「私服がイメージと違う」というのは“芸能人あるある”かもしれないが、女優・黒木華(31)のこのコーディネートはどうだろうか? 9月下旬、朗読劇『湯布院奇行』のステージを終えた黒木は、眼鏡をかけたリラックススタイルだった。Tシャツは「バナナマン(bananaman)」のロゴ入りで足元はスニーカー。

 バッグこそ「ルイ・ヴィトン」の20万円を超えるものだが、こちらも猫のイラストがプリントされた特別なデザインで、おまけに古びたウサギのマスコットをぶら下げている。黒木といえばガーリーで清楚な役が多いイメージだが、ファッションはやや個性的。この「セレブ系オリーブ少女」とでも言うべき独特なコーディネートの中でも、ひときわ目立つのが、バナナマンのTシャツではないだろうか。

 黒木はお笑いコンビ・バナナマンのファンで、日村勇紀(49)とはプライベートで親交もある。そういった部分も知っていると、「バナナマン」Tシャツがなおさら微笑ましい。

 いい意味で、黒木は「変な子」だ。お笑い好きな女優自体は珍しくないが、大阪出身の黒木は12歳のときに『探偵!ナイトスクープ』(ABCテレビ)に自ら出演を依頼したという“ガチ”ぶりだ。バナナマンや千鳥に加えて、金属バット、シソンヌ、テンダラーといった芸人がお気に入りで、なかなか通なセンスの持ち主のようだ。

 そのような内面の濃さが、単なる「しっとりとした和風美人」に終わらず、王道ヒロインから悪女、不倫妻まで幅広い役柄を演じられる秘訣かもしれない。主演映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』(2016年)が公開されたときは、岩井俊二監督から「昭和の最先端を走る女優」と称賛された。そこでただ喜ぶのではなく、「昭和の最先端は平成では?」と監督にすかさずツッコミを入れたところも大器を感じさせる。

 今年はヒロイン役を演じた月9ドラマ『イチケイのカラス』(フジテレビ系)が全話平均視聴率10%を超えて(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、来年には主演ドラマ『僕の姉ちゃん』がテレビ東京で放送予定だ。テレビ放送に先駆けて9月24日より「Amazon Prime Video」で全話一挙先行配信が行われ、ネット上では〈空気感がたまらない〉〈黒木華が演じる姉ちゃん最高〉とさっそく好評を博している。

 映画でもドラマでも引っ張りだこの存在なのに浮足立ったようなところがないのは、どんな状況でも揺るがない「自分」があるからか。黒木の個性派ファッションからは、そんな頼もしさを感じる。