薬物で逮捕された芸能人が、表舞台から姿を消す。だが片瀬那奈は「潔白」にもかかわらず、メディアから遠のき、地上波復帰は難しいとまでいわれている。芸能人に対する「追放の基準」が変化している。そしていま、「芸能人X」も新基準によって窮地に立たされているという。芸能界の最新薬物事情を追った。

 閑静な住宅街の一角、淡い電気が灯るデザイナーズマンションの駐車場に、1台の高級国産車が駐まっている。車には枯れ葉が落ち、車体の表面をうっすらとほこりが覆っている。長らく運転されていない車の所有者は、9月末で所属していた大手芸能事務所を退所した片瀬那奈(39才)だ。片瀬に向けられる視線は、今年の夏を境に大きく変化した。『週刊文春』(7月29日号)が、片瀬の恋人が麻薬取締法違反容疑で逮捕されたことを《片瀬那奈もクスリをやっていた》とのタイトルで大々的に報じたのだ。

「彼氏が逮捕された当時、同棲していた2人の自宅にも家宅捜索が入りました。片瀬さんも事情聴取や尿検査を受けましたが、結果はシロ。それなのに、事務所には“家宅捜索や尿検査は受けていない”などと、なぜか虚偽の説明をしてしまった。信頼関係が失われたことで、事務所は契約を解除。事実上のクビといわれています。彼女自身はシロだったのに、退所のきっかけに薬物が絡んで見えたことで、当面はCMやテレビ番組への出演は難しいでしょう」(芸能リポーター)

 仮に人気芸能人が薬物使用で逮捕となれば、出演するドラマや映画がお蔵入りになったり、大幅な撮り直しを強いられたりする。当然、莫大な額の損害やスケジュールの再調整も発生する。そのため、昨今は少しでも薬物に関する噂があればオファーを避けるのが常識になっているという。

「キャスティングの際に、広告代理店や制作会社は、出演者について入念な“調査”を行っています。所属事務所や本人に、不祥事が発覚した場合の賠償金などに関する誓約書を書いてもらうケースもあるようです」(某テレビ局スタッフ)

 つい最近も「芸能人X」に薬物使用疑惑が持ち上がったことで、撮影予定だったある作品が頓挫している。

「Xさんは、来年製作スタートの作品にメインでかかわることが決まっていました。でも、今年の夏頃、薬物に関する噂が出たため、聞き取り調査をした。すると事務所が明確に否定しなかったそうなんです。要は薬物検査などによって身の潔白を示さなかった。Xさんは降板することになりましたが、共演者の中には“Xさんが出ること”を条件にしていた人もいたため、キャスティングで混乱。製作は無期限延期に追い込まれました。

 この一件で、Xさんの薬物疑惑が芸能界に広まり、彼の逮捕が近いという声すらあります」(映画製作関係者)

※女性セブン2021年10月28日号