略)皆さんの心の中に1曲1曲いろんな思い出があると思います。何せ50曲歌うわけですから、時間との勝負です。(中略)おれが倒れるかみんなが倒れるか! イエーイ!》

 観客も「イエーイ!」と絶叫で返す。その後も西城さんは時折MCを挟みながら、代表曲の『傷だらけのローラ』や『YOUNG MAN(Y.M.C.A.)』などを熱唱していった。のどの奥から絞り出すようにハスキーな声を出す「絶唱型」と呼ばれた独特の歌い方、魂のこもったシャウト、当時の日本ではまだ珍しかった観客とのコール&レスポンスなど、西城さんワールド全開のパフォーマンスが続いていく。

 シングル50曲目のお祝いに、大物女優も駆けつけた。西城さんが「東京の母」と慕っていた森光子さん(享年92)だ。

「1975年から放送されたドラマ『花吹雪はしご一家』(TBS系)で共演して以来、森さんは秀樹さんを目にかけてくれていました。コンサートに花を添えてほしいと、秀樹さんが森さんにお願いして、来ていただいたんです」(前出・片方さん)

 駆けつけた東京の母に、西城さんは粋なサプライズを用意していた。ステージ中央で『ラストシーン』のデュエットを始めると、西城さんは森さんの肩や腰に手をまわし、時折、顔を寄せて見つめ合う。そして2人で歌い終えたときだった。

 西城さんがくるりと森さんの方を振り向き、一瞬、唇を重ねたように見えた。西城さんが観客席に顔を戻すと、森さんはうれしさのあまりぴょんぴょんと飛び跳ねるのだった。このキスは、燃え上がった西城さんのアドリブだったという。

 約3時間、50曲を歌いきった西城さんは、最後のMCでこう呼びかけた。

《50曲といわず100曲、200曲、これからも頑張ろうぜ! 明日へ向かうんだ!》

 その声に、もう迷いはなかった。

 NHKの放送終了後、反響の大きさに驚きと喜びを感じた人がいる。西城さんの妻・美紀さんだ。

「たくさんの反響があったと聞き、秀樹さんがまだ皆さんの記憶の中でしっかりと生き続けていることがわかって、うれしい気持ちになりました。私も番組を見ようと横浜の自宅でスタンバイしていたのですが、放送が始まると天気が急変して雷とともにゲリラ豪雨に見舞われたんです。秀樹さんは雨男で有名でした。家族で、『パパも見てるのかも』と言い合っていました」

 伝説は、これからも語り継がれていくのだろう。

※女性セブン2021年10月21日号